07
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素数ゼミの謎

私の話。先日、資格の更新研修に出かけ、「対人援助」と「自己覚知」について講習を受けてきました。で、カンタンな性格分析をしたのだけど。設問に、まっすぐ正直に答えた結果。わたくし、論理的思考能力が、他の項目に比べて、著しく低いコトが判明(汗)

結果。「ずぼら」なのだそうな(笑) あってる、あってる(笑)

だから、論理的な人とペアを組むと、仕事の能率が著しくアップするのだそうで(笑) 私が、インテリさんが好きなのは、そんな理由が大きいんでしょうね。納得(笑)

毎日、日記をつけたり。家計簿をつけると、多少、改善されるとのコトですので。頑張って、更新します(笑)

そんな私と対極にいる方が、きっと、研究者の方だと思うのです。普段、私が「あたりまえ」と思っている事や。「なんだかねぇ~。わからんねぇ~。」「こんな感じかな?」で、済ませてしまっている事を。じっくり、確実に、検証していくのですから。

この本は。周期的にアメリカで発生する「素数ゼミ」について。そのセミが、どうして、そういう生態になっていったのか。様々なデーターを調べながら、探求していく本です。

私に足りないのは、こういう能力なんだろうなぁ~(汗)

「 素数ゼミの謎 吉村仁 著 石森愛彦 絵 文藝春秋 1429円+税 」

アメリカに発生する「素数ゼミ」。13年と17年ごとに、一部の地域で、爆発的な数、羽化するセミの事です。1平方メートルあたり40匹が、お相手を求めて鳴くワケですから。それはもう、大騒ぎになるそうです。そして、このセミ。地域が限定されてる為。発生する地域の木が、あっという間に枯れてしまう位の威力なのだとか。

この本には。

素数ゼミが、なぜ、13年と17年に発生するのか?

なぜ、こんなに長年かけて成虫になるのか?

なぜ、こんなにいっぺんに同じ場所で大発生するのか?

素数ゼミの謎について。氷河期までさかのぼり。進化の仕組みと、素数の時に発生する仕組みが、残っている事について。解き明かしていきます。

イラストが、とても解りやすいので。感覚的な私でも、スッキリと理解できます。

著者の吉村先生は、工学部の数理生態学が専門だそうで。一瞬。ん?理系なのはわかるけど、数学と生態学とか進化理論とかって???と、凡人にはその繋がりがよく解らないんですが。本を読んでみて、なるほどぉ~。数で解き明かせる事もあるんだねぇ~と。また、面白い世界を覗かせて頂きました。

小学校高学年くらいなら、あっという間に、読めてしまうんでは、ないでしょうか。

面白かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

No title

「対人援助」と「自己覚知」の講習ですか(@。@)
難しすぎて・・・・・私にはきっと理解不能な気がします(?_?)
なんちゃってさんって、すごい資格持ってるんだね♪
でも、「ずぼら」というのは私も同じで、チョット親近感(^m^*)

素数ゼミについては、全く知らなかったので、勉強になりました☆
虫系の本ってあんまり読んだことがないけど、
謎が多い生き物の話って、面白そうですよね♪
読みたくなっちゃいました(^w^)

素数ゼミといえば

Eテレの白熱教室で、マーカス・デュ・ソートイ教授が大変面白い講義をされていました。この番組とスーパープレゼンテーションは本当に刺激的な番組!大好きです。
そういえば、12月の動画がHPにUPされていましたよ、ぜひご覧ください。

マミマミさん♪

介護支援専門員という資格です。私は、ほぼペーパーなので、ごめんなさい・・・という感じなんですけどね(汗)

いやぁ~。マミマミさんがずぼらとは思えない・・・けど。論理的な人をサポートするには、うってつけの性格らしいですよ(笑)

素数の13年と17年の年を、選んで発生するって、本当に不思議ですよね。よく、暗い土の中で、年月が判るなぁ~と。それも不思議です。

この本は、とても簡単で読みやすいですよ♪ 多分、図書館だと児童書のくくりかも。オススメです♪ 


りっくんさん♪

こちらに、コメント、ありがとう♪ 白熱教室!ですね。たまーに見るのですが、科学系の時は見逃してました。これから、チェックしてみますね♪ 

動画、見ました!知らなかったです(笑) 宣誓、すごく感動したので。再び見れて、良かったです。教えて頂いて、ありがとうございました♪

たしか読んだな

素数ゼミ、確か読んだ気がします。
読んでも忘れちゃう、今日この頃であります。

博物館で生物の博士クラスの方々とお話をさせていただくので、魚以外でもいろんな生き物などの話に、少しでも加われるように知識を入れたいと願っています。
またいろんな本、ご紹介くださいね。

それから、更新、お互いがんばりましょうね。

木好きさん♪

私も、書いておかないと、すっかり忘れてしまって。図書館で2度借りちゃう事あります(汗)

博物館で、いろいろな専門の方とお話できる機会があって、いいですね♪ 図書館の簡単で面白そうなイキモノ本は、だいぶ読んでしまっているので(もともと、すごく数が少ない)、本気で?漁ってみようと思います(笑)

また、博物館とかで聞いた、面白そうな本があったら、教えて下さいネ♪

更新・・・きっちり3日で飽きました(笑) ずぼらの上に飽き性・・・人間としてヤバイ気がします。まぁ、ボチボチ頑張りますネ(笑)

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。