02
:
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
24
25
26
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマムシ博士の「最強生物」学講座

最近だと、クマムシを検索すると、芸人さんのクマムシさんがトップに上がってきちゃう(笑) それにしても、歌、うまいよなぁ~⇒クマムシ(You Tube) 近所のスーパーの野菜コーナーで、エンドレスで流してます。シチューとかポトフとかのイメージなのかな?(笑)

芸人のクマムシさんも、最強生物クマムシから、名前を取ったんだそうで。「芸能界の荒波を生きていくのに、クマムシさんの強さにあやかって、その名前にしたんだけど。クマムシさんは、圧力に弱いんで・・・」なんて話をしてて、笑ってしまいました。確かにクマムシさん。電子レンジOK!宇宙空間OK!だけど、指で押したら圧死しちゃうんだそうで・・・強いんだか、弱いんだか(笑)

芸能界の荒波の中で、頑張って頂きたいものです。

さて。私のクマムシさんへの興味と言えば、過去に二つの記事を書きました⇒過去ログ1 (クマムシさん紹介) 過去ログ2(クマムシの書籍)

そして、どこかで熱く語っていたのでしょう。まったく、クマムシさんに興味のなかった姪っ子が。自分の高校の科学部でクマムシさんの研究をしている事を知り、まだ、入部はしてないそうですが、科学部に出入りし始めたそうで(笑)・・・妹から、「お姉ちゃんが、ヘンなコトを吹き込むもんで!!!」と、怒られちゃった(笑)

姪っ子、頑張れ!!! 期待しています。

さて。本題。 クマムシさんの研究者。堀川さんの著書を読んでみました。

 クマムシ博士の「最強生物」学講座 私が愛した生きものたち  堀川大樹 著 新潮社 1200円+税 」

過去ログで紹介したブログの内容も、一部、掲載されています。堀川さんが、愛してやまないクマムシさんへの研究への道筋。捕獲について。研究内容について。とても軽い口調で書かれているので、楽しく読めてしまいます。

とても小さな小さなクマムシですが。その生態の仕組みを調べていく事で。もしかしてだけど。宇宙旅行に行く時には、乾眠しちゃって行く・・・とか。クマムシの耐性から、微生物や極限で生きる生物から、宇宙から生命の起源がやってきた説の立証とか。そんな仮説が、解明できるかもしれないと思うと。本当に、深い世界ですね。

導入はライトですが。極限生物やパラサイトする生物の不思議や、その生態から推測される事。宇宙とのつながり。研究者が好きなコトを研究していく事の困難さ。論文のねつ造について・・・など。クスっと笑いながらも、考えさせられる事がたくさんありました。

「オタクと変態はモテる」というコラムが面白くて。普通の仮面を被らなくても、ある一定数は変わったモノ好きがいるし。種の保存の為には、同質より異質交配した方が、遺伝子的にも将来を生き抜ける可能性があるので、モテる・・・的なお話があって。生物学的に、オタク度を認定してもらえると、心置きなく?その道を究められそうですね(笑) 

クマムシさんにい興味が沸いた方、コチラも合わせて、お楽しみ下さい。私は大好きで、よく見てます(笑)⇒クマムシ博士(Twitter) ・ MUSHI BLOG

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。