10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝と。

突然の訃報でした。娘が大変お世話になっていた科学館の館長さんが、急逝されました。

娘はその日、物理チャレンジの実験で、学校に10時過ぎまで残って実験をしていました。友達からLINEが来て、本当に驚いたそうです。あばれはっちゃく(ダンナ)が迎えに行っていましたが、帰路、「信じられない」「何かの間違いでは・・・」と。何が起こったのか、にわかには受け入れがたいようでした。私もです。

お通夜でお別れをして、初めて、悲しみが心に突き刺さり。エレベーターに乗った途端、娘がボロボロと涙を落としました。折々で科学館に顔を出してはお話ししていたし。今年の理科研究発表会で県大会に行けば、また会える・・・と思っていたのに・・・。館長さんご自身も、まだまだ、やりたい事がたくさんあった事でしょう。本当に、本当に、残念です。

帰りの車の中で、娘と、小学校の頃からの、館長さんとの想い出話をしていました。小5で、初めて自由研究をしようって話になった時には、一生懸命、お話しを聞いて下さったね。こんな事、言ってたよね。あの時は、こうだったよね。何より、娘たち理科好きの子が、その気持ちを大事に育てられる場所を、しっかりと作って、守って、育てて下さったね。娘が今、こうして、「理科が好き」「化学が好き」「研究が好き」って言えてるのって、館長さんを初めとする科学館の方達や、出会った方々や仲間に、本当に、支えられて、育まれて来たんだよね。

私は文系で、学生時代には理数科目には興味もなく過ごしてきてしまいました。娘の子育てをしていく中で、「好きを伸ばしたい」とは思っていましたが、まさか、娘が「電池の泡」にここまで固執?して執着?するとは思わなかったし、絵画や音楽の方面に進むのかと思っていたので、理数科に進む事にも、親としての迷いがありました。

先日も、理数科の女の子を持つ親御さんと話しをしていたのですが。「女の子が、そんなに頭が良くてどうする?」「東大や、あんまりいい大学に行ってしまうと嫁の貰い手がなくなる。」「頭がいくら良くても、女の子じゃねぇ~」「理系なんて行かなくても、それだけ頭がいいんだから、公務員になればいい。」と、祖父母や親戚から言われる事が多くて辛いね。学校でも、同級生の男子君たちに、「女に負けるのは嫌だ」「女には、勝つ!」とか・・・意外と、頭のいい男子君たちの方が、思春期も相まってか、へんに意識しちゃって「女のくせに」って思ってたり、攻撃的に言われる事もあるみたいだね。ただ、本人たちは、好きな事を、一生懸命、やりたいだけなのにね。リケジョ・リケジョって、変わり者扱い?優遇?されたいんじゃなくて。ただ、同じ土俵で、学問や解りたい事を、語り合ったり、高め合いたい。それだけなんだけどね。文系の賢い女子より、理系の賢い女子の方が、世間の風当たりがキビシイような気がするのだが・・・。これ、なんなんだろうね。

娘は、親が文系で、理系の知識が乏しくても。科学館という学びの場所があったから、すくすくと、好奇心の芽を育てて頂く事が出来ました。館長さんのような、素敵な理系女性さんが、活き活きと活躍されている姿を、間近で見て、感じてきていたので。外野が何を言おうが、「好きは、好き」と、言い切れた。私たち親も、自分は知らない世界だけれど、娘の「好き」を、応援しようと思えた。本当に、この出会いがなかったら、娘の「今」は、なかったんだろうな。

ありがとうの言葉だけでは、言い切れない。伝えきれない想いがあります。もっともっと。近くで学ばせて頂きたかった・・・。

ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

宝物の時間

「五年間、この教室で、たくさんの事が学べて、幸せでした」

娘の、最後の研究発表がありました。小学校5年生から、中学3年生まで。ふと気づけば、5年という年月が経っていました。あっという間の5年間でした。

始めた時は、ここまでやれるとは、思ってなかったよなぁ~・・・。

本当は5年分の論文を壇上に積み上げて発表する予定でしたが、出がけにすっかり忘れてしまった・・・5年間で積み上がった論文は、ゆうに20センチの厚みを超えています。量が多ければいいというモノではありませんが。5年生の時は、A4一枚を打ち込むのに1時間以上かかっていましたから・・・この厚みは、そのまま、彼女のかけた時間と努力の厚みでもあります。

発表の最後にサプライズが・・・小学校の時の理科専任の先生が、娘の発表を見にきて下さっていました。年賀状で研究発表会に来てほしいとお願いしていたんだそうで・・・。先生がコメントを下さった時には、娘は、もう、嬉しくて泣きそうになっていました。以前、お世話になっていた科学館のお姉さん的な方も来てくれていて。久々の再会に、感激していました。

もともと、理科好きにしようと育てた訳ではありません。曽根先生との出会いがあり、科学館の先生方との出会いがあり、小学校の先生のおかげで理科好きになり。実験を重ねていく事で、折々で助けてくれた先生方に出会い、一緒に語りあえる仲間と育ち合い支えられた。そんな5年間だったんだなぁ~・・・と。改めて思いました。

科学館の先生に。「お父さんと娘ちゃんが、二人で並んでお弁当を食べていたのが、思いだされるね。写真撮っておけばよかったねぇ~。」なんて言われました。(私の方が付き添った回数、多いハズなんだけどなぁ~・・・・ちと悔しい・・・笑)

小5・小6の2年間は、教室の度に、あばれはっちゃく(ダンナ)か私が付き添っていました。月に1回。行きや帰りの電車で、いろんな話をしたり。実験や買い物につき合わされたり。家族旅行は科学館巡りとJAXA限定だったり(そういえば、温泉旅館とか、行った事がない・・・驚!)。締め切りを前に大ゲンカしたり・・・。

親にとっては、そんな時間が、宝物だったんだと思います。

そして、娘にとっては、かけがえのない方々とのつながりが出来ました。頑張ってきた結果の、これが、素晴らしいご褒美だと思います。

「もう、ここまで来れば、自分でやってくから大丈夫。親は見てて、困ったと言ってきた時だけ助ければいいんだよ。」と。先生から、親業も「修了証書」を頂きました。もう、ここからは、自分次第です。

「 空を見上げて 宇宙を夢見て 」  さぁ、冒険の、始まりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

予備審査講評

爆弾低気圧のおかげ?で。学校の外周を回るマラソンの授業が、「卓球」になったそうで。男女混合で、卓球の「初授業」をしたんだそうですが・・・みんな、コロコロチキチキペッパーズのネタをやりたくって、頑張ったんだそうな(笑) 娘のチームは、メンバーがダメダメで、「ウチのグループはヘタすぎて、さぁ~!って、できる状態にならんかったぁ~!!!残念!」だったそうな。「班のダンシは、さぁ~!が出来たって、喜んでたよ。今日、一日、歌ってた。」・・・相変わらず、君たち、なんだか、楽しそうだね。

さて。県代表として、全国大会の予備審査に提出していた娘の自由研究。結果は全国大会の本選には届かず、終了していたのですが。今日、学校から、審査の講評を頂いてきました。

娘の作品の考査と、コメントを頂きました。ありがたいことです。

内容は。やっぱり、結果が出ている実験ではないので、考査される方も、書きにくかっただろうな・・・でも、頑張って研究した事や、娘の研究姿勢については評価して下さってました。

頑張った物を、ちゃんと、読んでもらえているのって、嬉しいですね。

いや・・・今までの審査だって、もちろん、読んで頂いてるのですが。結果として、受賞すれば賞状は頂くのですが、研究に関してアドバイスや感想を頂く事は、ほとんどないので、読んでいただいてる実感がないんですよね。

「返し」があると。どんなに短いコメントでも。頑張った事に対して、しっかり向き合って頂いてるのが実感できて。次へのモチベーションにも繋がりますね。娘も嬉しかったようで、何回も何回も、読み返していました。

来年度からの研究は未定ですが。時折、電池の本を眺めていたり、電気回路のマンガをパラパラとめくっているので。受験が終わったら、また、考え出すのかな? 

何を言い出すのか・・・楽しみにしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめて整理

県で入賞して全国大会にエントリーしていた娘の自由研究ですが、予備審査は通過できませんでした。まぁ、何度も書いていますが、結果が明確に出ていませんし。他のエントリーした方のブログなどを見ると、そこからまた再実験をしたり・・・と。努力の量も及びませんでしたので、納得の結果でした。

定期テスト前に、規定の枚数まで、よく頑張ってレポートをまとめたと思います。指導して頂いた先生方にも、感謝です。「あぁ・・・ダメかも」と思うタイミングで、「これはどう考えてる?」と。的確にアドバイスを頂けた事。そこで、また、気持ちを奮い立たせて、思考を深める事ができた事。横で見ていても。大変だったけど、また力になったなぁ~・・・と思いました。

全国大会ではポスター展示とプレゼンテーション・質疑応答が審査基準になるそうで。賞がどうこうではなく、その舞台に立ってみたかった。プレゼンや質疑応答で得る物や、他の方の発表で学ぶ事は多いので、聞いてみたかったな・・・まだ、そこまでの力がなかったけど。そんな場所に、ちょっとだけ近づけた経験は、得る物も多かったようでした。

そして、今になってですが。この5年間の研究をまとめて、論文を見て頂く事にしたようです。締め切りは今月末。・・・大事な大事なテスト前。本当だったら、止めた方がいいんだろうな・・・と思いつつ。まぁ、やる!と思ってしまった以上は、仕方ない。

この二日は、それこそ、死にもの狂いでパソコンに向かっていました。どうやら、もっと簡単にできる予定でいたらしいのですが。過去の実験のデータが、初期の頃は、結構いい加減だったり。論じる・・・には弱い結果も多く、悶絶?してました。でも、5年間の研究を振り返る事で、楽しかった思い出や、足りない所。自分の成長した所が、よく分かったようで、振り返るいい機会にはなっているようです。

今?・・・とは思うけど(汗)

結構な時間を費やしてしまって。でも、もうやりかかってしまったので。とりあえずまとめて完成まで、ようやく見通しが立ってきたようです。

初めて、夜食?に、ココアを淹れてあげました。

もう、こうなってくると、親は応援するしかありません。いろいろ失敗しちゃうかもしれないけれど(テストとか、テストとか、テストとか・・・涙)、もはや、受け止める事だけが親の役割になりそうです。

納得行くまで、ガンバレ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

快挙でケンカ

娘の自由研究。地区予選を突破して県の審査に進んでいたのですが。先日、学校から、県審査で入賞した・・・との知らせがありました。ビックリです。

今回は、全国大会へのエントリー権がある大きな賞との事でした。まだ、受賞の詳細が届いていないので、細かな事は解らないのですが。全国に向けて、論文を規定の量と書式に書きかえて提出する必要があるので、その詳細だけが届きました。日がない。字数が少ない。コレ、まとめられるんだろうか・・・。

以前も書きましたが。娘の今年の研究は、明確な結果が出ていません。複数回の実験データと、失敗と、そこから学び、実験の方向を変えて実験したけど、それでもまだ、精密な結果が出た訳ではない。多分、科学的にやろうとした経過と執念への評価だと思うので、「要約」が・・・難しそうです。

レポートを作成提出して。全国大会に出られるのは、その中の、上位に選出された作品となります。各県から3作品ずつ(都市によっては6作品)エントリーできるそうです。

さて、この件で、只今、娘と冷戦中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。