08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公文英語 メリット・デメリット

娘の公文英語。小5の11月の無料体験から、公文に入会し。小6の8月末まで学習し、退会しました。
D教材からスタートし。最後はI1教材の100位で終了しました。

D・E・F教材までは、eペンシルを使って、英文を読む事が主になるので。さほど苦労をせずに、どんどん進みました。5年生から学校で英語の授業があるのですが。それと重なる内容も多く。娘自身が、ビーゴのDSソフトも1本やり終えていて。もともと、そこまでの程度は知識や馴染みがあったので、早かったです。

GⅠ教材に入り。プリントも白黒になり。今までとは、雰囲気がガラリと変わります。
習っていない領域に入るし、「覚えて書く」が加わります。

娘の通っていた教室が、「先に進むが良し」の指導スタイルだったので。
本当は、このあたりからは、じっくりして欲しかったのですが。とにかく、「時間内に丸が一定以上あれば先に進む」方針だったので。この辺りから、理解が少し、怪しくなってきました。
面談でお願いして、2回、プリントを繰り返してもらいました。

HⅡ教材を終了した時点で。文法の曖昧さが際立ってきたので。
これ以上、進めても。逆に解らなくなってしまうと思い、退会しました。そんな経過です。

この1年弱。公文で英語を学んできた、メリット・デメリットをまとめてみようと思います。

あくまでも。娘が1年弱、取り組んできた経過を見て、感じた事ですので。
教室(指導者)や、子どもさんの能力によって、違うと思いますので、あしからず♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




まず。メリットです。

リスニングについては、eペンシルの音を聞き、かなり聞き取れるようになりました。
eペンシルの発音については。英語が出来る人から聞くと「ゆっくりすぎる」「ジャパンイングリッシュな発音」だそうですが、私には判りません。実際の英会話からしたら、違うのかもしれませんが、英検のリスニングに関しては、5級も4級も、ほとんど自主学習しなくても、ほぼ満点でした。
英文も、英検の問題と類似に思うので、この辺りは、公文が英検に強いと言われる所以なのかもしれません。

(「公文は英検に強い!」と言われたいのか、公文教室が英検を半ば強制的に受検させているので、テレビでやってる合格割合は、ちょっと眉ツバかなぁ~。公文習っていない子で力があって、英検受けてない子はイッパイいるからねぇ・・・。でも、リスニングは強いと思います。)

・・・ただ、4級までは比較的簡単なので、3級以上になると、どの程度発揮できるかは、私には判りません。外国の方とお話する時に、聞き取れるのかも判りません・・・

長文読解について。問題に取り組む姿勢がつきました。

長い文章になると。英語アレルギーのある私など。見ただけで脳みそが拒否しちゃうのですが。短いセンテンスを繰り返し、だんだんと長い文章を読解させていくので。徐々に、長い文章でも抵抗なく読むようになりました。
自分から、子ども新聞の英文を読んでみたり。英検4級くらいの簡単な文章なら、おおむね読めて意訳してました。英語と日本語が対比されてでてくるので。純粋に英語で理解してるかは不明ですが。簡単な文なら和訳がなくても、なんとなく内容が解るって感じでしょうか。
そこそこの長文に対し、「抵抗がなくなった」というのが、一番のメリットだったと思います。


デメリットは。

文法は、曖昧にしか、理解できなかった。という事です。

娘はGI~HⅡまでの終了テスト?は、常に満点か、それに近い点数を取れていました。
中2レベルと言われていましたが・・・。
英検の学習をすると。同じような問題であるにも関わらず、パターンが違うと間違えます。まだ、英検は問題が近いので、いいのですが。中学の問題になると、1年生の簡単な問題にも迷い、ミスの連発です。

先生は。「耳で聞き覚え、見て覚えるうちに。たとえば語末のSなどもないと気持ち悪いと感覚で解るようになるので、問題ありません。」と言ってましたが。

・・・ウチの娘の場合は、まったくダメでした・・・。

a an the がどんな時にどう付くのか。~sにどんな意味があるのか、まったく理解していません。その時のプリントでは書けたが、聞き取れずに覚えてなかったり、問題のパターンが違ったり、いろんな文法が混ざると気付けなかったり。それが、不規則動詞になってくると。もう、無理でした。感覚ではなく、カンで答えてました。

文法の「定着」が、できませんでした。

単語は書けない。

プリントで習った単語は読めるし、意味もなんとなく解るのですが。
頻出単語は書けますが。名詞や動詞、動詞の変形など。書けないですね。ウロ覚え。プリントで書く部分はあるのですが。その時は、同じ5枚組のプリントに載っているので書けてても、反復練習が不足しているので、覚えられなかったみたいです。
・・・だから、2回とは言わず、3回くらい、いや、もっと。定着するまで、同じプリントを繰り返して欲しかったんだけどなぁ・・・

字が汚くなった。

これは、ヒドかったです。娘は硬筆では、地区で何度も入賞しているヒトなのですが(習い事でなく、自力で習得した!!)。時間に追われるので。アルファベットに関しては、別人のような汚い筆跡です。やっと読める程度ですね。速さを求められると、こうまで汚い字になるんだ・・・と、実感しました。

汚い字で綴りをミスと思われたらソンなので。今、声掛けしながら、ゆっくりでも読める字を書くように注意しています。一度ついたクセは、なかなか治りません。これは、ちょっとショックでした。


公文を習い始めた時。我が家では、「英語が好き♪」「得意♪」と中学に入る前に思って欲しいのが第一。
ゆくゆくは「高校・大学受験に困らない」を、英語能力取得の目的にしてました。

娘が過去の例題と、新しい単元との例題の間で、理解が深まらず困った時に。
先生に聞いても「公文は、自学自習なんだから、自分で考えなさい。」もしくは。
「ここがよく判らない」と聞きに行ったら。
「時間内に少しの間違いしかないのだから。このくらい解ってたら大丈夫。だから次のプリント進めましょ。」という指導でしたので。

娘は英語に対して、好き♪得意♪感はあったのですが。

レベルが進むにつれ、スッキリ理解していないので、常に、モヤモヤしていて。だんだんと、「わからんのだけど、先生は大丈夫と言うし、でも、わからん」が続き。
娘が「わかんない」と訴えても、「娘がわからない事がわからない」先生なので。このまま、指導を託しつづけ。「わからんでキライ!」になられては、元も子もないと考えて、退会しました。

娘の場合で言えば。公文の進度は進むし、英検も受かり。自信満々で中学に行ったら、定期テストでヒドイメに合うパターンだったのかな。

教材は良かったので、退会は迷いましたが。方法や指導は、最後まで好きになれませんでした。3学年先学習でオブジェもらえるから頑張りましょう、中学課程を卒業しましょうとか言われても。力があっての賞には意味があると思いますが。娘のように、解らない事が多い状態で、進度ばかりを言われても、なんのこっちゃ・・・というのが正直な所です。

良いこともあったけど、直さなくてはいけなくなり、こちらの手間が増えた事もあります。本人の努力と勉強時間の割には、理解できなかった・・・という思いもあります。

せっかく、1年あまり。娘も努力してきたので。
eペンシルと、終了したプリントで。時々、忘れないように音を聞きながら。
個人塾で、英語力を定着させてもらいたいと思います。
Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。