08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果分析

大手進学予備校の模試の結果が返ってきました。英語>数学>社会>国語>理科の順でしたが、偏差値は理科が一番高かったです。理科、難しかったんですね。

模試や学校で受けたテストなど。いくつか出そろってきているので、答案と回答と分析データを見ながら、折々で、今後の学習について話をしています。間違いは、スッキリさせたい人なので、直しをしたり、間違えた原因を探っていきます。今回の模試では、テスト復習用に類問の冊子が頂けたので、解いてみるみたいです。

少し難易度が上がると、落ち込んでしまのが、やっぱり、国語。これは、本人も自覚していて、「とりあえず、問題集を解いてみて、自分で解くカギを見つけたい」のだそうです。昨年、夏期講習を受けた塾で使っていた最高水準問題集が欲しい!と言うので、買ってきました。まずは、標準レベルからです。

今回、点数が取れなかった理科は、理解していないというよりも、問題の書き方によって、答えが違ってくるのですが。思い込みで問題文を理解せずに誤答になるパターンが多かったので。これも、演習で、「問題の表現」に慣れる必要がありそうです。・・・これも国語に難ありか・・・今回、初めて、市販の理科の問題集を、自分で選んで買ってました。

・・・深読みし過ぎて間違える事もあります・・・得意すぎるために、雑学が足を引っ張る事もあり・・・「この選択肢の中だと、消去法でコレが答えにはなるが、厳密に言うと、コレも間違っている」とか。「選択肢を二つまで絞り込んだけど、現象としては同じなので、どちらを選んでも同じハズなんだけど、何故、こっちが答えになるのか?」等のウンチク?こだわり?が始まると、もう、収拾がつきません(涙) 

市販の問題集の細かな解らない所は、学校の先生に聞きに行くそうです。

いろいろ、時折、悶絶してますが。模試を受けて、自分が感じた足りない所を埋めていく・・・という学習方法は、娘には、取り組みやすいみたいでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




夏期講習を受けたA塾の模試。今回、初めて受けたB塾の模試。県の中堅・個人塾が多く採用しているCの模試。結果を見比べてみると、なかなか、面白いです。

マークシートや記述式、試験時間(30分・40分・45分)と、違いがあって。一概に比較は出来ませんが、模試によってデータの出方も違いますし、問題の傾向も違います。

実は、B塾の模試を受けた理由の一つに。娘が学校で、「AやCの模試なんて、簡単過ぎてダメだ!B塾が一番、難しいんだ!」と聞いて来て。「そんなに難しいんだったら、受けてみたい。」と、言い出したんですが・・・。単純に比較は出来ないだろうけど、そんなに難易度に差はなさそうでした。むしろ、数・英はA塾の方が難しかった・・・そうな。

A塾の場合は、数学や英語は、正答率が2%程度の問題があり、満点を取るのは難しい。B塾の場合は、正答率が20%程度の問題がいくつかある・・・がスゴイ難問はない。Cは問題解析のデータがないので解らないのですが、総合的な問題が多いので、応用力や発想力が問われているのかな???という感じでした。

模試の受検者数は、AとBが3000人程度。Cが9000人。ちなみに、娘達の学年の人口は、県で3万人程度です。

志望校の合否判断も様々で。AとCは、内申点と得点の総合判断。Bは模試点数のみの判断です。AとCは志望校別希望者数と順位が出るので、受験希望者の中での立ち位置が推測できるのですが、Bはそのデータがないので、合否判断は、あまりよく解りませんでした。B塾だと、得点のみで合否判断、99・9%・・・そんな数字が出ちゃうのも、なんだか逆に怖いかも・・・。

志望校別の成績者分析は。Aは教科毎順位と、内申点順位・得点順位・総合順位・予想される合格順位が出ます。Cは、同じく、教科毎順位・内申点順位・得点順位・総合順位が出ています。志望校別に無記名で他の受験者の得点だけが記載された冊子があり、その点数分布を参考にできるようになっています。Bは志望校別順位は出ず、実名で、模試を受けた上位の成績の子達の一覧が冊子で公開されていました。お友達の点数が解るのって、なんだか「へぇ~」って感じで、見ちゃうよね(汗)

娘とは。やっぱり、模試の結果は「数字」じゃないね。点数や偏差値や順位も、目安にはなるだろうけど。それよりも、自分が、その問題を「理解しているか」「解けるか」「不足している所は何か」に、着目していった方がいいね・・・と、再確認しました。

その後の勉強に、活かしてこその、模試だよなぁ~・・・。

No title

久々のコメントです。いつも読み逃げばかりでごめんなさいm(__)m

模試のお話は『本当に納得♪』って感じです(^^)

公立向けの模試は、やっぱり内申も考慮してくれて、
母集団の数が多い(県内限定の)大規模模試が一番信頼できそうだよね(^^)b

逆に、国私立向けの模試の場合は、出題傾向や問題の難易度が自分の志望校に近いものかどうかがポイントで、
そういう意味では冠模試が一番良さそうだけど、
関東でも冠模試があるのって、ごく一部の難関校だけだから、
困っちゃうよね~(-。-;)

受験が近づいてくると、どうしても相対的な立ち位置確認のために、模試の成績を使っちゃうけど、
なんちゃってさんの仰るとおり、摸試も色々だから、
弱点確認という本来の目的をメインに考えなきゃ・・・ですね(^^*)b

なるほど~~~

我が家もいろんな模試を受けてほしいんだけど・・・・
我が家も結果や偏差値はあまり気にしていません。
それよりも前回は全部解けた分野で間違えているとか
そう言う所を注目してみています。

塾に無縁で来てしまって・・・・本当にどうするのって思うけど
ようやく塾主宰の学校説明会に行く事に本人も納得しましたよ。
本当に遅いわ~~~それでも今は合唱祭のことしか
考えていませんよ~~これじゃ10月まで部活がある文化部の子と
同じだわね・・・・いや・・・・テニスはまだ続けるらしくそれ以上か。

でも娘ちゃんのかるたのように、長女にとってはテニスは
息抜きですからね。

我が家も弱点つぶす方法で頑張ります。

マミマミさん♪

ひよこちゃん。夏休み、頑張ってましたねぇ~。支えられる御両親も、スゴイなぁ~って思います♪ 

ウチみたいに、複数の模試を渡り歩く人は、少数派だと思うんですけど(汗) いろいろ比較できて、面白いですね。

いろいろ数字にとらわれますが。結局は、受検本番までに、いろんな問題を解ける力をつけていくしか、ないですよねぇ~・・・。

コチラでは12月の県下一斉テストが終わってからが、本格的な入試対策になります。模試も、そこからが本当の意味の点数になってくるので。まずは、基礎固めを頑張ってほしいです♪

でんでんさん♪

そうか。前回解けて、今回解けなかった所とかも、見た方がいいですね。気にしてなかったなぁ~・・・ありがとうございます♪

塾はね・・・勉強の仕方は、人それぞれなので、向く子も向かない子もいると思うよ。娘は集団講義は、ダメだった。

今回の大手進学塾の模試でも、会場で、その前のテスト成績が塾生が振るわなかったらしく、説教?時間があってね。娘は関係ないけど、一緒に聞かされたらしく。

「頑張って勉強しても成績が上がらなかった子の場合、塾の先生が叱咤激励してたけど、教え方とかにも問題あるんじゃないかな? お金とって教えてるのに、成果が出ないのが子どものせいだけになってるのって、どうかと思うけど。みんな、反論しないのがスゴイよねぇ~」・・・なんて、言ってました。まぁ、部外者なので、内情は解りませんけどねぇ~(汗)

楽しみと受検勉強と。バランスとって、頑張ってほしいですネ♪

中学理科のウソ

あれは確か中学の時、
「君たちが今学んでいる理科はウソです」
と理科の先生に言われ、みんなでブーイングした記憶があります。
正確には、
「分かりやすくするために本当でないコトバ(内容や図式)を使いますが、まずはそれで理解しましょう。」
ということだったと思います。

実験や研究を通して、中学理科を超えた知識をたくさん持っている娘ちゃんは、そういった意味で納得いかない答えもあるのかな~
すごいことだよね!
高校受験ではここまで、と割り切った答えを覚えちゃうしかない?
いや、そこが納得いかない? 笑
高校での理科各分野の勉強が楽しみですね♪

にゃごままさん♪

理科は好きなだけで3年間過ごしてしまったので。今になって、勉強の仕方や問題に慣れていない・・・と、気づいたらしいです。

生物や地学などは、「その他」とかでザックリ括られていたり、主要な事しか習わないので、そこで「ウンチクスイッチ」が入ると、大変、周囲がメンドウな事になります。私が答えられればいいんですが、簡単に論破される今日この頃です(遠い目)

受験用の勉強をしないとダメだなぁ~・・・と、納得はしてるみたいで。問題集、頑張ってました。

高校の理科は、楽しみみたいです。意外に、最近、生物にも興味が出てきたらしいです。

時には

すごくいいことなんだけど
時に、知識が答えをまどわせてしまうこともあるんですね(苦笑)
受験用の力っていうのも、ちょっと変だけれども
理科大すきな娘ちゃんの気持ちは、これからも
大切にしていきたいですよね。
その、深く追求すること、追い求める事って本当にすごいし
難しいこと......。
まあ、そうも言っていられない受験生なのかもしれません(涙)

こちらの県でも、理科は難しくなっています。
社会もかな........。今年の入試は「理科変革」って感じのテストで
過去問とかけ離れていたとか......。広くまんべんなく覚える
必要を感じます。いくつかの単元をつなげて考えることも必要かも。

小6あすかが、円の面積を求める公式は???と
クラスでひも解いていました。
円を36等分にして張り合わせて...ってやつ(笑)
それで、平行四辺形になるから.....。
底辺×高さ=円周の半分×半径=直径×3,14÷2×半径
直径÷2×3,14×半径=半径×半径×3,14
って。ただ、公式を覚えて計算するだけでなく
「なぜそうなるのか?」を説明できる力も求められているようですね。

考える事、悩むことがいっぱいだけれども
その子なりの個性を生かした学習法があるはず。
パワーアップに向けてお互いファイトですね(0'v'0)♪

こはるさん♪

受験用の勉強って、必要だ・・・と。大手塾の模試を受け出してから、思ったみたいです。同じような問題でも、言葉尻が違う・・・とかは、知識とは違う、技術が必要になりますね。

探究は研究だけに任せて。今は教科書・ワーク・問題集です。

時折、ブツブツ言ったり、吠えながら? 特訓はしている模様です。くわばら、くわばら・・・。

あすかちゃん達の頃になると、センター試験も変わるし。思考力や論じる力などが求められそうですね。どんどん、変わっていきますね。

パワーアップ。してくれるコトを、信じて祈るかね(笑)


Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。