08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 天文現象「金」の年

土曜日の夜。ディスカバリーパーク焼津で行われた、国立天文台 渡辺潤一さんの講演会に行ってきました。
中学生以上が対象だったのですが、前日に定員に達してなければ娘も入れてもらえるとの事で。
前日に電話して予約できたので、行ってきました。当日、予約できた小学生もちらほら。

ディスカバリーパークの天体望遠鏡を使って、地元の中学生が体験講座を行ったので、その発表もありました。
雨や曇天が多かったそうで、実際の観測日数は少なかったそうですが。
大型の望遠鏡を使えたなんて、いいなぁ~♪
いい体験になったでしょうね。そんなワケで、ご父兄の皆さまや、お身内の方。天文ファンの皆さんでしょうか。全体の年齢層は、けっこう高めでした。

2012年は、金環日食・金星の太陽面通過・金星食と。三つの大きな天体での現象が見られます。
そんな話を、たくさん伺いました♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2009年の皆既日食は、あばれはっちゃく(ダンナ)と私は、ディスカバリーパークの観測会に参加して。
曇天の合間を縫って、見ることができたのですが。
娘は、学校で。当時6年生しか観測させてもらえなかったので、見れなくて、すごく残念がっていました。

2012年 5月21日の「金環日食」・・・もう、指折り数えて、待っております。
皆既の時間が、調度、月曜日の登校時間に重なるので。
もし、学校で観測させてもらえないのなら、観測会に連れていくか、遅刻させようかと思っていたのですが。
学校からのプリントで、どうやら、学校での観測会が計画されているようで。
もう「太陽光グラス」も注文済み!!!
とても、楽しみにしています。

お話の中で。知らないことが、いろいろあったのですが。
「金環」になるのは、月の軌道は、「楕円形」で。地球に一番近い時と遠い時の差が4万キロ!近くもあり。
その差で「皆既」になったり、「金環」になったりするのだそうです。
今回は、月が近いので、太陽がすべて隠れずに、金環になります。

満月の大きさって、時によって違うのね。知らなかった。
って。月の軌道が「楕円」って。思ってもみなかったよ。習ったハズだけどねぇ(笑)

話はそれちゃいますが。
地球の「軸」も。ピシっと同じワケでなく。コマとかスケートのスピンみたいに、ブレがあるんだそうで。
自転の速度も、わずかではあるけど、誤差がでたりするんですね。地震の時に100万分の1秒、地球が早く回ったのだとか。

なんだか。自分の中の「概念」って。不確かだわぁ~とか、思いました。

6月6日には、太陽面を、金星が通過するのが見られるそうで。前々回は1874年と1882年。
今回は2004年と2012年。
そして、次回は2117年と2125年!!!

軌道の関係で8年間に2回見れたら、あとは100年以上後になるのね。スゴイなぁ。

前回の1874年と1882年の時は。各国の天文学者が協力して。
地球の、それぞれの緯度?経度?で、観測をして。太陽面の金星の位置の見え方の違いから。
太陽との距離を測ったのだそうです。

そして8月14日の明け方に、金星食。
この日は、ペルセウス座流星群もあり。天気が良ければ、特別な日になりそうですね♪
月の向こうを金星が通過するのですが。
この日は三日月。再び現れた金星が、月のしずくのように見えて、とてもキレイなんだそうです。

講演会の中では、特に「金環日食」など。日食が人口過密地帯を通過するときに。
太陽を、そのまま見てしまって、視力障害を起こした事例が数多く報告されていて。
特に、子ども達が、興味をもって太陽を直視してしまうために、注意が必要だと、喚起されていました。
今回も、登校時間なので。注意が必要だそうです。

天体観測は、地球の動きや、宇宙の動きを「実感」できるので。とてもいい機会ですが。
やはり、リスクがあるので、注意して観測できるようにしないとなぁ~って、思いました。

「学校で友達と見た!」っていう方が印象に残ると思うので。
理科の先生が、頑張ってくれているみたいなので、期待&協力したいです♪

さてさて。渡辺先生のお話ですが。
今回は、ネット中継されていたこともあってか?
もっと脱線するかと思ってましたが(何を期待してるんだか・・・笑)。しっかりと、勉強になりました(笑)

質疑応答で。
流星を見た時。火球の後、大きな煙が竜のようにたなびいた・・・という光景を見られた方がいて。
とても珍しいのだそうですが。
「竜」って謂われているのが、この煙のことかもしれないねぇ~なんて。

また。流れ星と共に、音を聞いた方がいらして。
それもまた、もっともっと珍しく。本当だったら、音は光よりも遅いので、流れ星と同時に聞こえないと思われていたのですが。大きな流れ星だと、電磁波の関係で、大きな音が脳に聞こえるのでは???という説もあるのだとか。

天文の不思議は、たくさんたくさんあるのだなぁ~と、思いました。

人工衛星やロケットの技術は、どうしても、国家機密になったり。技術に関しても、国レベルの競い合いになる一面があるのですが。

天文観測の分野は。19世紀に、すでに、各地で連携して国を超えた観測がされていて。学者さん達も、情報を共有しながら研究しているのだなぁ~と。そんなことに感心してました。

天体観測は天気次第。準備ができたら神頼み。見れたらいいなぁ~♪ 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

No title

ああ、毎回読んで羨ましくなる私(笑)
なんちゃってさんちのご近所になりたい~
参加できてよかったですね。

流れ星と共に音を聞くなんて、神秘的で素敵だなー
種子島では夜空を5分も眺めてれば流れ星が見えて
びっくり。

見えないだけで、結構頻繁に起こっているみたい。
来月また種子島で眺めて音を聞いてみます!

私もいろいろ質問したかったなあ。。

贅沢です♪

larvaさん。こんばんは♪

種子島だったら、流れ星、たくさん見えそうですねぇ~。いいなぁ~。
娘。流れ星大好き♪ 流星群は楽しみの一つです。

音が聞こえる現象は、本当に、まれのまれだそうで。
とても大きな流れ星の時に、感じることがあるらしい・・・というお話で。
解明されていないけど、聞いた!という話はアチコチであるらしく。
空って、本当に不思議ですねぇ~。

名古屋にいた時とは考えられないくらい、いろんな講演会や講座に参加しやすいです。コレは、本当に、贅沢だと思いますよ~♪
でも・・・倍率低いってコトは、なかなか「感動♪」も「共感」してもらいにくいんですよねぇ(笑)
ホント。ご近所だったら・・・そんな意味でも、嬉しいんだけどなぁ~(笑)

ずいぶん前のドリカムの歌に、
♪2012年の金環食まで~
って歌詞があったから、いよいよ来たなって感じ。
ウチも子供が楽しみにしてるわ。
見えるとええんやけどなぁ(^O^)/

No title

おかんさん。こんにちは♪

ドリカム!そんなコト、言ってましたか。探してみよう♪

子どもさん達、盛り上がりそうですね~!
こればっかりは。ほんと、お天気しだいなので。
見れたらいいですよねぇ~。
次男君の。日食がらみの面白発言も、ほのかに期待しております(笑)

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。