10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の自由研究にどうでしょう?

娘ガ、ヒラヒラと、一枚の紙を持ちながら、「お母さんの好きそうなイベントがあるよ~」と、持ってきました。その紙が、コチラ⇒プランクトン観察会のお知らせ

「おお!メインにクマムシ君のイラストとは!!! で、申し込む?」って聞いたら。
「え?私、興味ないし。お母さんだけ、行ってくればいいじゃん。」

・・・コレ、親子参加なんですけど・・・行く気は、サラサラないのね・・・あぁ・・・もう一人、小学生の子どもが欲しかった(笑)

夏休みの色々なイベントは、「小学生」だと、「親子」で楽しめるモノが多いのですが。中学生以上になると、親の出番は、なくなります(涙) 小学生の子どもさんがいる御家庭では、是非とも、小学生と小学生の親ライフを、この夏、満喫して頂きたいです。羨ましい!!!(笑)

さて。もう一つ。子どもで「虫好き♪」さん。「植物好き♪」さん。が、いましたら、是非とも、挑戦して頂きたい、自由研究があります。⇒入賞作品が見られます⇒全国子ども科学映像祭

とかく、自由研究と言うと。「夏の厄介」と捉えられたり。「子どもにさせなきゃいけないもの」だったり。で、入賞したりなんかすると「親が協力してるんでしょ!」なんて、言われちゃうこともあったんですけど。コレは、「親参加可!先生参加可!」をうたっているので、大いに、楽しめそうですね。

デジタルカメラを使って、時間で撮影し。その写真を時系列で並べて説明をつけるだけでも、一つの作品になっていきます。もちろん、動画で記録していっても、いいですし。その辺りの編集や操作は、「親の出番」と割り切る事も出来るので。「させなくちゃ!」の呪縛から逃れられるように思うんだけど・・・どうかな?

「夏の思い出の作品作り」としても、いい方法だなぁ~って、思います。 何よりも、親子で何かを出来る時間って、思っているより、ウンっと短い。親にとっての、宝物の時間になるんじゃないかな。

私的には、壁を登ろうとしている中学生が、すごくツボです。大好き♪ この、メンツに加わりたい位です(笑) でも。「不思議に思う。手順や方法を調べる。実践してみる。失敗する。また、考えてみる。」 そんな「探究活動」ができるのは、夏休みならではだろうなって、思います。そんな考え方は、これから先の、「生きていく力」になるんじゃ、なかろうか。

オススメです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

No title

娘ちゃん、15才の誕生日おめでとう〜♪
キラキラおメメのかわいい写真撮れたかな? 笑

自由研究の話題、いつもありがとうございます。
ターゲットが次々目移りしてしまう末っ子、まずはテーマ決めです。

そして、なんちゃってさんの熱くなる夏休みがやってきますね〜(^^)
オトナの自由研究ってあったらいいのにね!

にゃごままさん♪

ありがと~♪ 手足の異常に長い写真とか。キラキラおめめでアゴがスッキリ!の写真は、可愛いけど笑っちゃうよね。お絵かきが楽しかったみたいでした。

せっかくの夏休みだから。親子で楽しめるといいよね。結局、振り返ってみると。受賞とか何よりも。親子で盛り上がれたのが、楽しかったんだなぁ~って思うので。オススメしちゃってます。

サイエンス系はダメダメなので。仕事の方で、研究?というか、探究活動、頑張ります♪

No title

 オトナの自由研究、あるところにはありますよ。
 日本生態学会で会った、本職として水生植物の研究をされていた、大学で特別講義を聞いたこともある女性研究者さんは、読む能力のある方と江戸時代の風土記の解析を趣味で行っておられました。その当時~明治初期、何が食べられていたか、暮らしはどうだったか・・・などを挿絵と読んでもらった本文から組み上げるグループワークをされています。この件に関しては同学会のシンポジウムで発表されていました。「仕事じゃないからすごく楽しい」と言っておられました。
 見れなかったらムダ金でしょ、と世知辛い現在、皆既日食関連の研究は、プロがアマチュアからデータを得ていたりします。太陽の至近部におけるコロナ部分での大質量放出(Colonal Mass Ejection)の移動速度を算出した論文の元データはアマチュアのデジタル画像から得られたものです。また、日本で前回見られた金環食を利用して太陽の正確な直径(意外と変わるものなのだそうです)を求めたのもアマチュアのデータです。

 批判されたり反対意見が出ることを極端に嫌うお花畑系大学教授は未だ居るかも知れませんが、20年ほど前なら自由度が非常に高く何でもできたらしい大学の先生の研究も今はそうもいかない・・・と現実をちゃんととらえているのが今時の教授。国際基準に従うなら、教育研究一筋ではなく、マルチタレントに意外な顔を持つことが必要になてきているのかもしれません。イタリアにはオペラを歌っていたとか、ペンションのオーナーとか、関係ないことで糊口してこられた方も居られます。

M氏さん♪

オトナの自由研究・・・興味のある事を、トコトン!って、楽しそうですね♪ 

M氏さん達のような研究者気質の方達は、本当に、一つの事に対しての探究心がスゴイので。他の分野に興味を持った時の推進力もスゴイですね。「一芸に秀でる人は、多才」という言葉?が浮かびます。

私は、飽き性なので。サイエンス系は、ひろ~く、ゆる~く、自己完結できる所までで。なかなか、深くまでは掘り下げるまで、行かないんですよね。でも、娘を見てて。「一つの事を掘り下げるって、こういう風な見方をして、やってくんだなぁ~」って。少しだけ、解ってきたので。わりと、経験だけでやり過ごしてしまっている仕事の方を。少し、整理しつつ、深めて行けたらなぁ~なんて。手法をマネしてます。

仕事じゃないから、すっごく楽しい♪は、なんとなく、解る気がします。私も解らないなりに。サイエンス系のお話は、すっごく楽しい♪ です。

天文学の世界は、プロもアマチュアも、同じ土俵で協力し合える世界なので。楽しそうですね♪ 

それにしても。研究者とは言え、いろんな方面で糊口を得たり。分野を広げたり・・・と。本当に、多様なんですね。

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。