11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の教室

中学の進路希望調査アンケートがありました。

娘の産まれた2000年は、ミレニアムベビーという事で、子どもの数が他の年よりも多く。娘の学年だけ、地元の中学も1クラス増える瀬戸際人数という事で。私学への進学や転勤もあるので、おおよその数が知りたいようです。

ウチは転勤はありませんし。娘も「地元中学に行く!」って言ってますので。書くほどの事もなく、アンケート、あっさり終了です。

地域柄、私立や附属に行こうと思うと、通学時間が1時間以上かかりますし。学校を選ぼうと思うと、どんどん遠くなるので・・・やっぱり、子どもや親の意志が、よほど強くないと、受験は難しいですね。
娘には、どうやら行きたい高校があるみたいで。
中学はどうでもいいようです(汗)

私は、娘の私立中学受験に、ちょっと未練があるのですが。近くに「これぞ!」という学校がないのと。寮生活や遠距離通学を支える自信もないので、まぁ、地元進学が妥当かなぁ~と思いますが。

こんな学習をしてくれる学校が近くにあったら、眼の色変えて、娘のシリを叩いて受験勉強させたと思います。

「 エチ先生と「銀の匙」の子供たち 奇跡の教室 伝説の灘校国語教師・橋本武の流儀 伊藤氏貴・著 小学館 1300円+税 」

たまたま。以前、テレビで名門灘中学・高校の国語教師の取り組みをしていたのをチラ見して。気になっていたので、図書館で借りてきました。

灘校といえば、東大進学率がべらぼうに高く。卒業生も有名な人をたくさん輩出している学校として、めちゃくちゃ有名ですけど。超難関という以外、どんな学校か知りません。お勉強が過酷なんだろうな・・・と思う程度。
エチ先生は、もう退官されているし。現在の灘校の実践とは異なると思いますが。
この本を読んで、こんな面白い授業をする先生を支えてきた学校なんだなぁ~と。印象が変わりました。

エチ先生の略歴と。先生が国語の授業で3年間かけて、中勘助さん著の「銀の匙」を。じっくり読み進めて行くのですが。その文学探究の過程と、そこで得た事を。卒業生さん達にインタビューして再現した様子が描かれています。

薄い単行本に3年! え?っと思うけれど。その本を読み進めていく方法を見ると。これが「学ぶ」って事なんだなぁ~と。しみじみ共感しましたし。

エチ先生が、著者の中先生に憧れ、また、子ども達も、その作品の中に、どっぷりと浸かりながら世界や考え方を広げていく様子が、また、見事です。

あばれはっちゃく(ダンナ)も読んでみて。
「あ~。こんな学校だったら、猛勉強させても行かせたいよね。」と、しみじみ。

そして。彼も名門出身なのですが、卒業はしたけど、見事にオチコボレていたので(汗)
「あ~。あの学校にも、スゴイ先生がたくさんいたのに。まったく学ぼうとしなかったオレってバカだったわぁ~!」と。つぶやいておりました。
・・・学校を選ぶ時に、学校のステイタスだけで選んだもんだからね。入って勉強しなかったらしいよ・・・ダメじゃんねぇ・・・

先日。私学の説明会で。その学校は5年間で中高6年間の授業を終わらせて、残り1年は受験勉強に充てると言ってましたが。国語の中で、特に明治以降の現代文は、その文学を完全に味わい理解するには、精神的な成熟が必要で。先取りで学ばせても、本当の意味での効果がでないので。現代文だけは、学年相当で学習すると言っていました。現代文を授業で味わうのは、なかなか難しいようです。

エチ先生の授業を見ていると。「自分も成長しながら、本当に文学を理解し、体得する」って。こういう事なんだなぁ~と思うのと。公立の学校教育では、やっぱりここまでの授業は難しいので。これぞ、私学に行かせる意味がある授業だなぁ~って、思いました。

学校によっても、いろいろな特色があると思うので。一概に私学がいい、公立がいい、とは言えませんが。
エチ先生の文学の味わい方は、参考にしつつ。
娘の論文の国語的指導に活かせたらいいなぁ~と。目論んでます。

受験をしなくても。「学ぶ」ということの考え方について、大いに参考になると思います。オススメです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

こんばんは

娘さんと同じで笑ってしまいました~♪

私も小学生のころ行きたい高校が決まってたクチです(^^)
なので、中学なんてどうでも良いって思ってました(笑)

私が行きたかった高校は制服が可愛くて(セーラー服でした)、倍率が高かったので、受験直前に断念しました。
ちなみに、私がその高校を志望した理由は、珠算部があるからで、私が通っていた珠算塾の子たちはその高校へ流れていく風潮がありました。
(地域では有名な珠算塾だったので)

結局違う学校に進学しましたが、振り返ってみると、とても良い偶然だったなと思います。
実際入った高校は公立ですが、総合高校で、学科が、食物調理、デザイン、商業科‥など6つに分かれてました。
とても公立とは思えない、自由で学びを楽しめる、そしてそれぞれの分野の資格をとることに力を入れている高校でした(*^_^*)

絶対に4年生大学に進学したいとなると、やっぱりそれなりの私立のほうが有利なんでしょうね~。

まだあと3年、けれど3年なんてあっという間ですよね。
学びを楽しみつつ、健康に育ってくれるのが1番ですね(●^o^●)

わかなさん♪

娘も、行きたい高校の理由は・・・やっぱり、「制服が可愛い♪」のだそうです(笑) そんなもんですけどねぇ~。

いろんな科がある学校もいいですね。進路を選ぶ時に、いろんな選択肢を身近で見てると。世界が広がるように思います。私は普通科でしたが、看護科もあったので影響を受けて、普通科から看護師目指した人も多かったなぁ。

どんな学校に行くにしても。その先々で、いろんな御縁があるので。「学ぶ」ことを楽しんでくれたらいいなぁ~って思います。

No title

娘さんくらいの意欲と学力があったら,どこの中学でも行けそうな
気がしますよ~。でも,今長女が通学に1時間以上かかる高校へ
苦労して通ってるのを見ると,学校までの距離も重要かなと思い
ます。公立には公立のよさが,私立には私立のよさがありますも
んね。我が家は学力的にも経済的にも,私立を選択する余地はあ
りません。ただ,公立だと中学は選べませんが,高校はその子そ
の子に合った学校を選んでくれればいいなと思っています。姉弟
でも,全く性格もタイプも違うんで・・・。

ゆかピンさん♪

あ・・・過去問もらってきて、娘に見せたら。しばらく眺めてから、「ムッリ~」と放り投げてましたよ(笑)
やる時はやる女ですが、ダメな時はサッパリです。

通学時間って。やっぱり負担ですよね。長女さん、頑張ってますね♪こちらは田舎で、電車の本数も少ないので(涙)逃した時のダメージも大きいんですよね。よっぽど「行きたい!」って思わないと、大変かなぁ~って。

高校も、いろんな科があるので。自分の道を、ちゃんと考えて選んでくれるといいんですけどねぇ~。

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。