06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

活版印刷 三日月堂

昨年下半期。持病が悪くなってしまい病院通いが続いた半年でした。街の大きな病院まで、電車とバスを乗り継いで。待合室の雑踏や、大きな病院内を案内図を見ながら探していた検査場所も注射場所も、すっかり慣れた・・・昨日が、最終診察日になりました。経過良好!治療終了! 次はメンテナンス?で半年後検査ですが、ほぼ「完治!」です。やれやれ。

変わらない長い待ち時間。病院の書店で、文庫本を買いました。いつもは診察前に検査やら治療やら説明やらがあって、ウォークラリーのように転々としないといけなかったので、持って行った本を読むことは、ほとんどなかったけど。昨日は診察だけで終わり!と言われていたので、のんびりと腰を据えて?読書三昧。

選んだ本は「 活版印刷三日月堂 星たちの栞 ほしおさなえ ポプラ文庫  680円+税 」

一章目から、泣けました。つらい涙ではなくって、せつないけどあったかい感じです。最初の設定が、母一人息子一人の生活が、息子さんの大学進学によって変わっていく。その「時」の想いと、息子さんへの想い。「活版印刷」と「名前の由来」と、「ゆるやかなあたたかな人のつながり」。いやはや、しみじみ、感じ入りました。あと2年後には(うまくいけばですが・・・)娘を外に出すことが、常に頭の隅っこにあるものだから、お母さんのいろんな想いが重なって、わかる~!!!と叫びながら机を叩きたい(笑)

子どもが巣立っていく時って。ドラマチックな感じじゃなくって。ほんとに、日常の中で、さらっと子どもが、巣立っちゃうんだろうなぁ~。

活版印刷三日月堂に訪れる、さまざまな人達の想いが、店主さんと昔ながらの活版印刷の言葉と向き合いながら、徐々にほぐれていきます。

人の想いって、せつないけど、あったかいなぁ~・・・

時が流れてしまうと、その時の出来事や想いや関係も、どんどん流れて消えて行ってしまう。時が経つのはせつない。いろんなものが消え去っていくけど、でも、なお、残る記憶や想いもある。

大事件が起こるわけでもないし。劇的な展開があるわけでもない。街の小さな活判印刷のお店のお話し。ゆっくり時間が流れている感じが、良かったです。
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示