10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写生大会の表彰式

4月初めに行われた写生大会で、娘の絵が入賞したので、その表彰式に行ってきました。
毎年。桜の季節に行われるので。
我が家の「花見の行事」として、ここ何年か参加しています。
数時間。花の中で過ごすと、今年も桜を堪能したって気分になりますしね♪

思いがけずに、賞状と大きな盾を戴いて、娘・・・複雑な顔。

なんで、複雑な顔なのかって言うとね。

昨年も、同じ大会で、小さな賞を戴いたのですが。
その時は、娘。10時の開始から、昼ご飯も食べずに15時の終了時間まで。
ひたすら書き続けた「力作!!!」で。
本人も、そのデキに、いたく満足してました。
その時は、末席の賞ですが、入賞して、ものすごく喜んでいたんです。

で。今回。

午前中は用事で行けず。お友達と一緒に、午後からの参加。ほんの2時間で。
白い所がないように、色を塗るのに精一杯。
お友達とパレットの絵の具を共有しつつ。
もう、最後は、破れかぶれの「クレヨン」投入の作品となったわけです。
絵の具が乾き切らないウチに締め切り時間が来て、提出(汗)
当然、デキにも、納得してなく。
「描き切れなかったのが、悔しい!」と言っていたのでした。
「あと30分はかかった。完成できなくて時間切れだったぁ~(涙)」と。

それが、まさかまさかの大きな賞!!!

児童画の世界って・・・深いわぁ~(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



講評で。
「子どもらしい絵である事」「園内の物が、ちゃんと描かれている事」「描きたいものが明確に表現されている事」が選考基準だったそうです。

とっさのクレヨンが功を奏したか(笑)

以前、習っていた絵画教室では、絵の大会やコンクールへの参加について。
「児童画のコンクールは、子どもの能力の評価というよりも、選考委員会の考え方とレベルで決まるのですよ。」
と。参加については否定的でしたので。他のコンクールで受賞した時も、一切、誉めてはくれませんでした。

親バカとしては、ちょっとは誉めて欲しいなぁ~。受賞って、励みになるのに・・・って思ってたんですけどね。

でも。その先生のおかげで。
ヘンに期待して賞取りに走ってしまう事が防げて、娘を絵嫌いにさせずにすんだんだろうなぁ~とか。
「想いを絵に描き切る喜び」を。娘が学んだんだろうなぁ~って。
今となっては、感謝しています。

描き切れなかったから・・・不本意なんだよね。受賞の喜びより、悔しさが先に立つんだ。
すごいよね。私だったら、大喜びで自慢しまくっちゃうのになぁ~。

「規定の時間内で、精一杯描いたのが評価されたんだから、すごいじゃん! よかったね。」と言うと。
娘。少しだけ、笑っていました。

そうは言っても小学生。大きな盾が嬉しかったみたいで。
家に帰ってきてからは、何度も眺めていましたけどね(笑)

絵のアップは、娘がダメと言ったので、やめておきます。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

No title

娘さんの受賞、おめでとうございます!

本人としては、仕上がっていない作品での受賞、複雑でしょうね~。でも、きっと、躍動感がすごくあったんじゃないかな~って思うんです。^^
作品、拝見したかったなぁ・・・娘さんの意志なので、仕方がないけど、ちょっと残念っ!^^

絵画教室の先生のおっしゃることももっともですよね。絵とか音楽って、結局は「好み」だと思うので。

受験用に美術系予備校の短期講習に通っていた時に聞いた話では、できるだけ志望校の教授に教わった方がいいとのこと。(私は建築なので、あまり関係なかったけど。^^)

音楽大学も受験のため、志望校に新幹線で習いに行くって聞きますしね。

学生のときは「なんか、ずるくない?」って思ったけれど、今は理解できます。苦笑

おめでとうございます

写生大会の受賞、おめでとうございます。

親的にも、努力したものに大きなごほうびを、
と考えてしまいますが、なかなかねえ・・・。

娘さんご自身も、努力と成果が比例しないものもある、
と学ぶ良い機会になったかも。
残念ですが、世の中、そういうこと多いですしね。

うちは、また夏にピアノコンクールに挑戦するらしいです。
それほどレベルの高いコンクールではないので
楽譜に忠実に弾ければ、最低限の評価はもらえますが
さらに上を目指すとなると、やはり好みの問題がでてきますね。

おたがいに、子どもの最強の応援団になってがんばりましょう。

No title

ひふみさん。ありがとうございます♪

娘の絵。額に入れて飾ってもらっているので。(額装って印象3割アップしますよね・・・笑) 
彼女の気にしている、描き切れなかった所が、あんまり目だたないので。
ちょっとはホッとしたみたいです。

ほんとに。ある程度、描けていれば、あとは「好み」の世界ですもんね。

志望校の教授に新幹線で習いに行く話は、こちらでも聞きます。
いくらかかるんだろうねぇ・・・涙


ありがとうございます♪

木好きさん。

何日もかけて、気に入った絵がかけて、受賞できなかった時よりも。
自分で不出来だと思っていて受賞したのは、初めてだったので。
そっちの方が、堪えたみたいです・・・まぁ、これも、いい経験ですよね。

音楽も「好み」が出ますよね。
私も吹奏楽のコンクールで、真逆の講評をもらって予選落ちした事がありましたが。あまりの評価の違いに、仲間と愕然とした思い出があります。
息子さん、頑張って、いい演奏ができるといいですね♪

子どもの最強の応援団!!!・・・せっせと稼ごうと思います(笑)


Secre

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。