08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙を目指す君へ

静岡科学館「る・く・る」で行われていた宇宙展。
最終日の講演会は、JAXA宇宙科学研究所の的川泰宣さんと国立天文台の渡辺潤一さん・・・という。ビックネームお二人の登場です。
会場も。補助席を出して・・・出足は鈍かったのですが。ふと後ろを振り向くと、満員御礼でした。

さて。熱く語ろうかと思ってましたが(笑)・・・メモ紛失(汗)

一番、心に残った事だけ、思いだして書いてみます。

今回は、お二方が30分ずつの講演をして。その後、1時間半くらい、事前によせられた質問に答えるという形式でした。

的川先生といえば、映画はやぶさの中で、西田敏行さんが演じていまして。
打ち上げの同意を得るために、地元の漁師さん達に熱意を伝え続けたり、酔い酔いになってる姿が印象的だったんですけど(スミマセン・・・汗)
なんだか、あったかななお人柄で。お話も、そんな感じで、心に浸みました。

小さな頃。世の中の人すべてが幸せになるのには、どうしたらいいんだろう・・・って考えてた。
現役の頃は、目の前にある仕事を、必死でこなしていたけど。
今、また、それを思う・・・と。
「宇宙」を学ぶ。「宇宙」を志す源について話されていたのが、とても心に響きました。

子どもの頃。幸福について考えたかな? 将来の夢や。自分の存在意味を、問うただろうか。

渡辺先生のお話の中で、系外惑星や宇宙人についてのお話が面白かったです。
「話がとても、面白い先生だ」というお噂は聞いていたのですが・・・ホント、面白かった(笑)
宇宙の広さは137億光年。その130億光年までは、さまざまな望遠鏡で見る事ができた。
その先の、「暗黒時代」と言われている7億光年を求めていく話は。
そのスケールの大きさに、なんだか、呆然としてしまいます。

個人的には、質疑応答でなく、先生方の自由なお話をもっと聞きたかったです。
渡辺先生は、今度、2月25日に、ディスカバリーパーク焼津で講演会があり。
前日に定員に満たなければ、小学生も相談可(今回、中学生以上が対象なので)だそうで。
今、申し込み保留状態なのですが・・・できれば、聞いてみたいな。

オリオン座のペテルギウスの爆発については。
明日かもしれないし、何万年も先かもしれない。
その「時差」は。宇宙時間で考えたら、僅差なコト・・・っていう感覚が、面白いなぁ~。

的川先生が。子ども達に、たくさん遊んでね・・・とおっしゃってました。

例えば。東大やJAXAに入る事を目標にするのではなく。
「何をしたいか」「何を知りたいのか」を明確にして進むことの大切さや。
その知識や探究の基盤は、やっぱり、人の幸せに通じるものであって欲しい。
マニュアルや知識だけではなく。ない所から、次を考え、知恵を出し合える力が大事。
そんな力は、遊びの中から作られる・・・ここでいう創意工夫できる「遊び」って、ゲームじゃないね。

「宇宙」に携わりたければ、別に、JAXAや宇宙飛行士だけでなく。いろんな方面でも活躍できるし、関われる・・・って。

そうだよね。ウチの親だって、天文台のドーム作ってたし(笑)ある意味、広義の宇宙関係職(笑)

空を見上げて。明日を夢みる気持ちになりました。

長くなってきちゃいましたので、ご興味のある方、続きはコチラの記事で→「私が私である奇蹟

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 小学生ママの日記
ジャンル : 育児

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。