08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市科学館 放電ラボと極寒ラボ

さて。名古屋市科学館の続きです。
しばらく、あちこちを見学した後。「放電ラボ」の時間になったので、会場に行きました。

ここはなんと。2基のコイルから「120万ボルト」が放電され、その稲妻を見る事ができるのです。

「放電」の機械は、あちこちの科学館にもありますが。飛距離も短く、一瞬の物が多いのですが。
ここでは、ネット越しですが(当り前か・・・そのままだったら怖すぎるね)、頭上でのダイナミックな放電を見る事ができます。

娘は「暗い所」「大きな音」が苦手なので、大丈夫かな?って思っていたのですが。
一つだけ開いていた最前列の真ん中の席に、ドンっと座り込み。
大きな、ビリビリと言う音に、小さな子達が、怖がったり。ワーワー言う中。
多少、驚いてはいたようですが。じっくり堪能したようです。・・・興味ってスゴイね。
自然界の中での放電と言えば、「静電気」と「雷」ですが。
そんな所にも、関心の幅が広がったみたいでした。
「もう一回、見たいなぁ~」と言ってました。

午後一番の「極寒ラボ」
マイナス30℃を体感できる・・・という部屋です。ここは、あばれはっちゃく(ダンナ)が、大喜び。
「北海道とかの、こういう体験ブースは、それだけで千円とか取られる割に、何の説明もなくって一瞬で終わるけど。ここは、いろいろ説明があるし。ある程度の時間もいるから、極寒の体験にちゃんとなる!」のだそうな。

防寒着と長靴を貸してくれるので。まずは着替えをして。音声表示に従って移動。
まずはマイナス10℃の部屋で2分、身体を慣らします。

あれ?以前、中間山間地に住んでいた時の冬は、いつもマイナス気温で、ひどい時はマイナス12℃くらいになったけど、こんなに寒かったっけ???

そして、いよいよ「マイナス30℃の部屋」
天井は、南極のオーロラの映像が映し出され。南極の氷や、富山の積み重なった雪の氷があったり、展示物を眺めながら5分間の寒さ体験。
だんだんと・・・おおお!鼻の中が凍っていくのが解る!バキバキ言います(笑)
みんなペンギンのような格好で、ウロウロしてました(笑)

その後、また、マイナス10℃の部屋で、南極の昭和基地のパネルなどを眺めながら。
「おおお!マイナス10℃って、あったかいじゃん」などと呟き。
少し身体を慣らして、初めの部屋に戻ると・・・。

メガネ、真白。

防寒着を脱いで、終了!です。
子どもの方が冷えやすいので、娘は、しばらく「寒い、寒い」と、日向を探して温まっていました。

展示物もいろいろあって。
開館から4時頃までいましたが。すべてを見る事は出来ませんでしたけど。
企業のロボットの展示や、鉄道などの模型があったり・・・と。
「総合科学館」と命打っているだけあって、展示が多岐に渡っていて面白かったです。
電化製品の中身を見れたりね。すごく面白かった。

来客数も多いので。スタッフの人の説明が受けにくいのと。
ラボとかの司会が、あまり上手でない印象があったので。若手お笑い芸人さんとか採用してもらったら、もっと面白いんじゃなかろうか。
・・・科学館マニアになりつつある我が家の総評です・・・何目線だろう(苦笑)

本当は、お隣の電気館も見たかったのですが。結局、名古屋科学館で時間切れになっちゃいました。
次回は、プラネタリウム付きの団体バスツアーでこようかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。