08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘とピアノ

「お母さん。ピアノの新しい本が来たで、お金ちょーだい!」と娘がピアノの教則本を持ってきました。

・・・ソナチネアルバム 1・・・

おおお!アナタもソナチネを弾くようになるのね。すごいじゃん!!!

「開くとねぇ~。目がチカチカするわぁ~(楽譜が細かくて)。ホントに弾けんのかねぇ」などと言いつつも。
ちょっと嬉しそうにしておりました。

ピアノを習わせているお母様方からは、「オーッほっほっほ。小6にもなって、ソナチネごときで喜びますか!」と笑われてしまいそうですが(汗)

娘にしてみたら、上出来です。

なんってったって。ピアノを習っているのは、本人の意志ではなく、完全に親の趣味が始まりだったからです。娘にピアノを「習う!」と言わせるために、我が家では手を変え品を変え、大人げないまでに策を弄してやらせましたので(汗)

「ピアノを続けている」「結構、好き♪」という娘の状態が、我が家のピアノ教育にとって「成功♪」なのです。

ピアノについて、熱く?語ります。我が子にピアノを習わせたい方には、まったく参考にならないお話です(汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




子どもの教育って、親の育ちや考え方によって、かなり違うと思うんですけど。
ウチの場合、それが、ピアノに顕著です(笑)

まず。あばれはっちゃく(ダンナ)はピアノが弾けるオトコです。たぶん、幼稚園から小学校6年生まで習っていたそうで。かなり上手で、学校の合唱の伴奏などは、いつも先生ご指名で弾かされて。本人は、とてもイヤだったそうです。

・・・というのも。たまたま師事した先生が、音大出の有名な指導者だったそうで。いたずら大好きなダンシのコト。モノサシでピシャリと叩かれながらのレッスン。次に来るまでの練習が足りないと、ひどく怒られたそうで。家でも父主導でスパルタ練習。結果、上手にはなったけど。辞めてしまってからは、ピアノを進んで弾く事はしなくなりました。

その後。バンドをしたりして(パーカッション系だけど)、音楽は楽しい♪と思えるようになって。 
やっと。その時、苦労したので楽譜も読めるし、リズムもとれるので、レッスンは役に立ったけど。
スパルタレッスンが、かなりトラウマになった模様です。

一方のワタクシ。幼稚園の頃から小4まで、ピアノ教室とは名ばかりで。リズム運動と音感を育てるという教室に通っていました。音楽に合わせて歩いたり、踊ったり。先生の引いた和音のカード取り遊びをしたり。で、ちっとも弾けるようにならなくて。高学年から大手のピアノ教室に代わり、そこでは指導者になるレベルまで教則本をしたのですが。今も、さほど弾けません。
・・・それにしても。あの音感教育を受けていたのに、未だにカラオケで音とるのも微妙なワタクシって・・・

ただ。やっぱり、音楽は好きで。楽譜を読めたり。簡単な曲を弾いたり。イライラした時にピアノを弾いてるとスッキリ♪するので。ピアノを習わせてくれた親には感謝しています。

そんな私達。結婚してから数年、ラテンバンドに所属していましたので。
親子でセッションできたら、楽しいだろうな・・・と思い。娘にもピアノを習って欲しいと思ったのでした。

できれば。あばれはっちゃくのように、スパルタでキライになっちゃうのでなく。音楽を楽しめる事に重点を置いた指導で。もっとアワヨクバ。現役のプレイヤーの人で、先生自身が音楽活動をしている方がいいな・・・と。漠然と思っていました。音楽というのは、「音を楽しむ♪」のが基本なので。先生がガッツリ音を楽しんでて。それを見て育ってくれたらいいな・・・と思ったからです。

小1の夏休み。学校も落ち着いたので、ぼちぼち・・・とピアノ教室を探しました。

それにしても。大手のピアノ教室に行ったら、びっくり! 学歴と年収と持家かどうか聞かれました!!!
先生によっては、「自宅にピアノがない子は教えない」のだそうで(汗)
ウチはボロ借家なので、ピアノは床が無理で置けません(汗)

ウチが選ぶどころか、先生に選んでもらえないのねぇ~(涙)

楽器屋さんで。そんな話をしていたら、「もう、希望に合致する先生は、その方しかいません」と、お薦めされたのが、今の先生です。

当時は、大人しか教えていなかったのですが。あばれはっちゃくと趣味の音楽のCD持参でお願いに行ったら。なんと、先生の参加してるバンドとジャンルも近く、話も盛り上がり。
発表会もコンクールもないけど・・・と言われましたが。お願いできる事になりました。

バイエルやブルグミラーなどの、ピアノの教則本はせず。
先生チョイスの簡単な曲を。時に、先生とアンサンブルで。また、リズム楽器を使ったりしつつ。
カメよりも遅い歩みですが。さすがに、継続は力で。そこそこ弾けるようになってきました。

何よりも。先生がラテンジャズのピアノを担当されてて。セッションやバンドの演奏会を見ると。
もう、娘的には大興奮♪ 練習も頑張るようになりました。

今回。ソナチネ本投入は、「もう中学になるので。とりあえずソナチネ弾けるレベルって、やっとくと言えるもんでね」という御配慮からで。キッチリは弾かないと思いますけどね。

さて。「親子でセッション」という夢もあったのですが。
こちらは思春期が終わらないと、無理なようです・・・もうちょっと、早くからセッションしとくんだった(涙)

「先生みたいに。弾けるようになりたいなぁ~。」なんて言ってます。
「だったら、もっと練習すりゃいいじゃん・・・」とか思ってますが。

ピアノの技法や技術も大事です。「弾きこなす喜び」を感じるのであれば。やっぱり、しっかり練習して、技術を得てこその楽しさ♪もあり。その為には、人前で弾いたり評価されるのも、大切な方法だと思います。

でも。いろんなアプローチがあってもいいかなぁ~と。
今の先生に出会えて、娘がピアノを楽しめているので。我が家としては、よかったなぁ~って思っています。

テーマ : 小学生ママの日記
ジャンル : 育児

No title

私も小さい頃(幼稚園~小6)までピアノ習ってましたよ。中学に入って部活優先でやめちゃいましたが,ピアノやっててよかった~って思ったのは音楽の授業で譜面が読めるから楽程度のものでした。もっと「楽しい♪」とか「面白い♪」とかいう気持ちで習いたかったなって思います。
音楽一家でいらっしゃるのですね~!何事も楽な道はないですからね。上手になりたかったら練習あるのみなんでしょうが,本人が楽しんでピアノを弾くことが一番ですね♪親子セッションの夢がかなうといいですね~!

ゆかピンさん♪

ゆかピンさんも、ピアノ習ってたんですね♪ 
なかなか。練習を積み重ねてくのって、大変なんで。楽しくなるまでに時間かかっちゃいますね。ウチは先生頼みでした。

セッションは、あばれはっちゃくに対しての「キライじゃないけど、なんかイヤ」感がスゴイので。当分はムリな気がしてます(涙)
嫁に行くまでには、何とか、1曲くらいは合わせてみたいですけどねぇ~(祈)

衝撃でした(*_*)

>ウチが選ぶどころか、先生に選んでもらえないのねぇ~(涙)
先生が生徒を選ぶ‥なんて。
家柄を見て生徒を選ぶなんてナンセンスだと思います。

衝撃的だったので、最新記事ではなく、こちらにコメント失礼します。

ちなみに私は同級生に少しピアノを教わりました^m^
当時小学5年でしたが、ピアノ教室ごっこで、10円で教えてくれました(笑)
それでも、楽譜が少し読みやすくなったので、習って良かったと思いました(^^)

今の先生、良いですね。
>「もう中学になるので。とりあえずソナチネ弾けるレベルって、やっとくと言えるもんでね」という御配慮から‥
で、生徒に合わせて教えてくれるなんて素敵な先生だと思います!

ピアノや何かを習わせたいと言うのは、みんながみんな同じ理由で、同じように弾けるようになりたいわけじゃないですもんね。
○○してみたいからと言うのは十人十色のはずなのに、生徒を選ぶ先生はきっとみんなに同じような教え方をする気がします。。。

親子でセッションってとても素敵だなとも思いました(#^.^#)
楽しいでしょうね~♪

私は民謡を習ってましたが、唄のほうは大好きでした♪
中学生になって三味線が姉からお下がりになったので、唄と合わせて習うように言われましたが、小さい頃から習っていた姉や周りの子と比べてしまって、身が入らず諦めてしまいました。
やりたいって思ったときが、一番良い時期‥なんでしょうね。

「先生みたいに。弾けるようになりたい」ってことは、やりたいって思っているし、音を楽しむこともできてるし、子どもの気持ちを考えた習い方でとても良いなって思いました(*^_^*)

わかなさん♪

楽器屋さんで、ピアノ教室を探す相談にのってもらったので。

先生によっては、国際コンクールを目指す指導をしている方もいるので。習う前に、親の経済力や、やる気が問われるようでした。練習環境とかね。
まぁ、楽器のセールスの為にも、欲しい情報だったのかなぁ~とも思ったけどねぇ。親の学歴まではいらんだろうに・・・。でも、おかげで、先生選びを間違えなかったので、良かったですよ~。適当に、直接行って断られたら、へこむよね(涙)

ピアノ教室ごっこ♪もいいですね。可愛い♪
民謡!シブイですね。好きな事、得意な事があると。やっぱり得だなぁ~って思います。

楽しんでいる人を見ると。一緒にやりたくなりますよね。憧れは力になるんだろうねぇ♪

No title

娘ちゃん、ピアノもできるのね。
ご主人も弾けるなんて、すごいわ~素敵♪

私はピアノはまったくできないのでよくわからない
んだけど、それでもやっぱりソナチネとか聞くと
すごいなあと素直に思ってしまいます。

ピアノ教室で年収とか聞かれるなんてすごいねー
やっぱり音楽は貴族のものなのね。
うちの娘のレッスン代もバカにならなくって。。

ボロでもいいからバイオリンを無料で貸与して
安価で教えてくれる場所があってもいいよね。
どこかの国でそんなことやったら、貧困層から
高名な音楽家が出たなんて聞くと日本って
まだまだねーとか思っちゃうワ。。。

larvaさん♪

あ~!レンタルレッスン。あったらいいねぇ~!!!
練習会場つきで!!!

高校音楽の授業で、弦楽があって。学校に楽器もあってね。私はチェロだったんだけど。そりゃ、もう、あちこちで木を切るような音が鳴り響いたのね(汗) 先生は合唱専門(汗) 楽しかったけど、ものすごい騒音セッションだった・・・。日本じゃ、家の環境によっては、弾くに弾けないよねぇ~。

子どものやる気と根気の他に。指導する先生の力。親の経済力と根気がいる世界なんだねぇ~\\\

年収。どうする?一億とでも書いとくか?なんて、タワゴト言ってました(笑)

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。