07
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書メモ

仕事にも慣れ。ようやく読書を再開?できているのですが。レビューを書く時間が取れないまま、返却期限になりました(汗) いろいろ書きたい事はあるのですが、今回は読書メモです。

娘の学校では、朝読書があるのですが。オススメ本として学校からのプリントで紹介されたので、唯一、購入したのが。

「 弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー 髙橋秀実 新潮文庫 490円+税 」

嵐の二宮君が主演の連続ドラマの元本ですね。ドラマは見ていないんですが、多分、ドラマのストーリーとは違うんだろうな。娘が読むと思って買ってきたのですが、友達から借りた本を読みたいそうで、まだ、放置中(涙)
私としては。野球の技術的な事や、高校球児の事は、よく解らないのですが。「限られた短い練習時間で勝つ」事を目的とした時の、練習や意識に対する発想や。開成に受かるような賢い子達の、インタビューでの論理展開?が、面白かったです。彼らが自分の事を分析する時に、言葉一つに拘り説明する姿が・・・賢い子あるある・・・で、クスっと笑ってしまいました。野球に詳しい人が読んだら、また、違った感想なのかなぁ~。

高校受験国語で、よく出題される作者の一人、森博嗣さんの本。どんな文章を書く人なのかなぁ~と思って借りてきたのが。
「 科学的とは どういう意味か 森博嗣 著 幻冬舎新書 760円+税 」

「数学がキライだから、文系」と言い、「理系のヒトって、ヘンだよね」と言っている人に対して、「考える事を諦めるな! 科学的に物事を捉えてみないと損するぞ!」というベースで、お話が進んでいます。
まぁ・・・。本来は、「文系」とか「理系」って、ハッキリ分けられるワケではないし。高校生の時の文理選択の後遺症的なカテゴリ分けであって。理系で文章力の素晴らしい人はたくさんいるし。言葉に拘る文学者の探求心は、理系の方と違う事はないですからねぇ~。自称文系のヒトへの警鐘として、とても勉強になりました。

「 舟を編む 三浦しおん 著 光文社 1500円+税 」

言わずとしれたベストセラーですね♪ やっと読めました。辞書を編纂する事に、世代を超えて取り組んでいる人たちの、静かに熱い物語です。最後は、思わず泣きました。私は飽き性なので(汗) 一つの事に執着し、とことん探求している人を見ると、無条件で尊敬してしまいます。良かったです♪

「 40 翼ふたたび 石田衣良 著 講談社 1500円+税 」

40歳になる主人公。仕事にも日常にも退屈してきて、新しく刺激を求めて転職するも失敗し。路頭に迷う事に。そこで、友人の会社に間借りして、何でも屋?のような仕事を始めます。様々な生き方をしている人と、知り合う中で。また前を向いて「生きる」40歳の物語です。イギリスでも、「40歳からは第2の人生」と言われているそうで。ある程度、経験を積み。己のできる事、出来ない事も解り。体力的・身体的には下り坂に入り始める年代の。ターニングポイントとしての40歳が、石田さんの軽快な文章で描かれています。グングンと読んじゃいました。最後に、青空を見上げたくなるような。そんな印象でした。40歳のヒトにオススメです♪

「 工学部 ヒラノ教授 今野浩 著 新潮社 1500円+税 」

工学部と理学部の違いも、イマイチな私(汗) なんだか、娘を見ていると、そっち関係に行くのかなぁ~???と、漠然とした思いがあったので。題名に魅かれて読んでみました。著者は筑波大助教から、東京工業大。中央大の教授をされた方なんですね。講師や助教・教授のお仕事の内訳。大学という組織を、覗き見させて頂きました。コレは、どこまで事実で。どこまでフィクションなのかなぁ???と思いつつ、読んでました。助成の取り方や、身分?の違いによる格差や。大学教育について。先生の側からのお話でしたので、面白かったです。

今、読んでいるのが、長沼毅さんの「 死なないやつら 極限から考える生命とは何か」なのですが。3ページくらい読むたびに、妄想?が広がり、気づくと寝てしまっているので(汗)。返却期限日までに読み終えるのは難しそうです。娘はクマムシに、そこはかとなく興味があるようで。この本だけは、パラパラとめくっていました。

他に、椎名誠さんとか。4~5冊、軽いモノを読んだのですが。もう、何を読んだか忘れちゃった(汗)
メモって、大事ですよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

No title

なんちゃってさんって、本当に読書家だねぇ~(@。@)
お仕事もあって忙しいのに、一体どうやってこんなに沢山読んでらっしゃるんだろうって思っちゃいました。
私もボーっとテレビを見てたりせずに、ちゃんと本を読まなきゃe-330なんて思っちゃいました(^。^;)

1冊目の開成野球部のドラマは私も見てなくて、
そのうち原作を読みたいなぁ~と思っていたけれど、
なんちゃってさんのレビューを読んでいたら、
2冊目の「科学的とはどういう意味か」の方が読みたくなっちゃいましたよ(^m^*)
私も『数学苦手で文系』ってタイプだと自分で思ってたので、
勉強になるかも?(^w^)

マミマミさん♪

私は、読むのが早いので。時々、あばれはっちゃく(ダンナ)から、ホントに読んでる?と聞かれます(笑) 残念なのは、早いだけで、あまり読解できていないコトなんですけどねぇ~(汗) 

開成のは、発想が面白かったよ。「科学的とはどういう意味か」は、かなり思いが強い感じで。著者さんも、今まで書いた本と同じような話だけど、ぶっちゃけた・・・的なコトを言ってました。面白かったです。

マミマミさんは、分析がすごいので、理系だと思ってました! 文系ですか???って。あんまり、分けるのも、実は意味がないのかもしれないですねぇ~(笑)

無念

>もう、何を読んだか忘れちゃった(汗)メモって、大事ですよね。

あるある過ぎです!昨日、文庫本購入してワクワクして読み始めたら…新刊で既読してました(>_<)しかも購入本タイトルは「ぼんくら」、心が痛かったです(TωT)
なんちゃってさんの記事を読んでから出掛けていれば…残念無念
新・星座巡礼も記事を見て読んだんですよ〜今回も読みたい本がいっぱいです!ぜひまた紹介お願いします♪


傾向似てる?

こんにちは。
1冊目2冊目は読みました。
1冊目は、たぶんTVより原作の方がリアリティがあっておもしろいのだろうと、TVは見ていません。
2冊目は森先生ご自身を少し知っているので、今までに読んだ先生の著書の中で、もっとも素の森先生に近い感じがして好きです。
工学部ヒラノ教授は、図書館で何度か手にとりかけてやめていたので、今度は読んでみますね。

なんちゃってさんとは、読書傾向が似ているような気がしますが、そうでもないですか?
私も、もう少し読書記録がんばってみますね。

りっくんさん♪

「ぼんくら」エピソード! 面白すぎです(笑) 私も、よく同じ本を借りてきては、途中まで読んで、「あ!」っと思います(汗) でも、あまり読み込んでいないので、2回目も読んじゃうんですけどね(笑)

いつも、本を読むのは寝る前なので。比較的、読みやすい本が多いと思います。ちょっと言葉が専門的になると、のび太君も真っ青な寝付きっぷりになるんですよねぇ~(汗) 長沼先生の本は挫折しました。

活字中毒者なので(笑) どんどん読んでいきますネ♪

あ・・・役員、大変そうですが、頑張ってくださいネ♪

木好きさん♪

傾向似てる?・・・似せてるかも~(笑) 木好きさんのブログ記事も参考にしてるから、似ちゃうかも♪ 生物系は、ほぼ、同じツボだと思います(笑)

森先生、御存知なんですか! ハッキリした論調で。受験問題の例文と少し雰囲気が違うと思ったんですが。なるほど、なるほど。

ヒラノ教授も、読みやすかったです。大学院を出ても職がない博士の話など。いろいろ思う所もありました。ただ、所々、この内輪話は、本当の話かな???と思う場面があって。自分の中では、フィクションとして読んでました。

読書記録。楽しみにしてま~す♪

No title

おおおー!なんだかそそられるラインナップ♪♪

弱くても勝てますは、
ニノファンなのでドラマ観てます(爆)
ドラマでは、メンバーのだめっぷりがとてもほほえましいのですが、
原作でもそうなのかな?

森博嗣さんは、映画「スカイクロラ」を見ました。深かった―。
他の本も読もうと思ったのですが、ミステリーが多いようなので、
なかなか触手が伸びず(笑)

舟を編む、は、なんちゃってさんにお声かけてもらって
映画みたら、すっごくおもしろくて!!!
三浦しおんさんの本はまだ読んだことないのですが、
気になっています。
ちなみにいま、「かむさりなあなあ日常」の映画版
「ウッジョブ!」が気になっています・・・

長沼先生は、ほんとにおもしろいですよね・・・
クマムシ最強!!
しかし奴らは、私が天敵としている甘味「トレハロース」を
体内に蓄えることで、仮死状態を生き延びるということを
長沼先生の講演で聞いて、戦慄したワタクシです・・・(汗)

にわとりおかんさん♪

原作は、ほほえましい・・・感じはしないかな。でも、賢い子あるあるは、ほほえましい(笑)

森さんはミステリーが多いんですね。エッセイしか読んでないんですよ(汗)ミステリー自身が得意でないのでねぇ~。

映画、観たんですね。いいなぁ~。私も観てみようっと♪ 原作読む前に観ておくんだったなぁ~。ウッジョブも気になりますネ♪

長沼先生の本は、一旦、返却しちゃいました。始めの方が「生きるとは何か」という哲学的な話だったので、なかなか読み進められなくて(汗)
生態系のトコまで、たどり着けなかった(汗) また、借りてみます。

クマムシ・・・そんな仕組みがあったんですね。娘は、クマムシ実態よりも、クマムシのイラストやヌイグルミにホレてます。中2ジョシとしては、どうかと思いますが、結構、可愛いです。また、記事にしますネ♪

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。