05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

瞬間の記憶力 

記憶力って、人によって様々で。同じ事でも、まったく覚えてなかったり。ホントに細かく覚えていたり。脳みその引きだしって、どうなってるんでしょうかね。不思議です。

私は、新しく知り合った人の顔と名前を、すぐに忘れてしまいますが(ごめんね・・・涙)。逆に、場所や地図の記憶は、かなり強いです。あばれはっちゃく(ダンナ)が、かなりの方向音痴だったので、カーナビを付けるまでは、助手席で地図を見ては指示していたので、鍛えられたんだろうな。

記憶力は、鍛えられる・・・と、この本の作者さんが言っています。最年少クイーンとなり。現在9連覇中の「競技カルタ」のクイーンの著書です。

「 瞬間の記憶力 競技かるたクイーンのメンタル術 楠木早紀 著 PHP出版 760円+税 」

ネタばれありますので。続きは続くへ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



クイーンが百人一首を始めたのは、小3の夏。いつもライバルだった従兄と、競技かるた会に出かけた事が始まりでした。「競技カルタ」をするには、まず、百首を覚えないと、試合にならないので、面白くありません。

この時は、従兄に勝ちたくて。「負けるものか!」と。4週間で覚えてしまったそうです。小学校3年生で、その気合が、すでにスゴイですね。音読しながら覚える。覚えにくくなったら、紙に書いたものを張り付けて、見て覚える。「百首覚えた!」という達成感と。「すごいねぇ~」と誉められたコト。これが、次のステップへ続く原動力になったそうです。

そこまでは、なんとなく、想像がつくのですが。その後が、スゴイのです。

50枚の札を並べ、暗記した後、裏返しにし。読まれたら、その札を表向きにする。初めは5枚位しか、暗記できなかったのが、毎日訓練をして、半年で5分で50枚の位置を覚えられるようになった・・・。

実戦では、とり札は移動していくので、それを覚えるのだけれど。画像のように、頭にパネルを想像して、その中で札を動かして記憶を修正。場になくなった札は、記憶から抹消していく。・・・とか。

相手側の札は、逆向きなんで。まともに読もうとしても無理なんですけど(汗) 字の配列で空白の形が違うので解るし。だんだん、その札のイメージカラーで見えてくるそうな・・・。

もともと。記憶や空間把握などの能力が高い方なんだと思うんですが。驚くのが、その努力。

お父さまの厳しい指導で、叱られたり褒められたりしながら、時には泣きながら練習し。
練習部屋のふすまはボロボロ(札を飛ばして取ると、手裏剣みたいに飛ぶ!)とか。畳が波打ってくる・・・とか。札を何十セットもボロボロにした!

う~む。偉人は一日にして、ならず。 努力なくして能力の向上は、ないんだなぁ~と。
しみじみ、思いました。

これほどのコトは、出来そうにはないですが。

娘も百首覚えた時は。とにかく、ヒマさえあれば、札を眺め。ブツブツ呟いてましたね。その集中した期間があったので。「覚える」という事へのハードルは、ずいぶんと下がったのかな?と思う事があります。

特に、得意な理科や英単語は、授業中で、かなりのトコまで覚えてしまうようで。英語などは、もう、教科書のほとんどを暗記していて、書く事ができるんだそうな。先日も、教科書を忘れたんで、手持ちのプリントのウラに教科書本文を書いて、教科書代わりに使ったのだとか(合ってるのかは、不明だけど・・・汗)

是非、苦手な漢字と、社会にも。そのノウハウを活かして頂きたい・・・(祈願)

記憶力って、鍛錬すると、こんなにスゴイ事になっちゃうんだ!と。実感できる一冊です。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示