07
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎの卵への愛♪

夏休みに東京・神奈川の科学館めぐりをしたのだけど。
その時に、東京大学にウナギの卵の展示がある・・・と知り。「行こうよ!」と提案したのだけれど。
生き物には、あまり興味のないあばれはっちゃく(ダンナ)と娘に、あっさりと「却下」されてしまいました。

私が、「ウナギの生態」について、そこはかとない興味を抱いたのは4年前。
「アフリカにょろり旅 青山潤 講談社」を読んだのがキッカケでした。過去ブログ記事はコチラ

若かかりし頃。後輩がウナギ屋の娘で。
「浜名湖のウナギと、吉田のウナギは、どっちが美味しいのか?」という議論?で盛り上がった女子高時代(汗)
まぁ。だからと言って、食べ比べるホドの経済力もなく。
静岡県民ならではの話題(ホントか?)で、クダクダと話をして笑ってました。
(同様に、長野のりんごと青森のりんごは、どっちが美味しいか・・・ってのもあったな)

それ以降。さほど「ウナギ」に恋い焦がれる事はなく、土用の丑の日くらいしか、ウナギの事は思いださなかったんですが。
この本を読んで。ウナギにかける、東大の青山さんの情熱?と、その体験に打たれ。
何よりも。「ウナギは新月に、マラリア海峡で産卵する」という仮説の元に、調査が行われている事を知り。
ウナギが「回遊魚」だったり。そんなに「謎」が多い生物だったなんて・・・と、目からウロコ。

「うな重に。肝吸いと、デザートはメロンだね。」と。軽々しく扱っててごめんなさい・・・という気分になりました。

うなぎ談義といえば、背開きか腹開きか、蒸すのか蒸さないのか?ぐらいしか思い浮かばなかったしね。
岐阜の可児市に、美味しい鰻屋さんがあったなぁ~とか。

それから4年。調査隊の様子が、時折、新聞に載る度に注目しておりましたが。
とある日の事。地元のラジオで。静岡在住の作家さんが、このウナギの調査隊に同行した時の本が出ていると聞き。
若干、興奮しつつ、読んだのが、「 うなぎ丸の航海 阿井渉介 講談社文庫 648円 」です。

阿井さんは「特捜最前線」のシナリオライターさんで。SF作家さんでもあります。
その阿井さんが。焼津の小川漁港近くの酒屋で、「外洋航海する船に乗りたいな」と切望した所から、お話が始まります。
この、小川漁港の食堂には、ディスカバリーパーク焼津に出入りする時に、立ち寄ったりするので。
もう、親近感、満載です。

阿井さんは、ウナギの専門家ではありませんが。幼い頃、昆虫大好き少年だったようで。その、好奇心と外洋への憧れの赴くまま。
初めて、飛び乗ったのが、「ウナギの調査船」だった・・・というのです。

初めは、専門用語もわからず、場違い感に苦労しますが。もちまえの好奇心で、どんどん学び。
そして何より、海洋生物にかける研究者への熱い想いが、フツフツと沸き上がり。
専門的な研究の様子が。私みたいなシロウトには、よく理解でき。
ウナギの調査船での様子が、本当に見えるみたいでした。
若干、文章に親父ギャグ?が混じってますけどね(笑)

ウナギの本は、この2冊だけで。浜名湖周辺の養鰻池を、遠くから眺めるくらいの、ウナギとのお付き合いですが・・・あ、たまには食べたりもしましたけど・・・

思い入れがあって、注目していただけに、「ウナギの卵、発見!!!」のニュースには、本当に、興奮してしまいました。

・・・家族・周囲、ドン引きでしたが・・・笑

もっとも。私の場合は。
ウナギそのものの生態に関心が高いワケでなく。塚本教授はじめとする、研究者さん達の熱意を。ドラマみたいに感情移入しちゃっているのですけどね。

成熟したウナギが。
何故、数千キロも離れた海まで旅をして、産卵するんでしょうねぇ。 漂うだけのレプトセファルスが、複雑な海流を乗りついで、日本の川にやってこれるのも、とても不思議。

こっそりと。今後の研究成果に期待しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

うちは大騒ぎよ

ウナギの卵の件では
生物一家の我が家では大騒ぎでした。
なんちゃってさん、こっちにいらっしゃいな。

読書家なのですね。
見習わないと・・・。

読んだ本で、それまで全く興味がなかったことにも
突然興味がわいたりしますね。
そういうのが報道されたりすると興奮する、
わかりますよ。

家族でTVを見ながら生物関係のマニアックなことに
家族全員が興奮し、ふと冷静に
「ここまで、盛り上がってるの我が家だけ?」
となることがあります。

それはそれで、楽しいひとときです。

いいなぁ~♪

木好きさん。
いいなぁ~♪ 生物ネタで盛りあがれて。楽しそう♪ うわぁ~。混ぜて欲しい(切望!!!)

娘が産まれた時。色白の大人しいお人形のような女の子を期待していたら。真逆の猛々しい女の子で(汗)。それなら「虫好きな、野性児」を目指そうと畑とかで虫取りしてきたけど、逆にキライになったみたいで(涙)

ウチは、家族で盛りあがれるのは「はやぶさ」「ISS」ネタですね。これは、興奮します(笑)
あと、ロボットですかね。でも、そっちは私がついていけず。高校ロボコンとかを食い入るように見つめ、あーだこーだ言い合っているダンナと娘を、眺めてます。

今。娘が、ちょっと気に入っているダンシが、アリの研究をしている子なので。ムコに期待したいです(笑)

海洋生物のナゾって、なんだか、ワクワクしちゃいますね♪ また、興奮したら(笑)アップしますね。

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。