11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花とロボットとソーラーカーと

日曜日。娘と一緒に静岡科学館るくるに行ってきました。
お目当ては、10日11日と。二日間行われていた玉川大学工学部市民公開講座「花とロボットとソーラーカーと」の講演会です。

本当の所を言っちゃいますと。借りている家庭菜園の手入れに行く予定だったのですが、あいにくの雨。
だったら、勉強しちゃいましょ・・・と思ったのと。
玉川大学工学部の作ったソーラーカーがオーストラリア大陸4000キロを走破した・・・という話を聞き。
「大陸横断物語」が何故だかとても大好きなので(笑)
冒険談とか、そこはかとなく期待してお出かけしたのでした。

10日はフラワーアーティストの方とロボットの共演とかあったそうで。活けられた花が、とっても鮮やかでした。ロボットに「赤い花をとって」なんて指示をして、一緒に活けたそうで。面白いねぇ。

11日は、オーストラリア4000キロを走ったソーラーカーと。現在開発中の太陽光発電と水素による燃料電池をエネルギーとした車が展示されてました。
大陸横断という過酷な事をしている車体なので。
太陽光電池も、衛星とかに使っている変換率のいいものを使っているのかと思ったら。
普通の太陽光電池の、ちょっと効率のいいもので。家庭用と違って被膜で保護していないので、壊れやすいけど被膜のない分、発電力が高い物を使ったそうです。
ソーラーと燃料電池と組み合わせているので、曇りでも、しっかり走る事ができたそうです。
後で、講演会で教授の方が言うのには。衛星とかに使う太陽光電池を使ったら3億くらいかかっちゃう・・・。このソーラーカーでも1千万するのだとか・・・ひゃー!!!

ホームロボットや懐かしのソニーの犬型ロボットのアシボも来てまして。ロボット好きな娘・・・アシボ君に夢中で、長いこと遊んでいました。

さて。肝心?の講演ですが。玉川大学工学部教授の小原宏之博士が取り組んでいる、水素を使った燃料電池と太陽光を組み合わせたハイブリットソーラーカーの話をビデオを使いながらお話して下さいました。
燃料電池に使う水素。その水素を、水素を出す菌を廃糖液で培養して(この辺り、あやふやです・・・汗)その菌が生み出す水素で走る試みを紹介していました。

水を電気分解すると水素と酸素になる。
水素と酸素を合わせると、そこでも電気が生まれる←これが燃料電池の仕組み(ザックリですみません)ですが。
初めの水を電気分解する時に、そもそも電気が欲しくなっちゃうので。
この「水素」を。菌の力を使って産みだせないか・・・という取り組みです。

この「水素を出す菌」が。メタンガスが出ている所(←キタナイ水)に生息していると言うことで。あちこち調べて。当時、水質ワースト1だった、浜松のサナル湖(現在は、ずいぶん浄化されて、水質改善したそうです)から菌を採取して培養してました。身近な所にも、水素を出せる菌が潜んでいるのね。びっくり!

結果。培養した菌から出る水素で、車を走らせる事ができてました。
まだまだ。培養するのに時間がかかったり、雑菌が入ってしまったり。実用化には時間がかかりそうですが。
例えば。微量の放射能汚染食物などを、電気分解していく過程でセシウムやストロンチウムが除去できる可能性もあり。捨てられてしまう食物を原料にして、汚染物質を除去しつつ水素を得ることもできるのではないか・・・という事も考えられておられるようです。

映画「バック・トゥ・ザ・フィーチャー 2」で。未来からやってきた博士が。車に、ごみ箱にあったバナナとリンゴの皮と飲み残しのジュース?を入れたら空飛んでタイムトラベルしちゃった・・・タイムマシンは無理だけど。もし、バイオの力を車の上で再現して、水素を得、それを燃料とし。太陽光発電と組み合わせて車が走ったら・・・そんな事を考えておられるようです・・・出来たら、すごいよね。

そんな「夢」を。実現する為に、いろいろなトライを繰り返しているんだなぁ~。
装置を工夫していたり。失敗している様子もビデオで見て。
そうだよなぁ~。大発見は、突然、ふってわいてくるものでなく。しくみを作り上げるには一朝一夕で出来るのではなく。
あくなき探究の先にあるんだなぁ~と。しみじみ思った次第です。

アシボ君と遊んでいる時。お相手をしてくれた学生さんに。
「娘がロボットを作れるようになりたいって言ってるんだけど、一人で作れるのかねぇ?」って聞いてみたら。
「ぼくも大学に行くまでは、一人で作れるようになるって思ってました。でも、大学にきて。確かに簡単なものなら一人でも作れるけれど。本当に繊細な新しい物を作ろうと思ったら。デザインの人。作る人。プログラムをする人。いろんな人の力が必要で、一人では作れないって知りました。」

そうなんだね。プロフェッショナルが集まって、知恵を出し合って、新しい物が産まれるんだねぇ。
車一つとっても、深いなぁ~と。

でも。20数年前には。自分が携帯電話持って、ブログやるなんて、考えもしなかったし。
レコードがなくなっちゃって、こんなにいろいろデジタルになっちゃうなんて思いもしなかったんだもんね。
生ゴミで車が走る日だって、来るかもしれないな。

大陸横断の冒険談は聞けませんでしたが。あちこちに思考の羽根を広げられて、面白かったです♪
連休になったら、映画のDVD借りてこようかな♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。