06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

カラフル

とりあえず。本のレビューの予約投稿は、ここまでです。連日のお付き合い、ありがとうございました。


「模試ね。また、森絵都さんの本が例文になってたよ。この前の、問題集にも、あったしね。」と、娘が言っていました。なんだか、やたらと多いんだよねぇ~。娘は、学校の朝読書の時間に、森絵都さんの「DIVE!!」を読んだそうです。「DIVE!」や「宇宙のみなしご」からの問題や。題名は解らないんですが、他にもあったそうで。娘が読むキッカケになったのも、模試の文章の続きが気になったからのようでした。全編読んでるからと言って、問題が解けたかどうか・・・は、別問題ですけどね(笑) 興味を持つのは、いいコトだ。

どんな話を書く方だろう???と思って、読んでみました。

「 カラフル 森絵都 著 文春文庫 505円+税 」

生前の罪により、輪廻のサイクルから外された「ぼく」の魂。天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを与えられた。自殺を図った少年、「真」の身体にホームステイし、自分の罪を思いださなくてはいけない。「真」としてすごすうち、ぼくは人の美点や欠点が見えてくる・・・設定が、娘の友達が書く小説に、ちょっと似ている(笑)

中学3年生の「真」。いじめられ、人間関係が上手く出来なくて、カラに閉じこもる。救いは家庭と部活だったけれど、そこでも、ガラガラと崩れ落ちるような「現実」を知り、生きている事が出来なくなる・・・そんな「真」の身体にホームステイした「ぼく」は。「他人事」として「真」の「現実」と向き合いながら。誰もが傷つき、それでも、なお、生きている・・・と言う事を、徐々に理解していきます。そして、捨てたハズの世界は、とてもカラフルな世界であると、気づきます。

なるほど。そうだよなぁ~。中3の頃の、「大人と子どもの間」の感情って。ある意味、純粋で。でも、残酷で。傷つきやすくて。でも、傷つけてしまって。勇気があるようで、ないようで。そんな混沌とした感情を、思いだしました。

揺らぎながら、成長していく。この年頃の、そんな気持ちが、よく描かれてるなぁ~と思いました。

リアル中3生は、どんな感想を持つのかな?(娘、今の所、読む気配なし・・・汗)


年末から、年明けても。中3生の「自殺か事故か?」と言う報道を、何回も聞きました。率直に。「死なないで」と、思います。そこまで追い詰められた子どもの気持ちを思うと、切なすぎます。それでも、自ら死を選んでは、ダメです。もったいないです。孤独な時ほど、苦しい時ほど、自分を大事にして欲しい・・・と、思います。

なんとか。この本の主人公みたいに、踏みとどまってほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示