04
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

親は心配するのが仕事?

相変わらず、いつも楽しそうな娘。今朝も、学校のそうじ時間のオバカな出来事を楽しそうにお喋りした後、出かけて行きました。「学校、楽しそうねぇ~」と言うと。「え?すごく楽しいよ~!!!」だそうで。まぁ、よろしゅうございました。ついに、マラソンの授業が始まったそうで、一昨日と昨日「30分間走」があり、久々に走ったので、今日は全身筋肉痛で、「足がヤバイ!」と言ってました。学校でも、みんな、久々の体育での身体の酷使・・・に。「みんな。おじいちゃん、おばあちゃんみたいに、アイタタタ・・・って歩いたり座ったりしてる。」んだそうな(笑)

風花舞い散る中、自転車で飛び出して行きました。

親なんて。子どもが楽しく幸せ♪にしてる事が、なんだかんだ言って、一番、幸せなんだな・・・と、思う。

だから。「受験、上手く行かなかったらどうしよう・・・」と、時折、不安になるのは。進学先がどうのこうの・・・と言うよりも。「我が子の悲しむ顔が見たくない」気もちがベースにあって。いや・・・長い?人生経験の中で、挫折や失敗は成長の糧である事を、知ってはいても。それでもなお、「子どもの希望が叶ってほしい」と思うのは。親の特権?専売特許?の感情なのかもしれないな。

さて。年明けに行われた、学校の実力テストが返ってきました。「数学が簡単すぎる!」との宣言通り、数学は満点でした(続出・・・らしい)。数学>理科>社会>英語>>国語。思わず「こくごぉ~!!!!」と、叫びたくなる点数でしたが、平均点や得点分布図を見たら、まぁ・・・いい方だったので、見る前に怒らなくて良かった(汗) もはや、自分で、不出来を分析しては勉強をしてる娘に、親の怒号は不要ですね。

つい、言いたくなる。ぐっと飲み込む。親が心配するのは、当たり前。でも、頑張るのは子ども自身。と、反芻してから息をはく。

昨年末までに、ほとんどの生徒は公立志望校を確定してますが。迷いのある子達は、このテストの結果で、最後の三者面談をして決定していくそうです。クラスで、先生に個別に呼び出しされると、周りがザワつくらしい・・・全然、関係ない用事で呼ばれてクラスに戻った時の、みんなのリアクションが不自然すぎてスゴイんだそうな・・・みんな、気をつかいあってるんだね。

各種専修の子達の受験が終わってきたので、面接の様子など、みんなで聞いているそうです。予防注射の前みたいだよね。

飛び出していく子の背中を見て、「ガンバレ!」と呟く。コレも、親業の醍醐味かな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

No title

こんにちは(*^。^*)

娘ちゃん、元気に中学生活を楽しんでおられますね。その楽しそうな姿を勝手に想像して、こちらも一緒に嬉しくなりました。我が家と一緒だなあと・・・。
うちの娘は、親から見てもいつも楽しそうですが、担任からも「いつも、楽しそうでいいですねぇ」と言われています。実際には、みんないろいろなことが起こっているのですが、それをどう受け止めるのか、どう活かしていくのか・・・、そこかなあ。
最近、うちの娘は「人生の中で、一番勉強しているかも(^^)v」なんて、能天気なことを言っています。最初に立てた計画はどこかに吹っ飛んでますが、本人なりにやっているみたいです。たんだん、親の口出しはいらなくなることを実感しています。
それでも、心配するのは「親の仕事」ですね♪♪




郁の母さん♪

娘の友達のママさんと、久々に話をして。「本当に、毎日、楽しそうだよねぇ~」「多分、いろいろあるんだろうけど、気づいてないのかもねぇ~」「でも、まぁ、本人達が幸せなら、楽しいんでしょ♪」なんて。同じ話や、同じクラスでも、受け取り方って違うので、本当の所は解らないですが・・・楽しく受け止められるのって、お得ですよね(笑)

郁ちゃんも、受験に向けて、自分のペースで頑張っているんですね。「本人なりに」が、これから、どんどんと増えて・・・本当に、「親用済み」時期・・・近づいてきたなぁ~・・・

でも、心配してます。親だもんね(笑) しょんない(笑)

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示