05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

天文科学講演会 彗星探検

日曜日。ディスカバリーパーク焼津で開催された講演会「天文科学講演会 彗星探検 ~大彗星が教えてくれる地球と生命の誕生物語~」に娘と行ってきました。講師は国立天文台の縣秀彦さんです。

今年は彗星イヤー!と言われていますが。パンスターズ彗星も、さほど大きくならず(涙)。今回のアイソン彗星も増光せずにダメか!と思われたら光り出したそうで・・・。11月29日に太陽に大接近した後、どんなふうに変化していくのか・・・お話を聞きながら、ワクワクしてしまいました♪

汚れた氷を核として、太陽系が出来た頃の氷が、太陽の引力に引っ張られて飛んでくるのが彗星。

彗星の「彗」の字の由来になった漢時代の彗星のスケッチや。古い時代の彗星の記録など。資料を交えながらのお話でした。彗星探査で、NASAがサンプルを採取した物質からアミノ酸が見つかった。彗星の水の成分が地球の水の成分と同じ・・・彗星が生命を運んできたのでは?という仮説・・・これまた、ワクワクしますね♪

日の出の1時間半前。今、4つの彗星が観測できるそうです。今の所、一番明るいのがラブジョイ彗星。アイソン彗星は、昨日辺りは水星の近くに見えたそうですが、水星すら、まだ見た事ないんだよなぁ~(汗)だんだんと太陽に近づいているので、12月5日位までは、観測しても見えにくく、太陽に近すぎるため、観測中に太陽を見てしまうと失明のリスクがあるので、しばらくは観測はお預けです。

娘が、かなり細かくメモを取っていたので。
「こんなにたくさん、講演会で、メモ取れるようになったんだなぁ~」と、ヘンなトコに感動したオマケつき(笑)

星好きさんが集まっていたので。ハレー彗星や、池谷・関彗星・ヘールポップ彗星を見た事がある方が、たくさんいましたが。当時、新聞記事で「ふーん」と思った程度で、夜空を見上げた事がなかったので。娘に「ダメじゃん!」と言われてしまった(汗)・・・当時・・・夜遊びは好きだったんだけど(汗)

年間、100個あまりの彗星が観測されるそうですが。肉眼で見える彗星は10年に一度。大彗星ともなると、もっと確立は低くなるんだそうです。

太陽に近づいた時の変化が、予想がなかなかできない「彗星」。解らないからこその、面白さもありますね。2等星くらいに見えると、さすがの私もわかりそうなんだけどなぁ~(笑)

生命の起源も含めて。たくさんの人が「彗星」に魅了されるのが、よく解りました♪

12月7・8日は条件もいいそうなので。頑張って起きて見ようネ・・・と。娘と話してます。天気がいいといいな♪

縣先生から紹介された御著書をリンクしておきますネ。

 人類が遭遇した大彗星 彗星探検 縣秀彦 著 二見書房 1785円 」

「 いちばんわかりやすい彗星の秘密 縣秀彦 著 幻冬舎 1200円+税 」

アイソン彗星の記念切手と観測ノートのセットが1600円で郵便局で販売されているそうです⇒はてなニュース
観測ノートは、ノートのみで書店でも販売されています。

アイソン彗星を観測したら。コチラに報告を♪⇒アイソン彗星を見つけよう キャンペーン  

天文学のいい所は。
「好き♪」という共通な気持ちさえあれば。国の垣根も、プロもアマチュアも関係なく、競争したり、観測情報を共有しあったり、知識を高めあったりできる所なんだろうなぁ~なんて。帰りの車の中で、娘と話していました。

大型望遠鏡で見せてもらった、アンドロメダ座の二重星も、キレイでした♪ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示