04
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

思春期前に、読んでおくといいかも。

娘が6年生になって。参観会の後の懇談会の、出席の人数が、ボンっと増えました。
教育熱心な方が多いクラスなのかなぁ~。なんて思ってたら。

「学校の出来事を、一切、話さなくなったので。今まで懇談会に出た事はなかったんだけど、学校の様子がまったくわからなくなったもんでね。懇談会で聞いてみようかって。」って話で。

「ウチも!」「ウチも!」と。特にダンシママ達が盛り上がりました。

そうだよねぇ~。もう思春期。あんなに「ママ、ママ」って言ってたのにさっ。もう、「ハラへった」「小遣いくれ」「ウルサイなぁ」くらいしか話さん子もいるのだとか。子離れの儀式とは言え、ちとサミシイよね。ジョシはジョシで、態度や言うコトが、いちいちカチンと来たりもするしねぇ・・・。これから、どんどんエスカレートしてくのかなぁ(涙)

子ども達の「親離れ」は、順調みたいです。一方、親の方が「子離れ」するのに、少し、頭を柔らかくしないとダメなんだろうなぁ~と。

そんな話をしていたら、あばれはっちゃく(ダンナ)が、職場で新人研修に使った雑誌を持ってきてくれました。

P8030117.jpg ←思春期eduです。

「思春期特集」という事で。eduの中で取り上げられてきた記事の総集編らしいのですが。
あばれはっちゃくの上司で臨床心理の資格を持っている方が「これは、解りやすいので、思春期対応をする職員全員に読ませて欲しい。」と言われて、研修資料に個人購入させたんだそうな。

読んでみて。あぁ。いつまでも「子ども」と思っていたいけど。
もう、身体も思考も大人に近づいていく時期なんだなぁ~と。
改めて、こちらの認識を変えていかないとなぁ~と思いました。

青沼貴子さんの「ママはぽにょぽにょザウルスがお好き」を。娘が小さな頃に読んでいたのですが。あんなに小さかったリュウ君とアンちゃんのその後のマンガが掲載されていて。あら、大きくなったのね~と思いつつ。
なんだか、リアルに、いろんなコトがリンクして、考えちゃいましたね。

で。思春期本を、もう一冊。
コチラはもはや、子育てバイブルとしても有名ですね。その10代編。

P9100152.jpg ←よく読まれてるんだろうな。

「 10代の子どもが育つ魔法の言葉 ドロシー・ロー・ノルト レイチャル・ハリス 著 雨海弘美 訳 PHP研究所 1500円+税 」

「大きくなったように見えても、子どもはまだ、親を必要としている」という大原則のもと。
「絆を大切にしつつ、手を放してあげる」という。子どもの自立を手助けする時に、大切な事が描かれています。

例で描かれた事例の。こんな風に受け止めましょう・・・は。
中には、「ムッリ~♪(無理、できん!)」と。
娘口調で歌っちゃいたくなるトコもありますが。

なんだかんだ言いつつも。「子は親の背中を見て育ってる」と言うコトを肝に命じつつ。
どんな時でも、「あなたの事が大好きで、大事♪」と。
伝えつつ、見守るしか、術はないんだろうなぁ~・・・。

子どもってね。膝に来てくれる間に、いっぱい抱っこした方がいいよ。
スグに大きくなっちゃうんだもんなぁ~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示