08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆の大地の物語

更新、滞ってしまいました(汗) 最近、読んでいた本を2冊、御紹介♪

「 伊豆の大地の物語 小山真人 著 静岡新聞社 1524円+税 」

「伊豆と言えば伊東、伊東と言ったらハトヤだよ」認識がある県西部人。静岡県は東西に長いので、東部・伊豆に出かける事は、ちょっとした「旅行」のイメージがあります。沼津の人にしたら、浜松に行くより、東京の方が近いそうですし・・・。実際、私が子どもの頃、お父さんの職場の家族旅行と言えば「伊豆」でした。温泉あり、海の幸あり♪ 近いような、遠いような・・・そんな場所。

伊豆の津々浦々の光景はうっすらと見覚えがあるものの、ジオパークが話題になった時に、初めて地形に目が行き、この本を読んで、「地学的な伊豆の面白さ」の片鱗が、ようやく見えてきました。「え?伊豆ってスゴイじゃん!」「あの岩や山や川に、そんな歴史があったの!!!」「ここ、火山だったんだ!」「群発地震とかって、こういう事だったんだ」「地層って、こんなに雄弁なのね!」

地学的な視点で見ると、伊豆の地形って、本当に面白いんだね。プレートに乗っかってきて本州にぶつかってできた伊豆が、駿河湾側に傾いてる。地震や津波はコワイけど、地球の仕組みを考えると、おこるべくしておこるんだなぁ~・・・などと思いながら読んでいました。

今まで観てきた伊豆の風景と、今度行く時には、違った見方が出来そうです。

もう一冊。

「 ゲッチョ昆虫記 新種はこうして見つけよう 盛口満 著 1500円+税 どうぶつ社 」

ゲッチョ先生と呼ばれる著者さんが、沖縄に移住し、出会った「虫屋」や「昆虫の研究者」のみなさんや、海の昆虫!などの新種や珍しい虫を探して歩く姿が、描かれてます。

ゲッチョ先生は教師をしていた事もあり、虫にも興味がありますが、虫を追い求めている人にも、熱い眼差しを送っています。私なども、「マニアな人が好きな、マニアマニア(にゃごさん命名)」なのですが、ゲッチョ先生の御様子を伺うに、まだまだ、私などはマニアマニアの足元にも及ばないです(汗)

沖縄に移住し、石垣島などの南の島で、海のアメンボを追ったり、石垣島の天文台に勤務しながら、昆虫を採取しつづけた岩崎卓爾氏の生涯を辿りながら、新種発見への経路や岩崎翁のお人柄なども、綴られています。

ここにも、深い世界が、あるんだなぁ~・・・。新種を発見したかったら、この本を読むと、考え方のヒントがあるかもしれませんよ♪

ジオパークへ行こう!

先日、日本ジオパーク伊豆半島大会の記事を見ました。ジオパーク・・・伊豆には子どもの頃から何回も行った事がありますが、「ジオパーク」と言う視点から、観光?した事はなかったなぁ~・・・。温泉は好きだけど♪

「地学」・・・高校でも履修しなかったので、あまりピンとくる事がなかったのですが。思い起こせば、小学生の頃、近所の造成地で貝の化石がザクザク?掘れ、すごく面白かったのを覚えています。ただ、灰色の土と貝が脆くて、家に持ち帰ると、すぐに粉々になってしまって砂だらけになって、怒られて・・・一時のブームで終わったな。

その時に、「コレって、何?」って、もっと思ってたら、面白かっただろなぁ~。
この本は、子ども向けに書かれていて、とても読みやすくて面白かったです。化石を掘っていた頃に出会ってたら、もっと楽しかったかも♪

 ジオパークへ行こう! 火山や恐竜にあえる旅 林信太朗 著 川野郁代 絵 小峰書店 1500円+税 」

この本の面白かった所は、地形の成り立ちなどの学問的な所を解りやすく説明するのに、写真や実際の地形を上げながら話が進んでいく所や。黒曜石などの話の後で、砂糖でアメを作り割れ口を観察する(黒曜石と類似してる)等の実験レシピが掲載されてる事です。

特に、ジオ実験レシピ!!! 地学の教科書を見てるだけだと。私など、「柔らかい岩石」と言う言葉一つでも、「岩が柔らかい???」って、イメージしにくかったりするのですが。砂糖を熱してドロドロの所がマグマに似てる・・・とか、割れ口がそっくり・・・とか。温度によって結晶のでき方が違うので岩の種類が違うように出来てくる・・・と、表現してもらうと。やっと、ここで、「なるほどなぁ~」って、イメージできるわけです。

その上で。崖の斜面の写真を見て、岩石の種類が変わっている様を説明付きで見ると、ようやく、その「崖」の模様の意味や面白さが、解るんですね。

知らなきゃ、ただの、土の層だったり、石ころだったりするワケで。風景の一部の中でも、興味関心を持って見る所ではないんだよね。

娘の研究しているカルスト地形についても、珊瑚や星砂探しから堆積、隆起、プレートの移動で日本列島が出来てく経過や、石灰岩の事など。この本を読む事で、私が、イメージができてきました。これから、アチコチ行った時に、「地形」が気になりそうです。

もう一つ、面白いのは。「この本を見せて、大人にジオパークに連れて行ってもらおう! ジオパーク近くには、温泉があったり、美味しい物があったりするよ~♪」と言う、メッセージがあるんですが。確かに、ジオパークには、子ども一人では行けません。連れて行ってくれる大人(親)が、いるんですよね。

自分の経験上でも。砂だらけの貝の化石は怒られて捨てて終わりでしたし・・・。娘が小学校の頃に、たまたま電池にハマったおかげで科学館関係にはたくさん行きましたが。もし、あまり好きでない分野だったら、聞き流して終わっちゃってただろうな。娘は博物館は、「暗くて、怖い!」と言うので、行ってもスグに帰ってきてしまったのだけど。科学館の先生方と知り合う中で、「地学大好き♪」の方が多くて。その方々との出会いがなければ、地学は、学校で習う教科の一つに過ぎなかっただろうな。

そう思うと、親の価値観や環境って、子どもの興味関心の栄養になったり、ストッパー(クラッシャー)になったり、するなぁ~・・・。だから、「親に、こんなイイトコあるよ。」って、子どもから親へのアプローチの仕方?・・・って言う視点が、面白かったです。

金星探査機「あかつき」の、観測成果が徐々に公開されてきていますが。著者さんの子どもさんが、望遠鏡で金星を見た時に、あまりの小ささに「金星から地球を見るとあんなに小さく見えるんだ」と、つぶやいたお話があり。地球と金星は「双子星」と言われるほど似ているのに、地球では生命が宿り、金星は生き物にとっては過酷な環境になってしまっている。今、自分が自分として生きてる事も不思議だけれど。過酷な宇宙空間の中で、地球が地球として存在してる事の不思議さ。「今」が「今」であるまでの経過を思うと、また、妄想?がとまりません(笑)

是非、親子で読んでほしいです。 ジオパーク、行ってこよう(娘は付き合ってくれるだろうか・・・涙)!と思った一冊でした。

「はやぶさ2」の大挑戦

2010年に小惑星探査機「はやぶさ」が、数々の困難を乗り越えて、地球に帰ってきた話は、あまりにも有名ですが。この本では、「その後」の様子と、はやぶさ2への軌跡が書かれています。

「 小惑星探査機 「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション 山根一眞 著 ブルーバックス 980円+税 」

カプセルが宇宙研に到着した後、こっそり?検査のために抜けだしていた事や。持ち帰ったイトカワの砂の解析の苦労や様子。打ち上げまでの計画の変換や、技術者の努力と関わり。「はやぶさ2」の計画と、新しくチャレンジする回収のシステム。はやぶさでの「不具合」の改良への様子など。読んでいて、本当に、たくさんの熱い人達の努力の結集なんだなぁ~・・・と。まず、そこに感銘を受けました。

失敗をそのままにしない。乗り越える。・・・なんでも上手く行く方がいいに決まってるけど。先に進むには、乗り越える力が必要なんだな。

はやぶさ本は何冊も読んでいますが。この本で、私が「おおお!」と、面白かったのは、持ち帰ったサンプルの分析に至るまでの経過や、その「サイエンス」な部分での取り組みでした。娘のおかげで、地学を少し齧ったので、宇宙の形成や、「イトカワの砂」の価値?や、どうして、それが欲しかったのか、何が知りたかったのか、何が解ったのか・・・という話が、スンナリと入ってきて、面白かったです。キュエーションは体験をした事があるので、ご苦労も垣間見た・・・気がする。

文章に上手くできないんだけど。「太陽系の起源」と「地球」という存在と、「宇宙を探る」という事が、なんだか、繋がった?っていう感じ・・・ああ、表現できない・・・すみません。

宇宙空間の中で、回路がトラブルを起こした事、それを改良していった事などが書かれていたのですが。「宇宙空間」という「地球」とは違う環境の中で、人造物が温度差と戦う・・・具体的に想像した事がなかったので、ご苦労を通して、「温度差」への対応など、リアルに宇宙空間に思いを馳せる事ができました。面白かったです。

最近思うのだけど。

自分は、文系が好きなので。歴史と地理と政治の変遷・事件などは、あまり苦労しなくても、繋がって考えて、理解している事が多いのだけど(解ってる方からしたら、低次元だと思うが)。

理系の化学や物理や生物は、個々に孤立した知識として、「ほお~」と思うくらいで、あまり繋がっていなくて。宇宙や天文についても、それ単体としてのトピックス認識な感じがあったのですが。最近、地学関係本を、ホソボソと読みだしたら、いろんな分野が、パチンパチン!と繋がった感じがして、ますます楽しくなってきました。「あ!この前のアレって、この事だったんだ!」とか、「こういう事だったのね。」って、腑に落ちる・・・という感覚。これが、たまらなく、気持ちいい(笑)

「地学」が解ると、本読んでても、楽しいんだな・・・・「地学いいよ。」という、お話でした(笑)

裏山の奇人 野にたゆたう博物学

娘さん。地学部に所属していて、今、三つの論文に関わっているそうです。とは言っても、一年生。研究そのものは、先輩方が大筋を立てているので、図表を作ったり、参考文献からの引用を整理したり・・・と、もっぱら秘書みたいな仕事でしょうか。資料作りなどに追われているようですが、書くコトで、その研究についての理解が深まっているようです。パソコンは得意なので、きっと、有能な秘書だと思われます(笑)

今までの自由研究では、とにかく、気の赴くままに、知りたいコトを調べてきた研究でした。知りたい事が先にあって、そこに実験が組みこまれていく行く感じ。高校では、まず、興味のある分野の関連する他の人の論文をたくさん読む事。観測データを集める事。データを読み取る事が中心になっているようです。そこから、何かを見つけ、裏付けをして行く・・・といった形です。視野の広さ、知識の多さが必要になってきているようです。

解る事が増えてきたのか、だんだん「地学」そのものが、面白くなってきた・・・と言ってました。電池(化学反応)程は、心奪われないようですけどね。

「心を奪われる」「知りたい事を、知りたいという気持ち」・・・子どもの頃は、誰もが持っている気もちだと思います。一体、いつ頃から、そんな気持ちを、しまい込んでしまうんでしょうかねぇ~・・・。

小さな頃から、昆虫にのめり込み、のめり込みすぎて研究者になった方の本と出会いました。すごく、面白かった!です。このシリーズ全部読んでみたくなりました。近所の図書館は、シリーズ物を、何故か、全編買わないという悪癖?があり、このシリーズも、この一冊しかありません。なんでなんだろうねぇ~??? モグラの方が、もしかしたら、知り合いかもしれない・・・読んでみたい!!!

「 フィールドの生物学 14 裏山の奇人 野にたゆたう博物学 小松貴 著 東海大学出版部 2000円+税 」

著者の小松貴さんという方が、とにかく、虫狂いの方で。子どもの頃からの、虫好きさん。とにかく、虫を捕まえたり、育てたり、観察していた、その延長線上に、「今」がある・・・という方で。「好蟻性生物」の、研究に、まい進しておられます。

蟻って、身近ですけど、「大きさが違うのがいるなぁ~」程度でしか見た事がなかったな。娘が小さな頃、動物園に連れて行っても、動物を説明するトランシーバーか、園内をたくさん歩いている鳩か、お弁当のカケラを運んでいる蟻にしか興味を示さなくて、「おいおい」って思った事があったけど・・・。蟻はしゃがみこんで、ずーっと眺めていたけど、何か発見するというより、動いてるのを見てるのが面白かったんだなぁ~。

蟻をよく観察すると、その蟻を利用したり、食べ物にしたり・・・している、小さな生物達がたくさんいる・・・ってコトを、この本を読んで、初めて知りました。蟻の行列は眺めた事があったけど、その周りにいる生き物に気づいた事は、なかったもんなぁ~。

博士号を取っても、著者さんの身分は、なかなか保証されず。諸所で研究の助成を受けながら、ご本人曰く、「定職がない」「無職」の状態で。決められた仕事をしつつも、裏山や市街地の、「何の役にも立たないから」と、生態も研究されていない小さな生き物達の研究を、ただ、「知りたいから」と言う理由で、追いかけ続けています。探究の原点ですね。

驚くべきは、対象への愛・・・というか。街中で、市中で、裏山で。普通の人達の足元に生きている小さな生物への、鋭い「観察眼」です。広く深い知識があってこそ、同じ風景を見ていても、著者さんの見ている世界と、私達の見えている世界は、全く違うのだろうな・・・って、思います。

論文謝辞に二次元美少女さんの名前を入れてしまったり。小さなハエを萌えキャラにしてしまったり(きっと、彼には、そう見えてるんだろう・・・笑)。持病を「中二病」とするあたり・・・面白い方なんでしょうねぇ~。最近では、講演会は、魔法使いの恰好でされてるとか・・・。

クマムシの研究者の方もそうですが。なかなか、「定職」につけれず、苦労されている方が多いのが、日本の「博士」の現状です。海外の虫を調べるには、自費で研究をしないといけないので。日頃は麦飯を食べ生活費を切り詰めて、海外に行く。工夫して、お金は極力使わない。研究の結果が、すぐに「成果」に結びつくわけではない。なかなか「世知辛い」ですね。

福島の原発事故の後、生態系を調べるのに、過去のデータがあまりにも少なくて、比較対象が出来ずにいる話などを聞くと。「今」ではなく、100年後、200年後に、何かの役に立つかもしれない・・・という視点での支援も、必要なんだろうなぁ~って、思いました。

それにしても、小松さんの、「知らない事を、知りたい」という、気持ちの「強さ」は、スゴイです。ご本人もスゴイですが、見守られ、導かれた御両親や、支えた方々も、よくぞ潰さなかった。よくぞ、潰れなかった。

研究者とて、カスミを食べて生きられる訳ではなし。こんな風に、没頭している人が、ちゃんと食べて行ける社会になると、いいんだけどなぁ~って、思います。

面白かった(^^♪ 虫好きさんも、そうでない方も、面白い一冊です♪ 著者さんTwitter 写真がキレイ(^^♪

生物部な毎日

娘が高校生になってはや4ヶ月。とにかく、忙しい・・・でも、楽しそう♪です。 土曜日なんのその。色々なイベントがあって、今日も学校です。明日は野球応援。もはや、休日はありません。部活の研究、課題研究など、複数の研究にも取り組みが始まっている為、個人研究に割く時間がありません。それでも、「電池」だけは、彼女の中では「別格」なようで、情報集めはせっせとしている様子です。個人研究は一休みですが。とにかく、頑固なタイプの娘さんなので、高校生活で、いろんな体験や、仲間との中での成長を、大事にして欲しいなぁ~って、願ってます。

さて、面白い本を見つけました。

「 理系アナ 枡太一の 生物部な毎日 枡汰一 著 岩波ジュニア新書 840円+税 」

・・・私、岩波ジュニア文庫、結構好き(^^♪ 私の頭のレベルに合ってると思うの(^^♪ 図書館のヤングアダルトコーナー(中高生向き)に陣とるのは、ちょっと恥ずかしいけど(汗)

我が家は、朝はZIP派なので、枡さんは大好き♪で。娘も、よく見てます。かねがね、東大の大学院修士まで出ているのに、どうしてアナウンサーになったのかなぁ?と、不思議には思っていました。真面目そうなヒト・・・と思いつつ、好きなアサリや生物のコーナーになると、俄然とイキイキしだすので、その変わりっぷりが、「この人、本当に、生き物好きなんだねぇ~」って思えて、楽しくみてました。

そんな枡アナウンサーさんの、子ども時代からアナウンサーになるまでの。それこそ、蝶狂いから始まり、麻布中高等学校生物部での、体育会系生物部の実態?や、そこで研究にのめり込んで行った様子や。大学での、海の生物三昧の日々が、とても楽しく語られています。

自分は数学はダメで、文科系の方が得意だった。でも、好きな生物をやる為に理系を選び、頑張った。将来を考える時に、自分の得意な事を活かしたいとマスコミ関係に就職した。「数学は箸」みたいなもので、それが解らないと、自分の好きなコトが出来ない。だから、東大に入れちゃうまでのレベルまで、頑張れちゃうんですね。(得意科目が穴埋めしたと仰ってますが、それにしたって、全然ダメだったら、そもそも東大に受からない・・・)

ライトな文面ですので、途中の苦悩もあったでしょうが。好きなコトをやる為に、苦手なコトを克服しつつ、工夫したり努力してきた人なんだなぁ~って。どちらかと言えば、ひ弱なイメージだったのですが、芯のしっかりした人なんだと思いました。

鉄腕dashのコーナーにも出演されていて。我が家は、娘が産まれた時に、丁度、この番組を見ながら畑をやっていた時期があるので、この番組は欠かさず見ているのですが(娘のイチオシは城島さん・・・笑) dash海岸の時の、枡さんの、本当にうれしそうな顔が、いいなぁ~って。

好奇心旺盛な虫好き少年を支えたのは、教育熱心な御両親だったとは思うのですが。高等部の山岳合宿に両親が覗きに来た時に、先輩が怒ったエピソードがあって。自主自律の精神は、仲間の中で育つんだなぁ~、環境って大事だなぁ~・・・なんてことも思いました。

面白かったです♪

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。