04
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

牧之原市 浜岡原子力発電所に関する決議

浜岡原子力発電所は、静岡県御前崎市にあります。その隣りの牧之原市議会が、浜岡原子力発電所の永久停止を求める決議をしました。

浜岡原子力発電所に関する決議

 東日本大震災における東京電力福島第一原子力発電所事故は、国でいうところの「原子力発電は安全である(止める・冷やす・閉じ込める)」という神話が根底から崩れさり、我々に大きな衝撃を与えた。事故から半年が経過しても、いまだに事故原因はもとより事故の全容も掴めず、事態の収束については目処もつかない状況である。

 福島第一原子力発電所の周辺地域では、多くの住民が避難を余儀なくされ、自宅に戻ることもままならず、職や財産を失い、家族とも離散し、長き年月をかけて築いてきた文化や歴史、住民コミュニティは、すべて崩壊してしまった。

 また、放射性物質による汚染も、内部被曝等により、将来を担う子共たちへの健康被害の影響が非常に心配されているところであり、農畜産物の出荷や企業活動などについても、地元はもとより全国各地で深刻な影響を及ぼしている。牧之原市においても、基幹産業である茶葉から放射性物質が検出され風評被害を含め甚大な被害を受けたところである。

 本来、一度の間違いも許されない原子力発電であるにもかかわらず、このような重大事故が発生した事実を鑑みれば、我々は、まず第一に市民の生命・財産を守っていくことを考えなければならない。

 そのためには、近い将来間違いなく起こるとされている東海地震の震源地真上に立地している浜岡原子力発電所は、確実な安全・安心が将来にわたって担保されない限り、永久停止にすべきである。
 以上、決議する。

   平成23年 9月26日 静岡県牧之原市議会


 どこかの町で、原発推進派の方が勝利したというニュースは全国版で流れましたが。
 牧之原市が、浜岡原子力発電所の永久停止を求める決議をしたというニュースは、あちこちテレビを見たけど、県内版しか放送されてませんでした。私が気付かなかっただけならいいけれど。
なんだか、首相が変わったら、反原発関連のニュースや番組が、すごく減ったように思うのは私だけかなぁ?

 だから、全文、載せてみました。

もともとは原発推進派の市長さんだったと地方紙に載ってたのですが。
それでもなお。市議会と決議した・・・という事が、事の深刻さを感じます。
お茶業界のあまりのダメージの深さ。賠償問題のお粗末さ。原発隣市という事で、企業が他への移転を検討し始める…等。
400キロも離れていても、被害は重いのです。

 決議文に、「我々は、まず第一に市民の生命・財産を守っていくことを考えなければならない」と書いてあります。よくぞ言ってくれた!と思います。

法律的には、この決議は効力はもたないそうですが。市が、その意思を表明する意義は大きいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

とりとめもなく考えていること

3月の震災がおきてしまった後。
日本中の人達が、もう、ボー然としてしまうような、空白の何日かがあったように思います。
私も。なんだかひどく落ち込んでしまい。
どうしていいのか解らない、気持ちばかりが空回りするような日々だったように思いだされます。
こちらでも地震もあったし、地震酔いもあったし。不安も大きかった。

そんな中。実家の様子も見に行って。やはり元気のない顔をした両親と、地震の事を話していたら。
父が一言。
「そりゃ・・・。オーストラリアだって、あんなに離れていったんだもんなぁ~。」

唐突な話に、「え?」っと思ったけど。
そうか。プレートが移動して。太古は一つの塊だった大陸が、移動して今の形になったんだ。
地球にしてみれば。東日本大震災だって、身震いした程度にもならないかもしれないな・・・。

あまりの惨状に。神も仏もないのか・・・という。やりきれない思いの中で。
父の言葉を聞いた時。
ああ、人間って。本当に、小さい・・・と。心底思いました。

そして。原発の事故。
「想定外の地震」だから、仕方ない?・・・そんな事言ってる人もいましたけれど。
「原子力がなかったら、電気はどうなる!」「そうは言っても、電気、使ってるだろ!」と。
言っている人もいましたけど。

最近。とりとめもなく思う事。

そもそも。太陽って、核分裂してて。他の恒星からも宇宙放射線って、いっぱい宇宙にはあって。
そんな中では、私達は生きていかれない。
地球には、たまたま「大気」があって。その宇宙放射線から私達は守られて、かろうじて生きていられるのに。
わざわざ、太陽と同じ核分裂の力を。
私達を守ってくれている大気の中で、再現するのって・・・なんだか、そもそも、それってどうなの?って思う。

「想定外の地震」って言うけれど。
くっついていた大陸が、こんなにバラバラになっちゃうほどの力を、地球は持っているわけだし。(そりゃ、何億年って時間のスパンだけど)
あちこちのプレート上で、大きな地震が続いているのも。たまたま・・・なんじゃなくって。
当たり前の地球の動きなんだよな~。

そう思うと。「核分裂」って。神の領域なんじゃないのかなぁ?って思う。
「抑制できる」って思うのは、人間の驕りなんじゃないのだろうか。
そして。やっぱり・・・抑制できなかった。
私達や娘達。これから生まれてくる子ども達は。放射能汚染が、ぐるぐると連鎖する中で。
生きていく事になってしまった。

ラジウムを発見して。放射線が身体に悪影響を及ぼすのではないか・・・と言われていても。
自分が発見したラジウムが愛おしくて、悪く言われるのが辛くて。
いつも持ち歩いて。放射線の影響で亡くなったと言われているキュリー夫人の話を。
原子力推進派の学者さんを。テレビで見る度に、思い出します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

思うこと。

福島原発の事故があり。初めて、真剣に「放射能」について思いをめぐらしました。

私は、10坪程の畑で、無農薬有機栽培で、ほんの少しですがハーブや野菜を育てています。
3月末に、静岡のお茶がシンガポールで輸入禁止になった時には・・・本当に驚きました。
300キロ以上離れているのに、基準値超え・・・。
私の育てているハーブ達も、ドライにしてはお茶やポプリにして楽しんできたけれど・・・大丈夫なのだろうか。

この時は、真剣に。今年の種まきは辞めようか・・・と思っていました。
その後、シンガポールに輸出されていた「お茶」は、別の産地の物であり、輸出業者の「産地の記載ミス」だった・・・と報道があり。複雑な気持ちのまま。それでも、ほっとしたのも束の間。

新茶の嬉しい5月。
今度はフランスでの規制値超え・・・。生葉ではなく、乾燥させた葉の濃度が高い・・・という事でしたので。
飲用は問題ない・・・と言われていますが。今回は、本当に「静岡産」の可能性が高いようです。

ただ。生茶では、基準値をはるかに下回っていますので。
畑の野菜達は大丈夫かな・・・と。逆に。少々安堵。

私の祖父宅もお茶農家でしたし。友人もお茶工場をしています。
お茶に携わる人は、新茶と7月の二番茶で、ほぼ一年分の収入を得ています。
お茶摘みの時期でなくても、畑は手入れをしなくてはいけないのですから。
一年の労働が、ふいになると言っても過言ではありません。
汚染されてしまった地域への補償や。風評被害への補償が、きちんと行われる事を望みます。

それにしても、気をもみました。

それは、「放射線」が何か。
私達に、どんな影響があるのか。
どれだけの量が、本当に飛散してきているのか。
原発事故の報道は、日に日に替り。
何が「真実」なのか。本当に「真実」が語られているのか。
混沌としていて、つかめないからです。

放射能汚染の事を、ごく「簡単」に言う識者もいれば。「深刻」にとらえている識者もいます。
むずかしい事は、わかりませんが。

以前から、浜岡原発に見学に行ったり、原子力館で遊ばせて頂いていた知識から言って、確実に分かるのは。
原子炉内から、絶対に出てはいけない物が。現在もなお、とめどもなく出ている。」という事実の持つ重さです。

「絶対に出さない。出ない。」と言っていた物が。
広範囲に、まき散らされている。
そして。たくさんの方々が。「普通の生活」を送る事ができない・・・という事実。

たまたま。浜岡でなく、福島だった。
今、家に帰れないでいるのは、私だったかもしれない。

福島で、今、何が起こっているか。
しっかりと。見て。考えて。応援していきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示