08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をつなぐ・「はやぶさ」からの贈り物

最近は、図書館に行くと。ついつい宇宙関係の本を探してしまいます。
今回も、宇宙関係2冊。借りてきました。

1冊目は、「夢をつなぐ 山崎直子の四〇八八日  山崎直子 著 角川書店 1400円+税」

宇宙飛行士 山崎直子さんの。宇宙飛行士をめざし、宇宙飛行士候補者試験に合格してから、ディスカバリー号で宇宙に行き、帰ってくるまでの4088日間の事を綴ってます。

子どもの時の夢から進路。
宇宙飛行士の試験の事から、実地の訓練。宇宙に行くまでの資格の取得や活動など。
とても詳しく書いてあるので。
「宇宙飛行士になりたい!」「宇宙飛行士って、どんな訓練するの?」という疑問をお持ちの子どもさんには、とても、具体的でわかりやすい内容だと思います。

文字数的には、やっぱり、高学年かな?

山崎さんのすごさは、その、努力。無理をしての努力ではなく。
本当に。目的を叶える為に、楽しんで前に進もうとする。その一つ一つに、全力を傾けていく力が、すごいなぁ~と思います。

山崎さんとは、ほぼ同じ年の私としては。
宇宙飛行士という特殊で多忙な彼女が。結婚、出産を経て。また、ダンナさんとの関係や妻や母としての立場の中で。時には、揺らぎながらも、その時々を「精一杯」乗り越えようとする姿に。
潔さを感じました。
ワーキングマザーさんにも、共感できる一冊ではないでしょうか。

2冊目は。

「 はやぶさ からの贈り物 全記録・小惑星イトカワの砂が明かす地球誕生の秘密 朝日新聞社取材班 1500円+税 」

たくさん「はやぶさ」関連の本が出ていまして。
いろいろな視点から描かれていて、それぞれの面白さがあるのですが。
この本は、写真や図解がたくさん使われている事と。
イトカワで採取された微粒子の解析(2011年1月刊行時点ですが)も、ある程度、掲載されているので。
「はやぶさ」の奇跡を知るのには、とても、解りやすい本だと思いました。

個人的には、娘の大好きな曽根先生が何度か登場する事と。講演を聞いた久保田先生とミネルバの話も載っているので。親近感が増大♪しているのが、より「わかりやすい」と感じるトコかも(笑)

竹内結子さん出演の映画「はやぶさ」のラストシーンは、私は、曽根先生達回収班の様子とあまりリンクしなくて、ちょっと不満だったのですが。
この本の冒頭で、記者さん達が、はやぶさを迎える時の様子を読んで。
なんとなく。今頃ですが、ちょっと納得しました。

フリガナを振っておいてくれると、娘でも読めるんだけどな。
それでも、写真や絵は多いので。パラパラとめくってましたけど。読んではいなかったな。
読書好きな子なら、高学年くらいでも、読めちゃうと思います。

はやぶさの映画も、2本、続けて公開されますので。
後でも、先でも。読んでおくと、どちらの楽しみも増えちゃうんじゃないでしょうか。

おススメ本でした♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。