07
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れやルール

かるたネタが続いてスミマセン(汗)興味のない方は、スルーで。競技かるたに詳しい方は、シロウトの人達って、こんな風に感じるんだねぇ~! こんなに、何にも知らないんだねぇ~と、温かな気持ちで見て頂けると、有難いです。

以下、長文の為、御注意下さい(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




初めての大会で、流れも何も解らない(汗)。娘の出たE級は、娘同様に初試合参加!が多かったようで。部活でしている子以外は、細かなルールがビミョーな感じだったようです(汗) 

・受付で対戦者と場所の番号を確認して着席する
・その試合で使う札は、試合時間短縮の為、同じ札を使用する。札のウラに数枚ずつ番号が書かれていて、試合時に指定された番号の札を使用する。
・使用する50枚を場に残し裏返して、対戦相手とかき混ぜ、25枚ずつに分ける。残りの50枚は箱に片付ける。
・中央を決め、自陣の札を並べる。
・暗記時間の指示 2分前の指示から素振りが出来る
・試合

札分けの段階で、少し混乱してるチームもありました。
・・・ここまでは、高校生と対戦して学んでいたのですが。練習ではいつも、残った札を分けて、最後まで取るので、終わってからの所作を知りませんでした(汗)

・試合が終わったら、お互いと読み手に「ありがとうございました」と挨拶。(まぁ、これはいつもしてるのでOK♪)
・運命戦で審判がついた時は、お互い・審判・読み手に挨拶する。
・場に残った札の数を確認する。
・次の試合の為に、札を番号順にそろえる。
・退出し、勝った方が結果を受付に報告する。

1試合目は、本当に初試合の子が多かったようで。アチコチで、御指導が入りました。

運命戦の後の審判への挨拶は、挨拶の順番がゴチャゴチャだったので御指導。

試合中は、下の句が読まれだしたら動いてはいけないのですが。試合が終わった安心感から、札を揃えていて下の句が読みだされた事に気づかず、止めるように御指導。
退席のタイミング。空札だと移動する時間がない・・・上の句が読まれて動き出したけど、すぐに下の句まで読まれてしまうので止まらないといけないけど、間に合わない・・・空札の時は、移動しない方がいいですね。

すべての行動が、試合の流れを感じながら行わないといけないのですが。慣れている人には「あたりまえ」が、ついつい、ウッカリ・・・。この辺りの所作が、キチンと出来ないと、ダメですね。試合に出なければ判らない事でした。特に試合後は、慣れてる人でも、ホッと気がゆるんじゃうのか。上の級の子も、何度か御指導されてました。

試合終盤は、隣りの控室でも下の句が読まれたら動いてはいけなくて。私も何回か受付の人に御指導されてしまいました(汗)壁一枚あると聴こえなくってねぇ~(涙)

だるまさんが転んだ・・・が、多分、ちょっと上手くなったかも(汗)

観戦ルールにしても、座ってみる場合は。
・足の裏を前に向けて座ってはいけない(足を投げ出さない)
・体育座りはダメ 
・・・正座か横座りでの観戦・・・という事ですね。もちろん、声を出して応援なんてあり得ないので。運命戦の時などは、見ていて仲間で手をつないだり、お祈りするのが、精一杯。

勝った時も、「ヨッシャ!」的な感じはないですね。勝って喜んでいいのは、決勝だけみたいでした。それも、ささやかな、健闘をたたえ合う・・・と言う感じかなぁ~。
もっとも。今回の大会はCD級の選手にとっては、昇級の為の試合なので。団体戦の時は、雰囲気も違うんだろうな・・・と思います。

各階級を見ていて。

E級は、やっぱり、初心者中の初心者というだけあって。双方から手を伸ばして「お見合い」みたいになったり。お手付きしたのに取られたと思って諦めたり・・・で、取られたり、なんて姿や。札移動したら記憶が混じる子も見てとれたのですが。D級になれば、そんな事はないですし。C級になると、やっぱり、速いなぁ~!と思うので。A級選手とかになったら、どんだけ速いんだろ・・・って思います。意外だったのは、空札での「お手付き」は、各階級でも、結構、多いなぁ~という印象でした。「攻め!」の姿勢ですね。

払いの札の舞い方が。特に対戦数が多かった二回戦では、飛びまくっていたので。札を探したり、混じった所を選り分けたり・・・なかなか賑やかでした。これが、いつもの風景なんでしょうね。

手と手が当たっての流血も、ありましたし。
高校生さん達が、ガチでモメてる・・・と言うか、主張し合う姿も、初めて見ました。
見た目や印象よりも、やっぱり、ずっと激しい競技なんだなぁ~・・・と、改めて思いました。

E級入賞なので。次はD級で挑戦しても良さそうですが。
娘が、「もっと練習して。高校生さんと練習する時に、ハンデなしで勝てるようにならないとD級は無理だな。」と、自分で分析していました。出るのはエントリーするだけですが、勝つのは容易ではない・・・と感じたようです。

ますます、のめり込むのだろうな・・・。

競技かるたは1試合、1時間以上。不戦勝や負けてしまった子は、控室で待機なのですが。

その間。高校生さん達・・・ほとんどの人が、勉強!!! しかも、単語帳をめくる・・・とかでなく、ガチで参考書やノート・プリント類を持ち込み。思い思いの格好で、無言でお勉強タイム!!! ずら~っと、高校生さんのガチ勉強姿が並んでました。
百人一首部がある高校は、県内でもトップクラスの進学校が多いので、スキマ時間は有効活用・・・が、身についているようです。

賢い人には、賢いワケがあるのねぇ~。

「やるべきはやって。競技かるたでも、勝つ!」

高校生さん達の姿を見て。そんな姿勢も、勉強になったようでした。

No title

ルールこまけぇぇぇーーーーー(曝
札よりもルールが覚えきれない^^

そして高校生偉すぎーーーー。
やっぱり出来る人は
いろんな意味で人並みではないね。
同じ事をしろとは言わないけど
その違いをよーく理解してもらいたいものです。

かおりんさん♪

慣れればいいんだろうけどねぇ~。キチンと習った事がなかったので、アタフタしたよ。
・・・札も覚えられないけど・・・笑

高校生、偉いよね。自分の子の姿だったら、気を失うくらい喜びそう(笑) なんかね。百人一首だからかと思ったら、運動部でも、普通の光景なんだって。進学校に行くって、こういうコトなんだなぁ~って。

いろいろ、刺激的です(笑)

No title

なんだか文章から緊張感が伝わってくるようです。

試合って下の句も読まれるんですね(当たり前?)。
なんだか大抵最初の5字くらいまでで札が払われるので、なんとなく下の句の事は意識してませんでした。(笑)

試合に出なくても、プロの方・もしくはちゃんと練習している方の読む和歌を聞くだけでも楽しそう!

太一くんがなんであんなにメキメキ上達したのか、出来過ぎだと思っていましたが、頭のよい子はちゃんと出来るんですね。

D級、がんばってください!

Hopeさん♪

上の句の決まり字で払って。取った、取られた、札を直したが終わって。下の句を読んで次の上の句・・・って感じなので。下の句は聞く為に読むというより、次の句の「よ~い!ドン!」的な感じ・・・かな。空札はそのまま流れるんですけどね。読手さんも、個性があって。声がいい方のは、気持ちよく聞けましたよ♪

高校生から初めて。2年でB級・・・って子は珍しくないそうですが。A級は、なかなか難しいんだそうな。大会で勝って昇級・・・なので。地域によっては、困難な所と、比較的、取りやすい所があるのかな???と、思いましたよ。激戦区は大変だろうなぁ~って。

次は・・・どうするんでしょうね???また、練習しながら、考えてくと思います。目指せかなちゃん・・・かな(笑)

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。