05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

TEDトーク 世界最高のプレゼン術

少し前の事だけど。娘が国語の先生から、あるコンクールに出す作文を書くように依頼されました。どうやら、「今までの研究などの経験から学んだ事を、みんなに伝える文章」を、書くように言われたそうです。参考に渡された過去の入賞作品を見てみると、思わず、涙してしまうような素晴らしい文章でした。

「う~ん。経過や感想は書けるけど。入賞作品みたいに、すごく苦労とか辛い思いって、研究でした事ないし。むしろ、楽しいばっかりだし・・・。そもそも、自分の好きなコトをやってるだけで、学んだ事とか、みんなに伝えたいコトって・・・う~ん・・・何を書いていいのか、わかんない。」

悩みに悩んでいましたが。最後まで定まらずに、とりあえず、字数を揃えた、「コレでいいのだろうか???」という文章しか、書けなかったみたいです。その後、特に、何のお知らせもない所を見ると、先生の御期待には、応えられなかったかな(笑)

そんなある日? 図書館で、こんな本を見つけました。娘に見せてみたら。「ああ、コレを先に読んでいたら。自分の経験の中で、伝えられる事もあったし。何を、どう書いて行ったらいいか、整理できたかもなぁ~。」なんて、言ってました。

「 TEDトーク 世界最高のプレゼン術 ジェレミー・ドノバン 著 中西真雄美 訳 新潮社 1200円+税 」

TEDを見た事、ありますか? TEDとは、テクノロジー・エンターティメント・デザインの3つの分野から感動や衝撃をもたらすアイディアを紹介し、広めていくことを目的とした非営利組織だそうです。事業はいろいろあるそうですが、プレゼンテーションをインターネットで無料配信しています。情熱的で。新しい知識や、体験を。豊かな表現力で発表しています。つい、引きこまれて、見入ってしまいます。「言葉」の持つ力って、すごいなぁ~って。

過去ログでも紹介しましたが。植松電機の植松努さんのお話は。ちょっと凹んだ時には、勇気を貰います。オススメです。

この本には、TEDで優れたスピーチをした方々を参考に。どう、話を構成していったのか。どう、伝えて行ったのか。という事が、描かれています。

まず。伝えたい事を、明確にしていく。相手に伝えやすい言葉やメッセージにしていく。実際に、ステージに立って、どう立ち振る舞えば、より、伝わるのか。ただ、得意な素晴らしい人が、ステージに立ったから、素晴らしい話ができるのではなく。ちゃんと、準備して。伝えるべき言葉を考えて。そして、あの、素晴らしい話になるんだなぁ~。当たり前の事かもしれないけど。やっぱり、心を打つスピーチの前には、ちゃんと、練習も必要なんだなって思いました。

TED。面白いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




科学館で、12歳の少年のTEDでのプレゼンテーションを教えてもらったそうです。字幕なしの英語スピーチ。娘さん、彼のTEDを観つつ。「う~ん。やっぱり、全部は聞きとれない。」と言ってました。「また、テストが終わったら、ゆっくり聞いて、訳してみようかな。ジョークのトコは、解るんだけどねぇ~」だそうな。

最近。英語の長文とか、「コレ、面白いよ。読んでみて♪」と。英検2級の読解問題の「宇宙のお話」を、持って来たり。TED見つつ。「解る?」と。ビミョーに英語力にプレッシャーをかけられる日々・・・嫌がらせかぃ!!!

日本字幕のある映像も。日本での映像もありますが。活きた英語の勉強?としても、使えそうですね。

No title

次々と色んな情報が出てくるなんちゃってさんのポケットはドラ〇もんみたいですね!
TED、初めて見る人におすすめの10本の中から、「音楽と情熱」をチョイス⇒いきなり心をつかまれました(≧∇≦*)
聞く人自身に気づかせる、そんな技ありのプレゼンで、もっと見たくなりました。
本も機会あれば読んでみたいな~



にゃごままさん♪

体型だけなら、ドラ〇もん(笑)

TED。自分の興味のある分野の話だと、ますます面白いですね。ホントに、「技あり!」ですよね。

本は、ハウツウの要素あり。娘が読みながら、「こんな風に、出来たらいいだろうけど。思ってたって、なかなかできないよね。むっちゃ、難しい~!」って言ってました。話題の設定の仕方とか、面白かったですよ。

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示