05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

大望遠鏡「すばる」誕生物語

またまた、児童書宇宙本から一冊。

P7170048.jpg←「 大望遠鏡「すばる」誕生物語 星空にかけた夢 小平桂一 著 金の星社 1200円+税 」

ハワイにある「すばる展望台」の、誕生までの軌跡を描いた本です。

この本では、天文学者の小平さんが、天文学を学ぶようになった経過から、天文学者となり。日本にも大きな望遠鏡を作りたいと考えるようになり。ご自身の研究と、望遠鏡の作成と、どちらの道へ進むのかという葛藤を経て。実際の建設の様々な困難に対応しながら、すばる望遠鏡ができていくまでが描かれています。

なんとなく。そこに有る物は、あたかも、最初から「存在」するかのごとく、錯覚しがちですが。
新しい物を作るというのは、本当に、大変な事ですし。強い情熱がいるのだと、改めて感じます。
何もない所から、道を築いてきた方々の、「前へ!」という姿勢や、尽力に、頭が下がります。

天文学の世界は、昔から、各国で観測をしてきた研究者が、協力したり情報を共有して、研究を進めています。そこには、「国や人種が違う」とか「考え方が違う」と、「違う」事で「拒絶」するのではなく。「違い」を認めた上で、協力して一つの方向へ向かう事で、成果がより大きくなっていく・・・そんな世界です。

最近の「ヒッグス粒子」の研究も。世界で6000人もの科学者が、それぞれの立場で意見を出し合い、実験をし、検証をしたと聞き。すごいなぁ~と、感動しました。
きっと。いいオーケストラと一緒で。一人一人が、完全なるソリストであるからこそ、オーケストラになった時に、奏でられる音楽が壮大になるのと、似ているようにも思います。

自己を高め。同じ志を持つ人達と繋がり。熱意を持って、自分の役割を果たす。
・・・えっと・・・比べるまでもないコモノですが。ささいな事でも、そんなふうに取り組めたらいいなぁ・・・と思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示