06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

感謝と。

突然の訃報でした。娘が大変お世話になっていた科学館の館長さんが、急逝されました。

娘はその日、物理チャレンジの実験で、学校に10時過ぎまで残って実験をしていました。友達からLINEが来て、本当に驚いたそうです。あばれはっちゃく(ダンナ)が迎えに行っていましたが、帰路、「信じられない」「何かの間違いでは・・・」と。何が起こったのか、にわかには受け入れがたいようでした。私もです。

お通夜でお別れをして、初めて、悲しみが心に突き刺さり。エレベーターに乗った途端、娘がボロボロと涙を落としました。折々で科学館に顔を出してはお話ししていたし。今年の理科研究発表会で県大会に行けば、また会える・・・と思っていたのに・・・。館長さんご自身も、まだまだ、やりたい事がたくさんあった事でしょう。本当に、本当に、残念です。

帰りの車の中で、娘と、小学校の頃からの、館長さんとの想い出話をしていました。小5で、初めて自由研究をしようって話になった時には、一生懸命、お話しを聞いて下さったね。こんな事、言ってたよね。あの時は、こうだったよね。何より、娘たち理科好きの子が、その気持ちを大事に育てられる場所を、しっかりと作って、守って、育てて下さったね。娘が今、こうして、「理科が好き」「化学が好き」「研究が好き」って言えてるのって、館長さんを初めとする科学館の方達や、出会った方々や仲間に、本当に、支えられて、育まれて来たんだよね。

私は文系で、学生時代には理数科目には興味もなく過ごしてきてしまいました。娘の子育てをしていく中で、「好きを伸ばしたい」とは思っていましたが、まさか、娘が「電池の泡」にここまで固執?して執着?するとは思わなかったし、絵画や音楽の方面に進むのかと思っていたので、理数科に進む事にも、親としての迷いがありました。

先日も、理数科の女の子を持つ親御さんと話しをしていたのですが。「女の子が、そんなに頭が良くてどうする?」「東大や、あんまりいい大学に行ってしまうと嫁の貰い手がなくなる。」「頭がいくら良くても、女の子じゃねぇ~」「理系なんて行かなくても、それだけ頭がいいんだから、公務員になればいい。」と、祖父母や親戚から言われる事が多くて辛いね。学校でも、同級生の男子君たちに、「女に負けるのは嫌だ」「女には、勝つ!」とか・・・意外と、頭のいい男子君たちの方が、思春期も相まってか、へんに意識しちゃって「女のくせに」って思ってたり、攻撃的に言われる事もあるみたいだね。ただ、本人たちは、好きな事を、一生懸命、やりたいだけなのにね。リケジョ・リケジョって、変わり者扱い?優遇?されたいんじゃなくて。ただ、同じ土俵で、学問や解りたい事を、語り合ったり、高め合いたい。それだけなんだけどね。文系の賢い女子より、理系の賢い女子の方が、世間の風当たりがキビシイような気がするのだが・・・。これ、なんなんだろうね。

娘は、親が文系で、理系の知識が乏しくても。科学館という学びの場所があったから、すくすくと、好奇心の芽を育てて頂く事が出来ました。館長さんのような、素敵な理系女性さんが、活き活きと活躍されている姿を、間近で見て、感じてきていたので。外野が何を言おうが、「好きは、好き」と、言い切れた。私たち親も、自分は知らない世界だけれど、娘の「好き」を、応援しようと思えた。本当に、この出会いがなかったら、娘の「今」は、なかったんだろうな。

ありがとうの言葉だけでは、言い切れない。伝えきれない想いがあります。もっともっと。近くで学ばせて頂きたかった・・・。

ご冥福をお祈り申し上げます。
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示