10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公文に入会する前に。

娘が小5秋から公文(英語)に入会して、6ヶ月経ちました。今、H1教材を半分ほど終えました。
6月の英検5級も受検するそうで。相変わらず、モチベーション高く、週2~3回、朝5時に起きて宿題のプリントをしています。
ワタクシが、もう「公文は辞めさせたい!」と思っているのを、娘は知っているので。
辞めたくない娘は、頑張ってます。ヘンな関係ですね(笑)
・・・娘が辞めたくないのは、お友達に会えるからなんだけどね・・・

さてさて。くもんの「無料体験」期間が始まりました。
幼稚園のお子さんが、お母さんに連れられて、続々とやってきております。
それを見て、思うことを、つらつら書いてみようかと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




娘の教室を見て、私が思うに、公文は「プリントつきの自習室」です。
どんどん先に進むもよし。じっくり取り組むもよし。ただ、そこに、「教える」は、存在しません。
スモールステップの教材があって。わからない事は、自分で、解決を見つけます。
「自学自習」のスタイルなんですね。

もともと。モチベーションが高くて、どんどん取り組める子には、公文は向いてると思います。
もしくは。年齢が高くなって、学校の授業についていけない子が。
「こりゃ、ヤバイ」と、自ら取り組む時などは。この教材は活きてくるだろうと思います。
そんなタイプの子には、公文、いいですよ。

無料体験学習では、まず「診断テスト」をして。本来の力よりも、3段階程度、低い所からスタートしているようです。子ども達が、「カンタン、カンタン♪」と、調子よく取り組めるレベルです。

ですが。そのレベルでも。子どもさんによっては、「机に向かう」事が「苦痛」な子もいて。
無料体験の期間でも。席を立ってしまったり、ぐずってしまったり。取り組めない子がいます。
先生の対応を見てると。
「プリント学習を積み重ねる事で、学習習慣と、集中力が育ちます。(入会して)少しずつでも頑張りましょう!」と言ってますが。

私から見れば。まぁ。1教科6300円×国・算・英の金額を考えると。
つい。「もったいないから、今は辞めときなよ。」と言っちゃいたくなります。
だいたい2教科おススメしてるコトが多いみたい。月々、12600円!!!結構な値段ですよね。

ぐずるのがひどい子は、「しばらくは親子で通う」なんてコトになってる子もいましたし。
座っていられる訓練の為に払う月謝ってどうよ・・・って、貧乏性の私は思っちゃいます。

お金に糸目をつけない家庭でしたら、まぁ、よけいなお世話ですけどねぇ(汗)

「集中力」「学習習慣」を養う目的なんだったら。その子の好きなコト(サッカーとか、ピアノとか、ダンスとか。ゲームはダメよ。)に、精一杯プラスイメージで取り組んで「集中力」を高め。
絵本の読み聞かせを、親子で、じっくり楽しんだり。
お絵かきや工作・ブロックや砂遊びを。こころゆくまで堪能させた方が、効果的だと思います。

子どもも、どんどん成長していくので。自分で「やりたい!」って気持ちが芽生えてからでも、遅くないと思うなぁ。

公文式の創始者の公文さんは。その著書の中で。
「入会よりも、体験にたくさん来て、公文式の方式を知っていて欲しい。だから、入会よりも、体験のリピート数が大事」(意訳なので、詳細は違います)のようなコトを言ってました。

体験学習。教室も、先生や子ども達によって、ずいぶんと雰囲気も違いますし。
1年で4回ありますから。
ここは、ズーズーしく。無料体験を、あちこちで受けてみて、入会を検討した方がいいと思います。

やたらと「2教科やらないと効果ない」とか。「兄弟は?」「友達は?」と、商売熱心なトコもありますし。
「公文さえやらせとけば、すごい子になれます」とか、極端な公文信者の先生のトコは、避けた方が無難かな。
本来は「わかる喜び」を重視していると聞いているのですが。
やたらと先に進めて、賞取り(3学年先に行くとトロフィー貰える・・・とかで、短期間にバァーって進めて、トロフィー貰ったら、またレベル下げる)に走る指導方針のトコも、どうかと思います。

逆に、英検対策や特別授業をしてくれたり。わかるまで、教えてくれたり。
かなり親身になってくれる教室もあるようなので。

選ぶ時に「指導者」の姿勢は、大きいなぁ~って思います。

私が「こりゃ、失敗した」と思ったのは。
娘の教室は「先生の都合によるお休みや時間変更」や「春休み」「GW休み」とかがあって。とりあえず、宿題のプリントだけは「どさり」と配って「よし」となる。
多分、この調子だと、夏休みもあるんだろうけど、年間計画とかの説明もなく。お休みが多いとは知らなかったので、ソンした気分になった。のと。

「どんどん、進むが良し!」方針なので。時々、こちらが注意してないと、混乱したままでも進めちゃうので。
「子どもの能力を見極める力」が低い先生なんだな・・・って感じてます。
いい所は、商売熱心ではないので、他の教科を勧めてこないコトかな。

長文、読んでいただいて、ありがとうございました♪ 参考になれば幸いです。

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。