11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイオウイカ、奇跡の遭遇

昨年の娘の研究も一段落し、研究助成の報告も提出を終え、次の実験を模索中です。継続研究の方は、やりたいテーマはあるのですが、具体的にはなっていません。

いろんな方から、「電池の研究も続ければいいと思うけど。少し視野を広げるために、野外に出るようなテーマの研究をしたらどうだろうか?」というアドバイスを頂いています。彼女の研究は、「執念」の賜物であるので、どうしても一点集中型になってしまうので、中学生という柔軟な時代に、いろいろな方面の体験をする事を提案して頂き、ありがたいです。

本人次第ですけど・・・どう言ってくるかな。

生物って言ってきたら・・・やぱり、親としては、覚悟を決めないといけません(笑)この場合の覚悟とは、いろんな事を「見て見ない」覚悟かな(笑)鉱物とかも好きなんだけど、そしたら、山に向かうのかな・・・。調査系となると、皆目、検討がつきません。ので、調査系の方の本を読んでみました。

 ダイオウイカ、奇跡の遭遇 国立科学博物館 窪寺恒己 著 新潮社 1400円+税 」

昨年は、ダイオウイカ、盛り上がりましたねぇ~。NHKで放映されたり、国立科学博物館で展示があったり、と。ダイオウイカの動画が放送され、あの、ギョロリと光る「まなこ」と、メタリックに光るボディに、ビビビと来た人も、多かったのではないでしょうか。

その映像が撮れるまでの道のりが書かれたのが、この本です。

とにかく、ダイオウイカそのものも。やたらと大きいし、どんな風に生きているのか、まったく謎だらけなのですが。
この本の面白かったのは、研究者の窪寺氏ご自身の、研究者としての歩みです。

「海が好き」「カメラが好き」・・・そんな「好き」から始まった。そもそも、イカがテーマになったのは、指導教官からのアドバイスだったそうですが。

特筆すべきは、この方の「行動力」です。

高校生の時の登山部の訓練で培ってきた計画性と判断・行動力。船乗りになりたかったが、眼が悪いために諦めて海洋生物学者を目指し、学生時代はダイビングに熱中。オキアミ研究などの、船の上での研究に携わる。指導教官からイカをテーマに与えられると、いろいろな調査に参加しながら人脈を広げ、その道の大家の方に学ぶべくイギリスへ。その後、アメリカに渡り、あちこちの博物館などを訪ね・・・まさに、ズンガズンガと、興味のある事に、まっしぐら。

いろいろとご苦労はあったろうし、当然、努力もされ続けられていることでしょうが。文脈からは、まさに、モノともせずにズンガズンガ・・・と、音が聞こえてきそうです。

私は閉所も暗所もキライなので。ガラスに覆われた潜水艇に何時間も、しかも、光の届かない漆黒の海底に、潜っていく・・・と、考えただけでも拒否感が強いのですが。窪寺氏の、深海よりも深い好奇心と、タフさと。それがまた、楽しくってたまらない♪所が。ダイオウイカのまなこよりも、印象強かったです。

娘の理数仲間にも、ズンガズンガと突き進んでいくタイプのジョシがいて。娘も、とても刺激になっているようです。「行動力」と「タフさ」は、研究者にならなくとも、必要な能力だと思うので。マネしていってくれたらいいなぁ~と思います。

海洋生物学者を目指す方に、おススメです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

No title

昨日はバタバタしてて読み逃げしちゃったんですが、
ダイオウイカと聞いては黙ってられないので、
またまた書き込みに来ちゃいました(^m^*)

やっぱり・・・研究者の人って・・・絶対凝り性というか、
もはやオタクですよね!
そして、研究者に限らず、名をなす人は行動力がすごい!!

エジプト研究の吉村教授とか、サッカーのカズの半生を知ると、
この人達って、路頭に迷うかもしれないとか、
そういう不安がなかったのかな(?)なんて思ってしまいますe-330

きっと不安があっても、それ以上に『好きだ!やりたい!』って気持ちがあるから、
行動できたんでしょうねe-420
そして、そういう方々のパワフルさが・・・科学の進歩とか、
スポーツ分野では世界記録の更新とか、
人類の歴史を支えている気がしますe-454

娘ちゃんも『コレだe-77』と思える研究分野に
巡り会えると良いですね♪

マミマミさん♪

ダイオウイカ・・・すごいですよね。科博、行かれたんでしたね。いいなぁ~。娘は、やっぱり、潜水艦の方に興味があるみたいでした(笑)

研究者や、その道を究めている方は、突き詰めていく姿勢や行動力が、やっぱり、すごいですよね。私などは、ハンドルネームに「なんちゃって」を選ぶ位ですから、バッタモノの飽き性を自負?してるんで(笑) ひたむきさとか、一途に、魅かれちゃいます(笑)

どうも、娘を見ていると。電池というより、物質(金属)が「変化」していくのが、好きみたいですね。彼女が我を忘れるくらいの何かに、出会えるといいなぁ~と思います。


Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。