08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極で宇宙をみつけた!

来週からは、週末もアレコレ予定が詰まっているので。この3連休は、とにかく「のんびり過ごす」をモットーに。必要最低限しか動かない・・・という、グータラな日々を過ごしております。

娘は本を読んだり! 何を思ったか、小説を書く!と、パソコンでパチパチ。
私は相変わらず、ゴロゴロしつつ読書です。あばれはっちゃく(ダンナ)は、どこからか中古パソコンを仕入れてきてメンテナンス中。

静かだわぁ~。

さっきまで読んでいた本⇒P9150157.jpg

「 南極で宇宙をみつけた! 生命の起源を探す旅 朝日新聞記者 中山由美 著 草思社 1500円+税 」

残暑で汗をかきつつ、南極のブリザードに想いを馳せるのも、なかなかオツなものです。

朝日新聞の記者の中山さん。女性記者として、1回目は南極の越冬隊の取材にチャレンジ。
そして、2回目は、南極内陸部まで、隕石を探す調査に同行しました。
学術調査に記者として同行するワケですが。同行できるまでの苦労と。南極での隕石の調査の様子が、女性らしい視点から描かれてます。

こちらでも、記事が読めます。⇒ホワイトメール(朝日新聞)

同時進行で記事をネット配信していたそうですが。本では、「まだ、報道しないで下さい」という、その時には制約があった部分も描かれてます。

学問的な隕石や調査の流れの事は、以前読んだ「南極で隕石をさがす」の方が、とても詳しいので、おススメですが。

こちらの本だと。もっとライトにと言うか・・・。普通の人に近い目線で描かれているので、読みやすいです。
おトイレの事とか。居住モジュールやスノーモービルでの移動の様子。そして、隊員達との「食べ物トラブル?」。
極限の地での、研究活動の、素の部分が垣間見えて、面白かったです。

え~っと。寒いトコは苦手ですし。船酔いも酷いタイプ(若い頃に3年ほど、カヌーで川下りをしてたけど、船酔いがどうしても克服できず辞めた過去あり・・・汗)なので。南極はムリだと思うけど。

極地研には、一度、行ってみたいなぁ~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。