11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙ヨットで太陽系を旅しよう

昨日の満月は、楽しまれた方も多かったんじゃないでしょうか。我が家は近くの公園で、家族そろって、大きな月を堪能しました。娘が、一生懸命、ケイタイやデジカメで月の写真を撮っていましたが、明るすぎる太陽みたいな写真ばかり・・・まだまだ、修行が足りませんね(笑)

週末は理数の教室に行って、ゲルマニウムラジオを作ってきたそうです。久々のハンダ付けにテンションが上がったようでしたが、久々過ぎて、ハンダを盛りすぎてしまい。あばれはっちゃく(ダンナ)と、ハンダを吸う?とかなんとか、話をしてました。ハンダってつけ直せるの???こんな話の時だけは、仲の良い親子です(笑)

さて。読書の続き。娘も電車の中で、半分程読んだ・・・と言ってました。

「 宇宙ヨットで太陽系を旅しよう 世界初! イカロスの挑戦 森治 著 岩波ジュニア新書 820円+税 」

イカロスとは、「小型ソーラー電力セイル実証機」 宇宙空間で、大きなセイルを広げて、太陽風を受けて推進力を得、宇宙を航海します。セイルには薄膜太陽電池がついていて、発電をしながら電力を得ます。まずは、その方法で運用ができるのか・・・という、工学実証機です。

・・・なんて、仕組みよりも、小学生だった娘が好きになったキッカケが、この曲⇒イカロス君の歌 イラストが可愛くて♪ JAXAの公開日に売店で聞いて以来、大好きで。今年は、ついに、イラスト作者さんにサイン貰ったという(笑)
コッチも好き⇒スペースイズマイン
イカロス専用チャンネル⇒コチラ

話を戻しまして(笑) このイカロスのプロジェクトが、どのように進んでいったか。その経過が描かれています。

興味深かったのが。ロケットの失敗が続いた当時。厳しい情勢の中で、ロケットが変更になり。既に打ち上げが決まっていた「あかつき」を搭載するのに、荷室が空きすぎて危険になってしまった。「あかつき」を万全に打ち上げる為の、ウエイト(重し)としての役割をもつ前提で、イカロスの開発が進んだ事でした。2年半という短い時間。限られた予算と、人材。あるものは全て使う。たくさんの制約がある中で、プロジェクトが進んでいく。

大変だったろうな・・・。でも、楽しそう♪ 

帆を広げる実験では、折り紙が大活躍! 実際に帆を畳むのも、大学院生さん達との人海戦術。若い力が集結して作り上げていった、その「熱さ」が。イカロス人気の源なんでしょうね♪

「一生懸命さ」とか「真面目さ」って。リアル社会ではバカにされる事も多いように思うけど。本当の「熱さ」は、人の心の奥を動かす・・・そんな力があると思います。 

後半は、著者の森さんが、宇宙への道を選んだキッカケや。JAXAでプロジェクトに関わるようになるまでの経過も書かれています。宇宙を目指す子ども達に、参考になるんじゃないだろうか。

イカロスの成功を受けて、次のプロジェクトも進んでいるんだそうです。「その先へ!」・・・歩みを止めない事。そんな強さを感じた一冊でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。