05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

たけくらべ 

午前3時。津波警報で、大音量で市の広報無線と携帯の緊急アラームが鳴り響き。めちゃくちゃドキドキして目覚めました。娘も飛び起きて来て、何事!!!と部屋から出てきました。いやはや、驚きました。
ここの所の災害続き。大きな被害が出ない事を、お祈りしています。

娘が、「教科書で一部分だけ載ってる、たけくらべを読んでみたい」と言うので、図書館で借りてきました。

言わずと知れた、樋口一葉の名作なんですが、図書館に行くと、イヤというホド、いろんな種類がありまして。図書館司書のお姉さんにチョイスして頂きました。この方は、最近、バイトに入った方みたいですが。今までの司書さんと違って、親身になって下さるので、すごく嬉しい♪です。

「 少年少女日本文学館 1 たけくらべ・山椒大夫 樋口一葉・森鷗外・小泉八雲 講談社 1400円+税 」
「 たけくらべ 愛と青春の名作集 樋口一葉 旺文社 900円+税 」

少年少女・・・の方は、円地文子さんが訳され、それにイラストや注釈がついているタイプです。自分で読んで、内容を取るには、コチラの方が読みやすいでしょうね。訳とはいえ、とても美しい文体です。注釈も解りやすいので、情景を浮かべるのに、とても良かったです。

旺文社の方は、樋口一葉さんの原文(表記のみ、一部、改めてある)に、半ページ毎に注釈説明文がついているので、語句と対応しながら読む仕様になっています。巻末に樋口一葉の生い立ちや文学歴が掲載されていました。

旺文社の方を読む!と言ってましたが。原文は、ちょっと難解な気がする。挫折しないのだろうか???

作品の、なめらかな文体と。作者の人生まで、思いを馳せてもらえると、いいんだけどなぁ~。さて、どう、読んでくるかな。

娘が読む前に、ざっと両方とも読んでみました。・・・が。いいですね。これが!!! 多分、初めて読んだのが、今の娘と同じ頃だったけど。年を重ねた分だけ、せつなくなったり、キュンキュンしました(笑)

太宰治も読んでみたいそうなんで・・・久々に、読んでみようかな。

以下、ネタバレあり。・・・って、名作なので、みんな知ってるか(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



やっぱり、オバさんなので。信如と美登利が、お互いに意識していて。意地を張って。それでも気になって・・・という、心の動きに、やられちゃいますね(笑) そして、その想いが通りすがってしまう事。そこには、もう、戻れない事に、とてもせつなくなってしまいます。

その気持ちを、その時は、まだ何か知らないけれど・・・それは「恋」・・・と言うんだろうね。

発達心理学を学んでいた時に。産まれたばかりの子どもは快と不快の気持ちだけがあり、それが、発達によって、様々な感情に分化していく・・・なんて、学びましたが。子どもから大人へと成長していく中で。「好き」と言う気持ちが、おもちゃが気に入ってる♪というレベルとは違う深みで、育つ。そんな成長が、まぶしくもあります。

もしかしたら、信如はお父さんみたいな生臭坊主?になって。吉原で花魁になってる美登利と再会する事は、あるかもしれないけど。その時に、想いが成就しても、こんな、儚い気持ちには、なれないだろうな(妄想炸裂中につき、スミマセン・・・汗)

樋口一葉も。新聞記者であり小説の指導をして貰っていた男性と。周りからの反対で交流を絶った後に、その想いが「恋」だと知った。そんな経験が、この作品を産み出した・・・と言われています。誰もが持っている、淡い想い出が、普遍であるからこそ、読み継がれる名作なんだろうなって、思いました。

いろいろ背伸びをしている娘の。その気持ちは、もはや恋だよ・・・と。後ろ姿に呟いてみる、今日この頃です。

きっかけ

たけくらべ・・・・
私が、本と手にとるきっかけは、
コミック「ガラスの仮面」でかも(苦笑)
なんとなく勉強はしたけれど
たけくらべ=樋口一葉
と、暗記風でした。
でも、コミックを読んで(しっかり描写が描かれています)
興味を持ち本を手に取った記憶が.....。

さて、娘ちゃんの反応はいかに。。。。
同じ本でも、出会った年齢やその時の気持ちによって
違ってきますものね。
そんな経験.....私にもあります。

こはるさん♪

おお!ガラスの仮面!!!懐かしい!!!

そうか。確かに、マヤちゃんは、役になりきる為に、その感情を掴むために、いろいろ努力してたから。感情移入の教科書としても、読めるかもなぁ~・・・。

今の所、娘さん。パラパラとめくって、置いてあります(汗) しっかり読んでくれるといいんだけどねぇ~。

同じ本でも、詩でも、人でも。時が経つと、また、違った出会いがありますよね。久々に、いろいろ読んでみたくなりました。

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示