08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天文台で講演会♪

先日ですが。浜松市天文台で行われた講演会に行ってきました。「浜松発 138憶光年宇宙の旅 つながっている宇宙・社会・いのち」という題で、国立天文台の縣秀彦さんによる講演でした。

縣先生。ディスカバリーパーク焼津で、彗星の講演会に行ったコトがあります。とてもお話の解りやすかった記憶があります。あの時は、アイソン彗星・・・消えちゃったんだよなぁ~(遠い目)

内容は、国立天文台で行っている3大プロジェクトであるTMTやALMA すばる望遠鏡のお話や。「みたか」と言う、宇宙空間をシュミレーションできるソフトを使っての「宇宙」のお話でした。カッシーニが撮影した土星の衛星エンケラドスの映像を見ながら、「居ながら宇宙の旅」を楽しませて頂きました♪

ダジック・アースもそうですが、「みたか」のソフトと言い。以前では、まったく想像もつかなかった世界が、映像で感じる事が出来る・・・より思いを馳せやすいです。すごいなぁ~って思います。夜空を見上げたその先に、こんな世界が広がっているんだなぁ~・・・。

ただ・・・どちらも。映像が不安定に動くので、スクロールして画面が移動していく時に、あんまり集中して観てしまうと「酔う」・・・年だろうか(汗)山小屋で、寝転がって見た、それこそ満天の星空も、吸い込まれそうに思ったから。夜空そのものの力もあるのかな?

「天」からの「文」を、読み解くのが、「天文」だ・・・って言う言葉が、なるほどなぁ~って思いました。

宇宙から「地球」を見ると。本当に、大気があって、生命があるのって、不思議だなぁ~って思います。広い広い宇宙の中で。地球という星の上に、同じ時間に産まれて存在していると言う事って、本当に、ものすごい確率なんだろうなぁ~。争ったり、大気汚染してる場合じゃ、ないんだなぁ~・・・なんて。お話を聞いてて、思いました。

久々に娘も一緒に聞いていましたが、面白かったようです。

満天の星空を、久しぶりに、見てみたくなりました。

そうなんだ!

天からの文を読み解く・・・知らなかったです。
ステキ☆

星を見ると、空を見ると、自分の思考をぶわっと広げなくちゃって思います。

にゃごままさん♪

カッコイイですよね(笑) 

中谷宇吉郎さんの「雪は天から送られた手紙である」を、ふと思いだしました。

知らない事、解らない事が多すぎて。妄想族にはたまりませんね(笑)

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。