06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
25
27
29
   

うめぼし電池のあかり

昨日は、本当に暑かったぁ~。午前の仕事の訪問先が、とても暑くて「蒸し風呂状態」。午後の仕事の時間まで、涼もう・・・と、図書館に避難したら・・・「全窓開放状態」
・・・そう。節電のため、エアコンを入れてないのでした。
本を読んでいても、じっとりと汗が出るので、たまらず大型店に移動。アイスを食べて、落ち着いたのでした。
やれやれ・・・。

さてさて。先日の記事の続きで。私的に「ツボ」な本が届きましたので、御紹介。



著者の佐藤早苗さんは、元高校の先生で。サビの研究をされ、静岡の理数教育業界(というか、理数教育に携わる方々ですね)では、この方を知らない人はいない・・・と言われる程、有名な方なのだそうです。
この自由研究のシリーズは全7巻あって。どれもこれも面白そうなのですが。
今回は、娘が知りたがっている「電地」の載っている7巻を購入しました。

「 小学生のおもしろ自由研究⑦ うめぼし電池のあかり 電流をやさしく科学する  佐藤早苗・作  伊東美貴・絵 大日本図書 1553円+税 」

あきら少年とその家族が、いろいろな謎に、実験をしながら迫っていく・・・という絵本です。
まず、あきら君が、お父さんにテスターを買ってもらうところから、話は始まります。
テスターがあれば、電圧と電流が調べられます。

・・・我が家にも、テスターがあります・・・あばれはっちゃく(ダンナ)が、娘が低学年の頃、電気工作をさせたいから・・・と買ったモノです。本当は、子どもの頃、欲しかったけど買ってもらえなくて、自分が欲しかったようですけどねぇ・・・今まで、娘が使ったコトはありませんでした。

ボルタさんが違う種類のコインを口に入れると、「何か」を感じた。それを突き止めたら、「電気が流れる」というコトが解った・・・なんて話もあり。
実際に、家で出来る、簡単な実験を交えながら、あきら少年が電気の謎に迫ります。

娘。さっそく絵本を見て。
1円玉と10円玉。間に塩水をつけたティッシュを挟み、テスターで調べると、電流が流れているコトを確認し、「おおお!」と感動。

ただ。まだ、テスターの読み方が解らないので(私もわからない・・・汗)
単位とかの基礎知識と。実験する時の、方法を、もう少し整理してから、また実験してみようと思います。

一昨年、漬けた梅干しが、不評でまだ残こっているから。じゃんじゃん協力できそう(笑)
「うめぼし電池」まで、なんとか、たどりつけるかな?

私も、楽しみです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示