05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった

星出宇宙飛行士さんの帰還報告会があちこちで開催されますね。浜松にも来てくれるとの事で、聴講申し込みをしているのだけれど・・・多分、抽選だろうなぁ・・・。宇宙飛行士さんの講演会は、ここの所の山崎直子さんに2回連続でハズれてますので(涙) 「三度目の正直」となるか、「二度あることは三度ある」となるか。ドキドキしつつ、結果待ち中です。実際に宇宙から地球を見た人の話を、やっぱり、ライブで聴いてみたいものです。

本は逃げないので、助かります(笑)

雨の降る中、読んでいたのが。野口聡一宇宙飛行士さんの著書「オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった 新潮社 1300円+税 」です。
P2080025.jpg ←写真、右側♪

野口聡一さんが、初めてディスカバリー号でISSに飛び、船外活動をし、帰還するまでの様子が描かれています。宇宙飛行士選抜試験に合格し、訓練を受け5年目に、やっと掴んだ搭乗の機会が。コロンビア号の事故により、延期に延期を重ね・・・9年目にしての「宇宙」に飛べた! そして、還ってきて、感じた事を伝えたい!という思いがたくさん込められた本でした。

宇宙飛行士さんの本は好きで、何冊か読んでいるのですが。それぞれの方に共通するのは、その「諦めない力」と。「目の前の問題を、きちんと解決し、積み上げていく力」の強さです。ガンバリズムとは、まったく違う。目的の為の努力は努力でもなく楽しみ♪という姿勢には、本当に、スゴイなぁ~と思います。

それでも。やはり、個々のバックボーンによって、感じる事は、とっても違っていて。読み比べてみるのも、楽しみの一つでもあります。

野口さんの文章は、その表現力もあるのでしょうが。

宇宙飛行士としての訓練を続けながらも、本人の努力ではどうにもならない部分での「飛べない」ジレンマや。船外活動で感じた、「光と闇」「生と死」の感情・・・とか。そんな事が、赤裸々に綴られていて。人間味を強く感じました。

宇宙服の外が真空で、穴でも開こうモンなら、完全に沸騰死する世界で。
秒速8キロでISSに命綱一本で繋がれつつ。地球を回りながら作業するって・・・。
なんだか、やっぱり。えらいこっちゃ!!!

そして、外から見た「地球」の光。見た人しか判らない・・・そうだろうなぁ~って、思います。

野口さんは、自分の事を「普通の隣のお兄さん」って言うケド・・・宇宙飛行士って。やっぱり、スゴイなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

No title

野口さん、穏やかで、とてもいい雰囲気の方ですよね。
私も尊敬しています。

そうかあーこの本とても興味深いです。
先日、宇宙兄弟のアニメで月での危機の場面やってて、
「宇宙飛行士は、華々しい仕事だけど、
 危険ととなりあわせの厳しい職業だなあ」って痛感
したりしてました。
ISSの船外活動の時の気持ちも、読んでみたいなあ。

どこかで仕入れてぜひ読みます!

にわとりおかんさん♪

宇宙兄弟。ドキドキしたよねぇ~!!! 宇宙空間って、やっぱり「生き物」を遮断する世界なんだなぁ~と、思っちゃいますね。

ウチは、もっぱら「図書館」で予約してます♪ 本に載ってた、野口さんのオススメ本、予約しちゃった♪ また、紹介しますネ♪

ちなみに、野口さんとSMAPさんの交流も、ちょっと載ってます♪

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示