10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公文の常識と私の認識

先日、娘の通っている公文の個人面談がありました。
ここぞとばかり(笑)いろいろ言ってきました。

細かくは、いろいろグチグチあるのですが(笑)

一番、驚いたのは、公文の教室での「理解する」という認識と、私の思っている「理解する」という認識の違いでした。

長くなるので、続きにしました(笑) 娘の理解力を棚に上げ、語ります(汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



公文の英語問題というのは5枚が1組になっていて。
1枚目は英文と和訳を見ながらeペンシルの音を聞きつつ文章を読み。
2枚目以降で、英文の中に使われている文法を細かくeペンシルの音を聞きながら読み。
リスニングで、選択肢のある英単語を選び書き込み。
5枚目で、その単元の学習英文を日本語に対応して書く。
という、スモールステップになっています。

まぁ。3枚目までは、答えが書いてあるのを同じプリントから探して書き込めるので、楽勝ですが。
4枚目・5枚目になると、前に書いてある事を理解して覚えてからでないと、当たり前ですが、間違えます。

私としては。この、4枚目・5枚目が、「間違えずに出来る」事が、「理解する」事だと思っていたのですが。

先生の話を聞いて驚いたのが。
「間違えた所があっても、時間内にある程度答えが書け。ミスの数も一定以下で、直しが自分で出来たら、理解しているとみなし次に進みます」

・・・なのだそうな・・・

ミスの直しが出来る・・・と言っても。3枚目までを見れば、答えが書いてあるわけだし。
be動詞の単元はbe動詞の問題しかないので、それで出来ないのは英語力以前の問題なんじゃなかろうか???

娘などは、早く進みたいものだから。チャチャっと終わらせて。
GⅠも1ヶ月で終わらせていたのだけど。

先生の言う「公文的な理解」はしていても、私の思う「理解」までには至っていない。

だから、同じ問題を何回も間違えてるし。動詞の順番とか変化のしくみとかも、あいまいのまま。
複数のsなのか、三人称単数のsなのかも区別がつかない・・・っていうか、三単のsの勉強をした事すら気づいていないし。

面談の中で。
丸つけや指導は、他のアルバイトママさんがして、先生は進度と発音しか見ていなかったことも判明したので。

先生には、今までやったプリントの間違っている部分を見せて。
次に繰り返し、同じような問題が出てきているのに、やはり、そこも何回も間違っている事を伝え。

「プリントをこなす時間やミスの数だけが問題ではない。何が解っていないかを、キチンと見て欲しい。公文は教えない、自学自習のスタイルであるのはわかっているが、間違っている所のプリントに書いてあるヒントの文章を指摘するとか、本人が考え、今、何を勉強しているのか気づけるような指導をして欲しい」と。

言っちゃいました。

先生としては、公文的理解で進める所まで飛ばして進めて。
間違いが多くなったら、戻して復習・・・という方針だったそうですが。
娘はコツコツタイプなので。あいまいなまま進ませる弊害の方が大きいと・・・バッサリ言っちゃった(汗)

確かに、リスニングや英文読解は、どんどん新しい物に挑戦した方が幅は広がるのだろうけど。
それなら、英会話に通わせて、文法は自分で教えるか、塾で教えてもらう方がいい。
本人が、プリントからある程度理解できるようにならないのなら、公文に通わせる意味がない。

先生の方式でやるならば。
例えば、「3学年先の教材までやってる」という事が「3学年先の能力がある」という事にはならないので。
公文の進度は、まったくアテにならない。ただ、先までやった。そんな感じなコトを知ってる・・・ってなっちゃうよなぁ~。

当面。
おざなりに終了したGⅠ教材の復習と。
進級したGⅡ教材も、すっ飛ばして△だらけでも進んでいるけど、それは止めてもらい。
一つのセンテンスの5枚を、キチンと積み重ねる方法で再度してもらうように、お願いしました。

娘は、どんどん先に進めないのは、多少不満なようでしたが。
私の質問に答えられないのも、今一つ、スッキリ理解していないコトも、自分なりに感じていたようで。
親が進度のブレーキをかけた形にはなってしまったけど。
さほど、モチベーションを落とす事なく、今朝も自分から5時に起き、公文のプリントをしていました。

さすがに同じ問題を2回、3回とやると、本人も解ってくるようです。
・・・というか。今まで、何が解らないかも解らなかったみたいだったし・・・ようやく、自分が何してるか解ってきたみたい・・・

言ってみて、良かった。

教室を選ぶ時に、もっと、公文の指導方針や、先生のやり方を聞いてからにすればよかった・・・と反省しました。

テーマ : 習い事
ジャンル : 育児

No title

公文の英語を話すペンって広告なんかで見てたけど、
そういうふうに使うのね。

娘ちゃんは頭が良いので、解いていくシステムさえ
わかればスラーっと苦もなく解けるのでは。

それにはやっぱりなぜ間違えたのかはきちんと
理解させないとですねー

とにかく先へという方針なら、学校と変わりないし。

ちゃんとはっきりと意見を通して、なんちゃってさんは
エライ。

私以前、ピアノのレッスンの終了がいつも2、3分早い
から、疑問に思うと伝えたら、ものすごくふくれられて
閉口しました。。。

考え中です。

larvaさん。こんにちは♪

私も。今まで、お稽古ごとで、先生に意見した事はなかったんですけどねぇ。
他にも、「え?」と思うコトがいくつかあり。

先生。とてもフンワリした方なんで。遠回しに言ってもわからないと思って。
言っちゃいましたぁ~(笑)

よく。公文してて。
小2の子が、5年レベルの算数をやってるのに、学校の問題が出来ない・・・とか。
英語の高校教材まで行ってるのに、英検の5級が受からない・・・とか。
聞いてはいたんですが。
先生の指導の仕方で、だいぶ、バラつきがでるんだろうな。

今の所。改善されるのを期待しつつも。すでに辞めさせたいモードの私。
娘が好きで行ってるので、様子見てます。

Secre


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。