10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新月も見えるってことかな?

本日も娘と静岡科学館「る・く・る」に行ってきました。
本日の講演会は、国立天文台ALMA推進室の水野範和さんと、京都大学准教授の栗田光樹夫さんです。
共催が静岡聖光学園中・高等部になっていたので、なんだろう?って思っていたら、お二人の出身校なのだそうです。

栗田さんの講演では、まず、望遠鏡の歴史。望遠鏡の種類。太陽系外惑星についてと。今後の望遠鏡の設置や稼働計画のお話がありました。
御本人の設計されて製作に関わられた光赤外線望遠鏡の話や、地球外の生命体の話なんて。
ちょっと想いを馳せちゃうと、かなりのトリハダものでした(妄想強し・・・笑)

チリにあるALMA天文台から、30時間以上かけて帰国されたばかりの水野さんは、年の半分ほどをそちらで過ごされているのだとか。
以前、テレビで見た時は、まだ5台くらいだったように思っていたのですが。
すでに30余りが完成し、昨年の9月から観測も開始されたのだとか。
完成すると66台の望遠鏡のデーターで、ハッブル望遠鏡の10倍なのだとか!!!
天文台は標高5000mの高地、15キロ四方!に、ニョキニョキと天文台が並ぶのですから、壮観だろうなぁ~。

連動して動く望遠鏡の映像を見て、娘が、また「可愛い♪」を連発。

もしかして。このヒトの「カワイイ」は、私とは何か違う意味があるのではないか?と。少々疑いだした今日この頃です。

さて。私が「もしかして。もしかしちゃうと。」と思ってしまったお話は。

電波望遠鏡というのは、ミリ波で見るため、惑星などの温度に反応するのだそうで。
表面温度で測るので。実際、可視光で見た時には、チリなどで「黒」に見える部分も。
そこに天体があれば、しっかりと映るのだとか。

牛のサーモグラフィーの映像で説明して戴きまして。星雲の可視光の映像と比べる映像を見て。
電波望遠鏡って、何だろ?とか。
今まで、写真で見た事はあったけど、どんな意味があるのか、?と思っていたのですが。
なんとなく、理解できました。

そういえば。娘が小さかった頃。我が家にサンタさんから望遠鏡が届いたんですけど。

娘に「何、見たい?」って聞いたら。
「ん? 新月」と言われまして。
・・・しばし、悩んだけど。

そうか。電波望遠鏡なら、新月も見れるんだ!!! 見方を変えれば、見えるのね。

天文学の世界は、わからない事だらけで。
真剣に考えれば、考えるほど。あまりの大きさに、なんだか呆然としてしまうのですが。
「妄想族」の私としては、ワクワクの宝庫でもあります。

「見えないけれども、あるんだよ」 なんて。なんだか金子みすずさんを想い出しちゃいました。

面白かったです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



さて。今回。講演会参加者抽選で10名に。
3月10日から始まる、「おかえり、はやぶさ」の映画鑑賞券プレゼントがあったのですが。

当たっちゃった♪ 

娘。大喜びでした♪ 今から、楽しみです♪

テーマ : 小学生の子育て♪
ジャンル : 育児

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。