05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

働きアリの2割はサボっている

娘は小5の時から、理科の自由研究に取り組んでいます。たまたま、興味の対象が「電池」であった為、親としても協力に疑問を挟む余地がなかったのですが。

もし、娘が興味を持ったのが、「昆虫」等の生物系だったとしたら・・・比較的、生物嫌いじゃない私でも、心穏やかに応援してあげられたか、まったく自信がありません(汗)

子ども達の研究論文の冊子などを見てみると。生物系の子は、身近な昆虫を対象にするので。蝶や蝉も多いのですが、オタマジャクシやらカエルやら、ナメクジやら、アリ地獄やら・・・カビ類や菌類、微生物。なかなかクセのあるメンバーです。「実験」ですから、可愛いオタマジャクシとはいえ100匹超えだったり、環境を調べる為にサナギを冷蔵庫に入れる実験やら。台所の王者Gの研究など・・・子どもの「探求心」を満たし、結果を得る楽しさ♪の大切さを知りつつも、「親が、どこまで、許容できるか」・・・意外に大きな壁なのかもしれません。

生物系の実験をしている子を持つ、全ての親は、もっと評価されてもいい気がする。少なくとも、私は、「実験を続ける子もエライが、それを許し、支える親もエライ!!!」と。しみじみ思っています。

もし、子どもさんが、昆虫や生き物に興味をお持ちで。でも、アタクシ達はちょっと・・・なんてお思いの親御さんがいらっしゃったら、お勧めの一冊です。

「 働きアリの2割はサボっている 身近な生き物たちのサイエンス 稲垣栄洋 著 小林木造 絵 家の光協会 1300円+税 」

表題のアリの話は。え~!そうなの!アリってみんな働いてるんじゃないの???と。驚いちゃうお話です。でも、そう言えば。脳科学者さんがテレビで、一つの集団では、どんな時も、「2割のできる人 6割の普通の人 2割のできない人」というバランスになるんだそうで。じゃ、できない2割を切り捨てればいいのか・・・と言うと、切り捨てても6割の普通から集団比2割のできない人が生まれるので、切り捨ては意味がない・・・と言ってたな。集団の力を伸ばすには、上の人の実力を上げると、下の人の力が上がるので、上の人の能力を高めるのが早いんだそうな・・・。

アリはアリで。働かない2割は、何かの時の代替メンバーなんだ・・・という説もあるそうな。

この他にも。新聞エッセイだった為、2ページの短い読みやすいエッセイで。身の回りの植物の進化した知恵や、昆虫達の生態が描かれていて、「へぇ~」ポイント満載です。雪虫がアブラムシの仲間だって、初めて知りました♪ ミミズが雌雄同体だったり。

身近な植物や昆虫の世界。宇宙と同じ位、不思議なコトが満載なんだなぁ・・・と。知りたくなる子どもの気持ちが、理解できました♪ 大人だけでなく、子どもさんも楽しく読めそうです。

おたまじゃくしを100匹飼うか・・・と聞かれたら、ソコは・・・悩むだろうけどねぇ~(汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

No title

おはようございます♪
人間もそうだって聞いたことがあります。
確かに職場を見ると・・・・2割の人はがむしゃらに働き
2割の人は全くもっていい加減な仕事をしかしていない。
私は普通に入っているかなぁ(爆)

生物の観察、実験も面白いですね。
何事にも根気がいりそうですけどね。

ほめて、ほめて~

いつも読み逃げすみません。
娘さん、科学作品展入賞おめでとうございます。
かるたも頑張ってらっしゃいますね。
いろんなことに興味が広がるのはすばらしいです。

うちの冷凍庫にも、標本を作るためにチョウやらなにやら昆虫がタッパーに入っていて、魚釣りのエサ用のザリガニやゴカイも冷凍保存されています。
私は平気です。義母はわかりません。とりあえず、私をほめて~。
が、私はそういうの何とも思わないので、ほめられるようなこととも思っていませんけどね。
この鈍さが、生き物好きの息子にはちょうどいいのかも。息子は、この母の鈍さを見込んで、私を選んで産まれてきてくれたのかもしれません。

息子はサッカー選手になることよりも、獣医か生物学者になることを選び進み始めました。
母も、なんちゃってさんのお勧め本などを読みながら、少しでも話についていかれるように頑張ります。

でんでんさん♪

この話を見て。アリ社会も、エライもんだなぁ~って思いました。働く優秀な2割は、文句言えなそうだしねぇ~(汗)・・・言ってるのかな?(笑)

働かない2割にも、いろいろ役目はあるんだそうです・・・が。どこまでも下位2割に入るアリもいるんだろうねぇ~。

昆虫や生物。割と好きなのですが、数が多いのはキビシイです(涙)
本当に、子どもさんだけでなく、親の度量の広さには感動しちゃいますね。



木好きさん♪

ほめる、ほめる~! めちゃくちゃ本気で、すごいと思います。
そうですか・・・冷凍庫に昆虫インですか。ゴカイもからまっている所を見てしまうと・・・多分、「ダメ!」って止めちゃうだろうなぁ~(笑)

やはり。子は親を選んで来てるのかも・・・と言うか。親が許してあげられるから、子がそこまで育つんだろうね。

息子君は、実地経験も知識欲も豊富だから、自分で決めた「夢」は、もう「目標」にして。ズンズン進みそうですね。

娘は、いろいろ迷う所もあるようですが。自分で決められるように。じーっと見守っていたいと思ってます。マンガ家は、あきらめ気味かな。

No title

 趣味と研究関係で私の恐ろしくカオス的な書斎を、書斎だけでとどまっているからか許してくれている妻には感謝しないといかんですね・・・
 自分の好きな事を節度を持って自由に伸ばす、と言うのは親御さんの懐の深さと力量なんだな、と思います。なりたい職となっちゃった職が違っても自分で選んだ道だと言えるようにしたいですね。

M氏さん♪

奥さまに感謝♪ですねぇ~(笑) カメラ関係も大物が多そうですね。

どんな仕事にも、「夢」の時には解らない苦労があるので。自分で選べれば、乗り越えられるし。なっちゃった職でも、居場所を得て、責任が果たせるといいなぁ~と。

ご旅行。良い体験と。良い写真が撮れる事を、お祈りしてま~す♪ 

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示