04
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今年の研究始動できるかな?

5年生からお世話になっている科学館の理数教室に、もう1年、通う事が出来るようになりました。新規の応募が多い場合は継続できないかも・・・と言われていたので、良かったです。

駅まで車で送って行ったら、雨の中、お友達が学校のカッパを着て自転車で、アチコチ走ってる。

「あれ? 今日、土曜なのに??? 学校って、今日、あるんだっけ???」と焦ったら。

「お母さん。美術部以外は、部活なんだってば。」

・・・ああ、そうでした。

小学生の時と変わらないペースで週末の予定を入れてましたが。このGWも、運動部や吹奏楽部の子達は、お弁当持ちで遠征や先輩の試合の応援、練習だった・・・と、後でママ友さんに聞いて、ビックリしたんだっけ。

ちなみに、美術部は、部員がたくさん入ったそうで(しかも、ダンシも!!!)。先生が喜んで、初めて?日曜日の写生大会参加を企画してくれた(自由参加だけど)と。娘、喜んでました。夏休みは二回ホド、日帰りでスケッチ旅行に行くのだそうな。美術館見学は反対多数で却下って・・・どんな美術部よ(汗)

そんな、楽しくゆるい部活に入った理由は、「自由研究継続」の為です。

1年目は果物電池から、いろんなモノを電池にしたり、極板などを代えて、電気の良く流れる条件などを探りました。2年目は、化学電池で放電する時の泡の状態と極板や液の変化を調べて、放電中に極板につく泡に着眼して調べていました。また極板の変化はどう起こるのか?を調べました。

3年目になる今年は、初めは極板になる金属の変化をもっと調べたかったようですが。昨年の研究でやり残した、極板に発生する泡と電力の関係性や。電力がたくさん取り出せる条件について、電解液を変えたり温度を変えたりして、調べてみたいようです。

圧倒的に知識がないワリに、屁理屈な娘。自分でも、知識のなさは自覚しているようで。
「家にある電池の種類や役割についても、実験とは別に、調べる」と言ってました。ざっくりとは理解しているようですが、理解度は不明(汗)理科の授業でこれから習う事と、今までの実験が繋がってくると思うので。深まってくるといいな・・・と願っています。

中学に入り。娘が、理科担当の先生に、今までの論文等を持参して、今後の実験予定の御指導のお願いをしたのですが。(一応、事前に、私も理科の先生に経過をお話したら、論文を見せて下さいと言われたので・・・)

「書類のハンコとか、担当職員の名前は書けるよ。備品の貸出は、物や用途によっては相談に載ります。」とは、言っていただけたようですが。娘が実験方法などの相談に行っても「体育祭が終わるまでは、無理」と言われたらしく。体育祭が終わればスグに定期テストだし。その後は三者面談やら何やらで、もう夏休みになっちゃうんですよね。やっぱり、実質的な御指導は、難しいんだなぁ~・・・残念。

それでも娘。理科の教科担当係に立候補して確定(笑)。理科の先生の所に、とりあえず通って、聞きまくる作戦らしいです(笑) 強くなったわ・・・。

まぁ、個人の研究なので、ムリもないですね。科学部が、あれば良かったんですけどね。

薬品を使う実験は、科学館と夏休みの学校を、どの程度使わせて頂けるかを相談する事と。できるだけ、薬品でなく、子どもでも取り扱いのできる物で、彼女の疑問が解明する実験ができないか。方法を模索しないと、いけませんね。

・・・身近に。小学校の時の先生みたいに、相談に載ってくれたり、指導を頂ける化学知識の豊富な方がいるといいんですけどねぇ・・・

月に1~2回、科学館に通う事が出来るので。その機会を大いに活かしてくれるといいな・・・と思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 育児

娘ちゃん、がんばれ!

中学は教科指導よりも生徒指導がメインですからね。
なかなか厳しいんでしょうね。しかも理科だと専門分野がいろいろで
化学が専門じゃない場合もあるかもしれませんね。

娘さん・・・論文なんてすごいです。
この夏も思う存分できるといいですね♪

でんでんさん♪

 娘が参加してきたコンクールや助成は、「学校の先生の指導」があることが前提になっているので。いい先生に巡り逢えたら・・・と思っていたのですが、難しそうです。先生方も忙しいですし。まぁ、仕方がないです。

 研究も3年目に入り。よく飽きないなぁ~と、思います。好きなんでしょうねぇ・・・。頑張ってほしいです♪


頑張ってほしいですよね

中学の先生は何かとお忙しいようですし、自分の専門以外は、あまり首をつっこみたくない方が多いように思いますね。科学作品作りも熱心な方は、異常なほど熱心なので、当たり外れがあることは事実でしょう。
やる気がある生徒のためには、先生も頑張ってほしいですよね。

うちは今年はどうするのかな~って感じです。去年からの継続にするのか、新たなテーマにするのか・・・そろそろ考えないといけないですかね。
できれば、家の中で涼しくやりたいものですが、どうでしょうねえ・・・。


ぴかるんママさん♪

公立中学の先生は、お忙しいので。部活でもないと、なかなか難しいですね。見越して、私立中を勧められたコトもあったんですが、そこまでは、なかなかねぇ~・・・。

どの程度か解りませんが、大学のサポートが受けられるかもしれないそうで(教育学部の大学生の研修の一環なのかな?) ちょっと期待しています。

ぴかるん君。魚研とのお付き合いもあるし、フィールド広がりそうですね(笑)じっくりと、楽しめるといいですね♪

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示