06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

選挙に行こう!

学校の役員になって、学校に行く機会が増えたのですが。そこで、驚くのが、「臨時職員」「講師」の数の多さです。

「若い先生だなぁ~」って思うと。大抵が、正規の職員ではありません。

教師を目指して勉強し、採用試験に落ちてしまったけど。夢を諦めずに臨時職員で教師をしながら、次の試験を受ける為に頑張っています。しかし、「臨時」や「講師」と言っても、子どもや父兄には判らない。クラス担任や部活の担当もされています。手のかかる子や親に、振り回されながらも、はつらつと頑張っている方が多いので。頑張って欲しいなぁ~と思う一方で。

「安い賃金で、働かせるだけ働かせて。本人の能力だと決めつけて、予算がなくなったら切る」という雇用状態・・・コレってどうよ・・・と思います。

今。子ども達は、一生懸命、勉強してますが。この先、キチンと雇用されて、恋愛や結婚、子育てが出来るのか、はなはだアヤシイ所です。一生懸命勉強して、それなりの大学を出て・・・というレールを引いても、ゴールが非正規雇用の可能性が高いとなると。真面目なだけに、やりきれない。

「その壁を乗り越えろ!」と言うのは、もっともですが。その壁を乗り越えた事のない親世代は、頑張れ!と言うだけでなく、制度についても、もっと考えないといかんなぁ~と、思います。

先生。潰れずに、正規の試験、受かってね(祈)


若い世代が、選挙に行ってないと報道されています。仕事や勉強で精一杯。自分が行って何になる?と思う人も多いのかな。

私は、仕事絡みで依頼され、過去に、二つの政党の選挙活動に参加した事があります。
政治家って、「票の取れる方に、イイこと」を言います。
企業で応援してもらえるのなら、企業に。高齢者に投票してもらいたければ、高齢者に。ママ達に投票してもらいたければ、ママ達に。耳障りのいい言葉を、訴えます。

ただでさえ、少子化で若者の数が少ないのですから。若者は、選挙で、自分の意志を、キチンと伝えて欲しいなぁ~と、思います。

我が家では娘が高学年になった頃から、選挙には、必ず娘を同行しています。
今回の選挙は、合宿と重なったので、期日前投票に行ってきました。入口で、見学するだけでも、いろいろと考える事があるようです。

子ども達が成長して。逃れられないのが、税金と死なのですから。他人任せにせず。自分の一票を、大切にする子に、育てたいです。

選挙権のある人は、選挙、行こうネ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示