10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受検勉強の振り返り 数学

「数学は大好き♪」な娘。学校でも塾でも、特に問題になる事もなく。学校のワークや宿題、塾の宿題と。「やるべき事」をする程度で、特に家庭学習をしなくても、「解らない」と思った事のなかった教科「でした」。定期テストだけでなく、実力テストでも、高得点を維持していたので、心配した事がなかったんですが・・・。

志望校を決める為の、大事な、12月の県下一斉テストで、まさかの大失速。先生が、「思わず、二度見しちゃった!」とコメントがつくほどの急下降でした。これには、本人も、ビックリ!!! 

「どっひゃ~!!!」となって。そこからが、数学の勉強の、始まりでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



急降下の原因は、計算問題の凡ミスの連発と。問題が、組み合わされている複合問題になっていて、時間が足りず、最後まで解くコトが出来なかったようでした。「考える問題」に対して、練習をして来なかったんですね。演習不足が、思いっきり露呈した感じになりました。

今、思えば、この時に「どっひゃ~!!!」となって、良かったです。

そうは言っても。個人塾の宿題で、真面目に取り組んでいた「 i ワーク 」や、学校の宿題で、基礎はそれなりに出来ていたので。後は、「入試レベルの問題」に、どこまで慣れていけるのか・・・という事でした。

ここで、娘が本屋で見つけてきた問題集が。
未来を切り開く学力シリーズ 中学数学発展篇 入試実践 」です。

自分で内容を吟味して購入しただけあって、「問題が、丁度、自分に合う」と、集中して取り組んでいました。解説が詳しく、問題を解いていく内に理解が深まったようでした。その後、このシリーズの「図形」も購入して、コチラは、パラパラとやりたい所だけをやったようです。

入試実践で、問題のパターンをなんとなく掴めたようで。類問を探すのに、「受験生の50%以下しか解けない差がつく入試問題数学」を使っていました。入試実践や図形で解法を理解し、この問題集で演習をする感じでしょうか。

2月からは、学校の数学の授業が過去問演習になり。自県の過去問8年に加えて、数学の先生が「入試に出る問題に似ている」他県の問題を抜粋してくれたり、自学用のプリントを作ってくれたので、それを頑張っていました。

後で、ママさん達と。公文組や通信教育組が、やはり年末年始に「入試レベル問題の壁」にぶち当たり。勉強方法が解らなくて、点数も伸び悩んだ・・・「おお!一緒だわ!!!」と話して盛り上がってました。電話帳派や家庭教師派など、それぞれ工夫されたようでした。

入試は、今年度も数学は難問が多く。例年は簡単な計算問題の難易度も上がっていた。時間配分が難しかった。と、大手塾の解説にありました。数学で合否を分ける事が多いと聞いてはいましたが、今年は「文系科目はソコソコで、理数で点数を稼ぐ」タイプの子どもさんが、思った以上の理数の難化に点数が稼げず、涙を流したそうです。

過去問は解けなくてもいいので。数学に関しては、「どんな問題が出るのかな?」と。早目にチェックして対策を取れば良かったなぁ~っと思いました。
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。