05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春過ぎて

書きたい事はいくつかあって。「菌」の講演会に行った事とか。本も何冊か読んでいるのですが、そのままになってますね(汗)

ついに娘も高3になってしまいまして、進路の事で、アレコレと迷いがあるようで。親としては、理系の事はさっぱり皆目検討がつかないので、もっぱら大学生活にかかる費用の事とか、大学と下宿先の事とか、浪人した時にはどこで勉強するか・・・なんて事を調べては、アレコレ考える日々を送っています。これ、ネット検索してると、すぐに時間が経ってしまいますね(汗) ネットなので、調べた所で概要くらいでしょうか・・・わかったような、解らないような。

工学部は決まっているのですが、学びたいテーマが三つあって迷っているようです。「学科」ってヤツですね。シラバスを見ても、文系の私達には、それが何の学問で、何に役立つのか、さっぱり解らないので、アドバイスのしようがなく・・・。もっぱら、娘が先輩や先生に聞いたり、調べたりしているようです。三つまで絞ったけれど、そこからが、欲張りの娘らしく、「どれもやりたい」と迷うらしい。興味のある研究室の論文を読んだりもしています。難しい事は理解してないようだけど(汗)

昨日は昨日で、近所のパパさんが工学部の機械工学科出身と知り、「話を聞きたい」と言っていたので、近々、お願いする事になりそうです。

オープンキャンパスは娘だけがいくつか参加していたのですが。どうやら、だいぶ遠方の大学に興味があるらしく。そこだけは、私も夏に見に行く事になりそうです。そんな遠くに行きたいのねぇ~・・・と。ホテルを探しながら、なんだか、しんみりしてしまいました。

娘が、いろんな先輩や、先生にインタビューして回っているらしいのですが。共通して聞いている事が、「何の勉強をしてきたか。」「どうして、その道を選んだか。」「その勉強が、今の何に繋がっているか。」が、主なようです。先生方の中には、研究をしていて途中で教職に変わられた方もいて。それにしても、いろいろと、親身になって教えて頂いているようで、感謝しています。あまり本を読まない娘ですが、お話を聞く事が、すごく良い経験になってるんだろうな・・・と思います。

私は「資格を取るため」に大学に行きましたので。「資格」は欲しかったですが、その分野の知識そのものは「知っておくべき事」の学びであって、主体的に学ぼうとしたか???と問われると、そこそこ興味はあったけど、突き詰める事はなかったなぁ~と。

娘の場合は、「知りたい」「学びたい」が根底にあるので、なかなか貪欲です。ただ、全てを学べるワケではないので、ある程度は選んで行かなくてはいけません。

あんまりアチコチに聞き回っているので、担任の先生からは、「とりあえず、勉強しなさい!」と言われちゃったそうな(汗)

遠方の大学に行ったら。身に覚えもありますが、もう、帰ってこないんだろうなぁ~・・・と。順調な親離れを目の前に、「子離れ」が、なかなか難しいなぁ~って、感じる、今日この頃です(汗)

スポンサーサイト

つながり

遅ればせながら、あけましておめでとうございます♪ 穏やかにお正月を迎えました。

昨年は、サイエンス系の講演会記録や読書記録をしようと思ってたのですが、昨年の記事も記録も中途半端になってしまってアップしておりません(汗) まずは、そこから、記事にしていこうと思います。

娘が地学部に入って海岸線の調査などの話を聞くうちに、地理地形に興味が出てきて。ここの所は、地学系の本や地理の情報が気になる事が多くなりました。音訳のボランティアを昨年から始めたのですが、そこで目の見えない方の防災に関する書類などを読ませてもらっているうちに、私は社会的弱者の避難生活や防災に少しだけ関心を持つようになったのですが、娘の影響の地理地形の話と「防災」が密接に関わっている事も解り、様々な視点からのアプローチが出来るのだなぁ~と、勉強になった一年でした。

昨年末。娘の研究の全国大会。1時間だけ一般公開があったので行ってきました。結果は何も受賞できませんでしたが、本当に嬉しそうに、活き活きとポスター発表している様子を見る事ができて、そこまでに流した涙の数を知っているだけに、良かったなぁ~と思いました。昨年は先輩に連れて来てもらった全国大会。ポスター発表で審査員に酷評されて、意気消沈で帰ってきましたが。今年は自分の力で掴んだ全国のキップ。酷評にも負けずに、審査員を呼びこんで、頑張っていたようです。本当に楽しそうでした。

年始に、研究でお世話になった市民団体の方達のイベントがあり、参加させて頂きました。場所が遠かったので、運転手がてら私も一緒に参加したのですが、この研究で全国大会に行けた事を市民団体の方がとても喜んでくださいました。郷土史などを学ばれている、高齢者の方も多い会なのですが、おじいちゃん、おばあちゃんに握手されたりハグされたりして、親戚の会での孫のように「エライ、エライ」と可愛がられて、大照れの娘が、とても嬉しそうで可愛かったです(親バカ・・・笑) 

パッと見は、本当に普通のおじいちゃんおばあちゃんですが。こと、研究対象の知識となると、写真一枚の説明をお伺いしても、素晴らしく博識でいらっしゃって。研究というのは、特別に研究室だけでするものではなくて。本当に好きな人達が、本当に好きな事を、いくつになっても学び続けていらっしゃる。その熱意と探究心と知識に触れられた事。そして、娘達の拙い研究でも喜んでいただけた事。本当に、この研究では、いろんな事を学ばせてもらったんだなぁ~・・・と、感謝しています。

今まで出会ってきた、たくさんの「つながり」を大切にしながら、新しい年もマイペースで頑張りたいと思います♪

今年もよろしくお願いします♪

まとめの季節

早いもので、今年もあと1か月と少し。そして、もっと早いもので、娘も高校2年の冬を迎えています。高校生になってからの月日の経つのが早いこと早いこと。本当に、あっという間に時間が過ぎて行ってしまいますね。

小中5年間、電池の研究を続けていた娘ですが、高校では化学部がなかった事や、少し別の分野にも挑戦してみたいという事で地学部に入部しました。競技かるたもあったので、そっちにするかな?と思ったのですが、「グループ研究がしてみたい」と入部したようです。

個人で研究していた時とは、やはり勝手が違うので。本当に、いろいろ苦労したようです。この一年半は、本当に、よく怒ったり泣いたりしていたなぁ~・・・でも、もう高校生ですから、親のでる幕などありませんし、ただただ見守る(時に、思わず口出してケンカする・・・)中で、個人では経験できなかった「部活」ならではの人間関係や研究の仕方で、ずいぶんと揉まれて成長したなぁ~と。最近では、ずいぶん立派な?先輩になり、頼もしさすら感じるようになりました(笑) 

やる気だけが空回りし、うまくいかない事が多く、「部活やめて、自分の研究する!」と、何度となく言っていましたが。頑張れたのは、スペーススクールや昔からの理数仲間とのつながりの中で、「でも、研究が好き」「わかる事は楽しい」という思いが、ずっと生きていたからだと思います。

2年生になり、部の中心学年として後輩たちと、横から聞いていると「愉快な珍道中?」のような研究生活が始まり。へっぽこな先輩ですが探究活動に集中した夏になりました。研究そのものも、行き詰ったり、先が見えなくなったり・・・と、なかなか大変。へこたれそうになっていた時に、とある事業で1週間、マレーシアに派遣されて行ってきました。

ここでは、20ヵ国以上のサイエンス好きな高校生・大学生が集まり、講演を聞いたり、他国の人達とテーマを与えられポスターを作り発表をしたそうです。公用語は英語。娘はニュージーランド・オーストラリア・中国二人と5人チームで環境問題についての解決策を話あうテーマでポスターを作り発表した所、部門一位を獲得してきました。オーストラリアの子のアイディアが素晴らしかったそうですが、片言?の英語でも意見が言えて通じたよ。言葉が多少不自由でも、国が違っても、同じ問題について一緒に話し合う事でアイディアや解決策が見つかったり・・・と、とても貴重な体験をしてきたようです。熱意のベクトルが同じなら、お互いの相違は問題でなくなる・・・と感じたようです。他の国の子たちとも交流をし、ベトナムやインド、キルギスやマーシャル諸島の子とも友達になってきましたが、アジア諸国の若者の、科学への熱意のすごさ。知る事への貪欲さ。小学校の頃、ひたすら楽しく実験をしていた頃の気持ちを、思い出した・・・と、帰ってきました。オーストラリアチームの子たちには、ずいぶんと可愛がってもらったようです(身長差が親子・・・)

帰国してからは、ますます部活にのめり込み。九月も後半。きらっきらした顔をして帰ってきて言うのに。
「お母さん! できたよ! みんなで話しあって一つ問題が解決したんだ! これがやりたかったんだ! できたよ!」
どうやら、行き詰っていた研究の物理的な問題が、後輩たちと喧々諤々話し合いの結果、ひらめいた!子がいて、解けたんだそうです。この話し合いが、ものすごく面白くて、楽しくて。「あぁ、部活で、コレがしたかったんだ。」と、思ったそうです。

「グループ研究がしたい」と言う、部活に入った目的が、やっと達成した。本当にうれしかったようでした。一時は、論文の形にする事さえ無理だろうと思われた研究でしたが、みんなで解決の糸口をつかんだ!そんな体験だったようです。

一つの大会では早々に予選落ちしてガッカリしていたのですが、他の大会で、その研究が全国大会に行ける事になりました。今は、全国大会に向けて、頭も身体もフル回転の状態が続いています。直したい所もいっぱいあるし、ポスターも修正したいし、何より発表練習をしなくちゃ・・・。周りはテストや修学旅行の話で持ち切りなようですが、娘の頭の中は、研究発表の事で、いっぱいのようです。

先日は海岸の測量調査に行って、髪の毛の奥まで砂だらけで帰ってきました。「ふあー!楽しかったぁ~!」と、こたつに潜り込んだので、慌てて風呂場に追いやりました。もちろん、玄関も靴も服も砂・・・コレで電車に乗って帰ってきたのね(涙)

ジャリジャリと。世の女子高生とは違うイメージの学生生活を送っているようです(汗)

この全国大会が、一つの大きな節目になるし。頑張ってきた「まとめ」になります。勉強やら女子力?やら、いろいろ目をつむる所はありますが、とにかく、全力で走り切ってくれるといいなぁ~・・・って、応援しています。

続きを読む

特別公開♪

8月26日。JAXA相模原の特別公開に行ってきました。娘はマレーシアに行っていたので、珍しく夫婦二人で出かけました。

昨年末の手術以来、初めての遠出でちょっと心配でしたが、ゆっくり回ってこれました。娘がいないと、年より?二人なので、動きも緩やかですし。午後はプラネタリウムと講演会に逃げ込むと言う黄金パターンです(笑) 

今年の目的は、ここ何年か秘かに応援しているDestinyの進捗状態を知る事と、新しい実験棟を見たかったのと。あわよくば曽根先生にお会いできたらなぁ~♪と。後、企業や大学連携の部分に興味があって見学してきました。

娘さんは、どうやら工学部に進みたい様子ですが。身近に工学部出身者が皆無な為、何を学んで、どんな仕事に繋がってるのか。パンフレットを見ても、まったくもってピン!と来ません。所々で、研究員さんに、研究のコトじゃなくって。「工学部出身? 理学部出身?」「なんでその道を選んだの?」「どんな勉強が、役に立った?」と。おばさんの本領を発揮して聞いてしまいました。丁寧に答えて下りました。ぶしつけでスミマセン(汗)

でも、とっても参考になりました♪ プライベートな事なのに、真剣に答えて下さって、ありがとうございました。

JAXAの特別公開日が大好きなのは、研究者さん達が、本当に研究の事が好きなんだなぁ~♪という熱意を感じる事と。子ども達の質問に、本当に真摯に答えて下さっていて。知的好奇心がキラキラと、アチコチで輝いてる様子が、おばちゃんにはたまりません(汗) 

今回は、Destinyが本格的に動きだした事が解って、嬉しかったです。たくさんの人の努力が、徐々に形になっていくんだなぁ~。一昨年だったか、その前だったか。熱く語ってくれた研究員さんはお元気なのだろうか・・・。また、来年も、進捗を楽しみにしています♪

講演は大西宇宙飛行士とはやぶさ2の津田プロマネの対談でした。最終回でした。同じ大学で鳥人間コンテストに青春をかけていたお二人が、一人は宇宙へ、もうお一人はプロマネ。他にも同期の方がJAXAにいらっしゃるそうで。空への憧れを、叶えてきたんだなぁ~・・・と。お話が終わり、相模原市の教育長さんのお話があったのですが、津田プロマネは、相模原出身なんですね!!!

いつも特別公開に行くと、近所の子ども達が自転車に乗って何人かで連れだって来ては、「おい!探査機んトコ行くか!」「オレ、燃焼!!!」とか・・・すごく普通に会話しながら見て回っているのを。いつも、いいなぁ~♪って見てまして。娘など、「理数科に行ったら、宇宙とか探査機の話ができるかな!」と思っていたのに、なかなか興味関心のある子が見つからず、寂しがっていたので。この、普通の会話に探査機とか宇宙が出てくる環境って、本当に、羨ましくって。

教育長さんが、「津田プロマネは相模原市出身です!」って、力を込めて仰ってる所に、とにかく愛情を感じちゃいました(大げさ・・・笑) 

地域から愛されて、共動してく中で、宇宙を目指す子ども達が育って行くんだろうなぁ~♪ 

ほのぼの・・・とした一日でした♪

続きを読む

衛星

JAXAで打ち上げられる二つの衛星の「愛称」の募集が始まってますネ♪ 締め切りは、5月31日だそうです。

気候変動観測衛星「GCOM-C」は、娘が昨年の夏に参加したスペーススクールで、仲間達と実際に機体を見学させて頂いているので、もう、思い入れっぷりが、ハンパではありません(笑) 「なかなか、いいのが、浮かばな~い!」って言ってました。

私も、いろいろと考えて。様々な色の波長から気象を観測するので、虹を連想し。娘の仲間達の事を考えて、「かけはし」っていいなぁ~・・・って思ったんだけど。もう、人工衛星、「かけはし」は、ありました・・・残念(汗) SLATSは技術試験機なのね。むっくりしてて、可愛い(わかりにくい萌えポイントで、すみません・・・汗)

愛称選ばれた人の中から、二組、打ち上げご招待!!! 狭き狭き門ですが・・・可能性はゼロではない!!!妄想、あるのみ!!!(笑)

娘さん。スペーススクールの仲間達と、GCOM-Cの打ち上げで会いたいね♪なんて話していたそうで・・・。打ち上げ、春休みだと、いいんだけどねぇ~。・・・って、なかなか、種子島宇宙センターまで行くのも、大変なのだけど。

締め切りまで、あと少し! あれこれ、考えるのも、楽しいです♪

プロフィール

なんちゃって

Author:なんちゃって
震災・福島原発事故をきっかけに、娘と一緒に電気(電池)について学んできました。娘が高校生になったので子育て一段落。私の趣味?のサイエンス系の読書日記や雑感を書いていきたいと思います。一歩ずつ。ぼちぼち。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。