04
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

テスト分析。

以前受けた模試の、結果分析のお話を聞きに、娘と行ってきました。

通信教育以外の全国模試を受けたのは、初めてだったので、塾の勧誘メインかな?・・・と、思いつつ、出かけた所、みっちり1時間。テストについての分析や、これからの勉強方法についてや、近隣の高校・大学受験について。いろいろと教えて頂きました。

一番の感想・・・先生、よく喋るなぁ・・・(汗) 1時間。マシンガントーク(笑)

でも。さすがに、大手ですね。データ分析の細かいコト! そして、日頃、「多分、ソコ、弱いんじゃない?」の単元が。クッキリはっきり表れてる結果になってました。

やっぱり。模試って、受ける事も大事だし。見直す事は、もっと大事なんだと解りました。

細々は、続くへ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




英語についてのアドバイスは、英検準2級を持っている事もあり。このまま、継続して2級にもトライしていって下さい・・・との事。

今回は、2問ある長文読解のうち。一問は正答率が高いので。時間がなくて、手つかずだった最後の問題に、再挑戦するように言われました。

・長文読解のスピードを上げる事・・・演習しかないですね。

国語が思ったよりも出来ていて。難問にも正解してるのに。簡単な漢字や文法のミスから、語彙不足についての指摘がありました。

・漢字の練習をする
・解らない語彙は、紙の国語辞典を引いて、印をつけながら覚えていく(電子辞書は、中学生の間は、使わない方がいいです。紙で引く苦労がある方が覚えます・・・との事でした)

古典に関しては。高校受験では難解な文法や読解がでる事はないので。

・苦手意識を持たない
・小作品でいいので、原文の話を読んでみる
・古典は主語が省略されているので、主語を想定できる言葉などは印をつけながら、全体を把握していく
・問題前についている簡略の部分は、注意して読み取る

数学は、娘は分かる問題しか解かなかったので。習っていなくても、今までの学習と応用力があれば解けた問題・・・を教えて頂き、解説してくれました。

静岡の高校入試の数学は、今まで習った単元の知識を複合して解く問題が、大問で3問出るのだそうで。中2時点で解ける問題は基礎問題と関数ぐらい・・・との事。中3までの学習内容が完璧に解っていても、テストとして解こうと思うと、それ以上の応用力がいるんだそうです。3年次後半は、「受験用の問題」に取り組む必要があるのだそうです。

こちらも。問題用紙に、図を描いたり、思考した経過をメモするように言われました。

社会は習った所まで。理科は中2で履修が終わる気象などの地学分野は、もう、受験用の問題を解いていける。国語もチャレンジできますよ・・・という事でした。・・・問題に特徴がある数学以外は、少しずつ、進める事が出来そうです。

高校受験をするにあたっては。上位高は当日勝負と言われるけど。内申の影響力も強いです・・・との事でした。

近隣の高校と大学受験について、いろいろ、聞いて来ました。今の所、志望校は二つあるのですが。「どちらに行っても、進学率は変わらない。本人次第」 「高校受験は、大学受験のワンステップに過ぎない。ただ、学ぶ環境は大事なので、大学進学するのなら、周りの意識が高い学校の方がいい。」

そして。娘の内申点と通常のテストの点を聞くと。

「今、大変でしょ。周りに自分より、頭のいい人がいる所に居る方が、楽になるし、楽しいんじゃないかな?」と聞かれると。
ウンウンと頷いて、「すごく楽しい」と答えてました。娘のリアクションの大きさに、ちょっとビックリ。

と言うのも。先日。「テスト勉強とか、言われなくても、せっせと勉強してるの、エライね。なんで、勉強するの?」って聞いてみたら。(自分から勉強はしてるが、時間は短いんだけどね・・・汗)

速攻で。「(成績を)落としたくないから」と。

「研究は楽しくて、考える事は楽しい。でも、テスト勉強を頑張るのは、負けたくないからで、楽しくはない。」

本人なりに、「できる子イメージ」のプレッシャーを感じながら、日々を過ごしてるんだな。そりゃ、ストレスフルだよな・・・と思いました。精一杯なんだろうなぁ~・・・。

そうは言っても。英語が解らなければ、研究で必要な英語の文献は読めないし。語彙がなかったら、ピシっと思った事を伝えられる文は書けないし。計算能力や応用能力がなければ、分析は曖昧になるし。幅広い知識がないと、発想は小さくなってしまう。一般教養と言うのは、土台の部分なので、その力が大事とは、本人なりに理解はしてるみたいですけど。

なかなかね。

充分、プレッシャーを感じてるみたいなんで。親として、これ以上、期待やプレッシャーを押し付けないように。もう数メートルくらい下がって見とこう・・・と。思いました。

No title

こんにちは!
勧誘のトークなく、色んな話をしてくれて良心的な塾ですねー
個別にそこまで細かく分析してくれて、すごいです。

古典の勉強法、模索中だったので参考になります!
私自身が早くに苦手意識をもってしまっていたので、気をつけねば。
短めの作品選んで、慣れていくようにしてみようかな。

娘ちゃん、色んな思いから勉強頑張っているんですね。
にゃごにも同じような思い、、、あるな~

私も上手に見守らなくちゃですね。

No title

模試の結果をもとに、すごく詳しく学習アドバイスしてもらえたんだね♪
にゃごままさんも仰ってるけど(↑)、良心的な塾&先生な気がしました(^^)

どの科目の勉強法もフムフムと読ませて頂いてたんだけど、
静岡県の数学の入試問題はかなり手ごわそうですね(@_@;)
私達の県でも、PISA型とか言われる思考型の問題が出るから、
数学得意な子でも高得点は難しいんだけど、
複合問題の多いなんちゃってさんの県も大変そうだよね~(^。^;)
お互い、頑張ろうねo(^-^)o

それと。。。娘ちゃんの「できる子イメージ」のプレッシャーは
すごく分かる気がしました(^^*)
ひよこの場合も変に『優等生』じゃなきゃいけないと思ってるトコがあるから。。。
高校へ進学したら、少しそういうプレッシャーから解放されるのかもしれないですよね(^^)

No title

こんにちは(*^。^*)

高校入試を視野に入れた具体的な対策に入る時期なのですね。
「入試」には、どうしてもテクニックが必要になる部分(学問の本質
的な部分ではなく)も多いような気がします。
その面では、塾のアドバイスはありがたいですね。

うちの郁は、小学生の時に「優等生」をやっていたことがあります。
学校では、「優等生」を演じ、競い合える友だちも数は限られてい
ました。だから、競い合える環境を求めて今の学校に・・・。
周りに自分より、頭のいい人がいる所に居る方が、楽になるし、
楽しいのは確かなようです。が、郁にとっては、今の環境は、
ちょっと周りが賢すぎような気もしますが・・・(T_T)
でも、やはり周りの環境って重要だなあと思います。




にゃごままさん♪

最後の最後まで、まったく勧誘されなかったので、ビックリ・・・と思ったら、メールは度々来るようになりました(汗) でも、熱心なのと、情報量がたくさんあるのが、よく解りました。さすが、大手!でした。

古典は、娘は競技かるたをするので、嫌いではないみたいですが。習ったコトのない文章を、簡単な注釈だけで読み取るには、まだまだ難しそうです。って、現代文の語彙も定かでないのに・・・(涙)

出題数は少ないけど、漢字と同じ位、点は取りやすいのだそうな。中学レベルは、やればできる・・・みたいです。

娘は、昔から、相当なマイペースな人なんですが。周りを結構、気にしてるんだ・・・と。ちょっと驚きました。

見守る・・・とか言いつつ、問題集とか、そっと机に置いちゃうんだけどね(笑)

マミマミさん♪

なんだか、熱く語って頂いた1時間でした。先生に質問して、その先生が解らないと他の先生を呼んできて・・・って、感じだったので。あ!っという間の1時間でした。

娘が、「数学、どんな問題なんだろうね」と言ってたので。過去問でも買ってみようかなって思います。解けなくても、見ておくだけでも、感じが掴めるかな・・・と。

娘の場合。数学の天才クンのマネをして、自分の点数を聞かれたら公開する時もあるようで(ホントに、アホだと思います)。自業自得の感も否めないんですけどね(汗)

いろんな想いを、糧にしてってくれるといいんだけどねぇ~・・・。

郁の母さん♪

受験はテクニック・・・と思うと。やはり大手は「解き方」のノウハウも持っているので、強いですね。数学を2問くらい、教えて頂いたんですが。二言三言で、「あ!」っと、気づくようなポイントがありました。
さすがだなぁ~って、思いましたよ。

大学受験の時は、高校の様子にもよるけど。やっぱり、大手に行った方がいいかなぁ~と思いました。

郁ちゃんも、小学校の時は、大変だったんですね。今は、のびのび♪ですね。

競い合う友達という意識は、まだないみたいで。ひたすら、落ちたくないようです。よいプレッシャーにしてってくれるといいんですけどね。


Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示