09
:
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

受検勉強の振り返り 英語

受検勉強の中で、通年、ずっと安定していたのが「英語」です。英語の学習に関していえば、やはり、「量は質に通ず」と言う事でしょうか。

小学校が英語指導指定の学校で、1年生の時から「英語」の授業があり。1学期に1回、外国人教師とゲームをする・・・程度の交流から、高学年になると、月1回程度、簡単な英会話やゲームの授業があったようです。学校で行った授業は、「体験」程度でしたが、モチベーションを上げるのには、役に立っていたのではないでしょうか。娘も、DSの英語のゲームから馴染み、公文を経て、個人塾にお世話になり、英検2級まで取る事が出来ました。この辺りの経過は、ご興味があるようでしたら、カテゴリの英語をご参照ください。

個人塾では教科書の丸暗記から始まって、単語の暗記・小テスト。iワークを使っての基礎固めと、平行して、長文読解のテキストを使いながら、かなりの長文までトライしてきたようです。長文が読めるようになってくると、物語そのものの面白さも解ってきたようで、「英文を読む」ことへの抵抗がなくなり、楽しくなってきたようです。リスニングも、いつもチャレンジする級の一つ上の級レベルでチャレンジしていたので、「多分、今はセンターレベルは聞けてると思うよ。」と言うのが、先生のお話でした。文法は、まだまだですけどねぇ・・・。リスニングに不安がないと言う事は、大きな強みになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



受検勉強として、特別に取り組んだのは、「英作文」でした。

個人塾の方で使っていた「高校入試スーパーゼミ 英作文」を使いました。

塾でも、先生が抜粋してくれた問題を解いていたようですが。全部はやらない・・・と言うので、その残りの部分を自分でやっては、先生に見てもらっていたそうです。

単語の活用形などの暗記は、折々で、チャレンジの付録?の暗記ブックや、学校のワークの後半に載っている表を見ながら、していたようです。

娘の学校では、「英語の歌の歌詞の聞きとり」が定期テストに盛り込まれていて。授業で聞いた曲を、You Tubeで検索して聞いたり、歌ってみたり。そこから派生して、自分の好きなアニメの主題歌の英語バージョンを探しては、歌ったり、友達と教え合ったりしてたそうで。どこまで正確かは定かではないのですが、気分よく、英語で口ずさんでいるのも、結構、勉強になったのかな・・・と、思いました。
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示