11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師の資質

 前回の続きです。
夢未来塾で受けた授業。「教師」の講義が、とても面白かった・・・ので、そのご紹介。

「学校の先生になりたい!」という子ども達。
なんといっても小学生にとって「学校」は「小さな社会」であり。「先生」の影響力は甚大です。

「どうして先生になりたいと思ったの?」の問いかけに。
「大好きな先生がいて。そんな先生になりたいと思った。」
「先生って、かっこいい!」
そう口ぐちに言う子ども達。・・・憧れの先生がいて、良かったね♪ 

さて。先生になるのには?
これからは、大学卒業するだけでなく、大学院まで行って教職について学んでから「先生」になる時代になるよ。
10年後。どんな社会になっているかわからない。そんな時は、新聞を読むといいよ。新聞には、「今」と「これから」が見えるからね。
空の色と聞かれて「青」だけじゃなくって。空の色だって何種類もの青がある。木の緑だって、もっといろいろある。「空は青」「木は緑」ではなく、それぞれの違いに気づける「感性」が大事だよ。

ふーん。と子ども達。他にも、いろいろな話があったけど。

私が一番、印象に残った話は、ご飯の好き嫌いの話でした。

先生の「好きな食べ物ある人?嫌いな食べ物ある人?」の質問に。
「はーい。はーい。」と、手を上げて、いろいろ答える子ども達。

「嫌いな物はあってもいいけど。もう、絶対に、絶対に、食べない嫌いな物がある人?」
パラパラ・・・と手が上がる。

「その人は、教師に向きませんから、辞めて下さい。」

「えええ?」と子ども達。「なぜ?給食が食べれないと困るから?」

嫌いな物があるのは、いいんです。誰だって好きと嫌いがあります。でも、「絶対に嫌いで、絶対に食べない」と思う人は、先生には向いていません。
何故かと言うとね。

君達が先生になった時。
この子は好き。この子は嫌いって言いながら、好きな子だけのクラスを作れるわけではないよね。
いろんな子がいるよね。
「この子は嫌いだから、ダメだ。この子は好きだから、いい。」って、先生に思われたら、子どもはどう思う?

子ども達は真剣です。実生活で想像がつきやすいので。
「そうそう。そういう先生いるよな。オレの事、めっちゃ嫌ってるっぽい。」
たまんないよなぁ~。こっちだって先生、選べないんだからって顔してるね。わかるよ。

好きな人。嫌いな人があるのは、当たり前のことです。
でも、嫌いな人でも、それでも付き合おう、関わろうって思える人でないと、教師には向きません。
「絶対に、食べない」と言う人は、人間関係でも「絶対に関わらない」と思います。
嫌いでも食べよう・・・と思える人でないと、出会った子どもが可愛そうです。
だから。君達も。今、クラスで嫌いな人がいるかもしれない。嫌いな物があるかもしれない。
でも。関わろう、食べてみよう・・・って思って、努力してみてください。

もし、それが出来なかったら、教師は辞めて下さい。「なりたい」と「向いている」は違います。

ああ・・・そうだった。大学の頃、私も聞いたなぁ・・・この言葉。
学校の先生って、学校のクラスではボスキャラ。
「お勉強が出来て。人の上に立つのが好き」という、支配欲の延長線上の「教師」がいたとしたら、子どもは不幸だと思う。
相手が子どもなので。大人である「先生」は、絶対的に有利な力関係にあるわけで(そうばっかりでもないけど、とりあえず教師の方が守られてるような気がするよなぁ~。)
一歩間違えれば「独裁国家」も作りえちゃうんだから・・・そんな先生が好き嫌いで物事を判断しちゃったら・・・怖いよね。

今、憧れている先生の。いい所をいっぱい見つけて、マネをして下さい。
そして、誰とも分け隔てなく話せるようになって下さい。

「はい!」と。うなづく。子ども達の真剣な眼差し。いやぁ~、ホレるね(笑)

そうだよなぁ~。教師に限らず。
嫌いな物を一口でも「受け入れる」事って・・・。
大人になると、自分の好きな物を集め、好きな人と付き合い(仕事は無理だけど・・・笑)、好きを追及する事が多いけど。「嫌い」は選ばなくなっちゃうよな。
でも、一口食べてみたら、実は、美味しかったりもするかもしれない。

「イヤ・・・だから、嫌い」ではなく。
「イヤ・・・でも、まぁ、いいかもしれない」って。ちょっとずつでも受け入るのって大事だなぁ~と。
すっかり、好きな事しかしていない私は思うのでした。

勉強になりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 小学生ママの日記
ジャンル : 育児

なるほどなるほど

「絶対に」は強い言葉ですからね~
それを使った時点でハナから考慮の余地なしってことですものね。
確かに先生には向かないのかも。

いいお話ですね。
うちの子たちにもぜひ聞かせてあげたいです。
「しずおか未来学園 夢未来塾」のHP見ました。
おもしろそう~
ちょっと遠いけど今度行ってみたいです♪

リンク、させていただいています。
事後報告でごめんなさい~

絶対

larvaさん。
そうですね。「絶対」は強い言葉ですね。0か100かみたいなトコですもん。

夢未来塾。かなりの人数が動きまわるのでドタバタ感は強いイベントですが、講座はすご~く面白かったですよ~♪ 

リンク、ありがとうございます♪
私もリンクさせて下さいネ♪

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。